TOP > 政治・経済 > UUUMから人気ユーチューバーが続々流出の裏事情…“再生回数”非依存型へ転換

UUUMから人気ユーチューバーが続々流出の裏事情…“再生回数”非依存型へ転換

今、YouTuber市場は大きな変化の時を迎えているようである。例えばお笑い芸人のフワちゃんは、YouTubeで名を上げたあとにテレビでもブレイクし、数々のバラ...(1/3)...

ツイッターのコメント(12)

情勢に応じた新規コンテンツが出しやすいこともあって、現在のYouTubeはチャンスの場だといえるのです。これからは今までにない、新しい種類のコンテンツが生まれてくるかもしれないですね。
以前からYouTubeを見ていると、コロナ以前と比較して広告主が限定的になってきているのが判る。恐らくクリック単価も下がっているであろう。ビジネスモデル転換が必要。>
こういう現実を教えてあげれば、なんとなくYou Tuberが、減るかな。目指すのは否定しないけど
UUUMから人気ユーチューバーが続々流出の裏事情…


> UUUMは基本的に広告料の2割を徴収

▼手数料構造的にこういうこと🤔?

広告主が100万円支払い
広告が再生される
 ↓
YouTube取り分45%(45万円)
 ↓
55万円中
UUUM取り分20%(11万円)
 ↓
クリエイター取り分44万円
UUUMから人気ユーチューバーが続々流出してるようですが、「マネジメント会社」と「Youtuber」のパワーバランスが崩れると、すぐに流出してしまう。

今後増える可能性のある「ライブコマース」領域におけるライバーの囲い込みも同じことになりそう。
@biz_journal
YouTubeはGoogleのサービスであり、1兆6000億円以上の広告収益を挙げている:UUUMから人材が続々流出の裏事情 | ビジネスジャーナル
この話は、Vも対岸の火事(?)ではないはず
インフルエンサーマネジメント会社はさらに多様化していくだろうな🙄

UUUMから人材が続々流出の裏事情
海外のYouTuberは日本と比べて広告料が5倍近く変わるところもあるから知らないけど
国内だとこれまでのミュージシャンと同じで月給もらえる事務所に入りたいっていうのに忍び寄ってる商売
UUUMから人材が続々流出の裏事情
以上
 

いま話題のニュース

PR