TOP > 政治・経済 > コロナは死亡率3%の肺炎…第3波に備え無症状者は通常活動で集団免疫を 医師が提言

コロナは死亡率3%の肺炎…第3波に備え無症状者は通常活動で集団免疫を 医師が提言

去る5月4日、当初(4月7日)は5月6日までとしていた「緊急事態宣言」が5月31日までに延長された。5月7日になったら事業が再開できることを目標に必死に耐えてい...(1/3)...

ツイッターのコメント(10)

相対的に重傷者や死者が少なくても新型コロナは特殊でそれに割かれる医療ソースの膨大さを考えると同意できない。医療崩壊必発である。
冷静さは結構だがフツーの肺炎で院内感染+医療崩壊なんて起きないだろバカなの? もう少し考えてから記事書けよ(´・ω・`)
おっしゃってることは正しい。でも、クスリがないのは不安なのよ我々庶民は。
@biz_journal

日本では、コロナでの死亡者は少ない。
然し、アメリカでは9万人が死んでいる。
発熱外来やPCR検査が不足している状況で
日本人が集団免疫獲得まで、
医療体制が持つのだろうか?
コロナ肺炎が問題化してから約3カ月の死亡者は697人 一方、普通の細菌性や誤嚥性の肺炎で亡くなる人は毎月約1万人、年間12万人である。もう少し冷静に対処できないものか。
コロナウイルス肺炎が問題化してから約3カ月の死亡者は697人(5月14日現在)。一方、普通の細菌性や誤嚥性の肺炎で亡くなる人は毎月約1万人、年間12万人である。コロナウイルスに関して、もう少し冷静に対処できないものか。石原結實さんのコラム。
最近ハイボール多めだったが熱燗かお湯割にしとこう!
なんで上段で抗体検査で実際の患者数は多いって言って下段ではそれを母数に入れずに3%が死ぬって言ってんだ笑
算数できなくても医者ってなれんだな笑
集団免疫は死亡率が高いと多大な犠牲を伴うのでどうかと思いますが、そもそも毎年肺炎で11万人死亡していることを考えると許容範囲かも知れません/
去る5月4日、当初(4月7日)は5月6日までとしていた「緊急事態宣言」が5月31日までに延長された。5月7日になったら事業が再開できることを目標に…

【出所:ビジネスジャーナル 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

PR