TOP > 政治・経済 > 「副業で稼ぐ」など夢物語という現実…本業に専念したほうが断然効率的に稼げる

「副業で稼ぐ」など夢物語という現実…本業に専念したほうが断然効率的に稼げる

大手日用品メーカーのライオンが、2020年4月から新たな取り組みを始めるとして話題を呼んでいる。その取り組みとは、自社の従業員に向けて副業に関する情報を案内する...(1/3)...

ツイッターのコメント(10)

なんの努力もせずに稼ぎたいというだけの人間にとっては、確かに本業だろうが副業だろうが稼ぐのは難しいだろう。

ただ、本気になれば様々な可能性がある。

社会的地位や年齢に関係なく、そういう力を発揮する人を塾内で何人も見ている。
本業のみで良い人はそれで良い。そもそも、どちらが割に合うかという視点だけでなく、何かのスキルを実践で身に付けたいという人もいるだろうし、考え方は人それぞれだと思う。
この記事で言ってるように、副業ブログで稼ぐのは新規事業と一緒だし、決して簡単じゃない。

本業で文筆業をしている自分ですら、ちゃんと稼げるようになるまで1年かかった。

「ブログなら誰でも簡単に稼げる」って甘い考えなら、今すぐやめた方がいい。
「本業に専念」した結果、40・50代で進退窮まっている先輩方をたくさん見てきたので、私は今日もブログを書き続けます🎅 @biz_journal
こうゆう記事が出ると
副業が成功しないみたいな
イメージつくからやめてほしい。

僕の周りには、
副業で稼いでる人、
たくさんいる。
大企業だけの考えはそうだと思う。
中小はそうは行かない。
良い企業とする為に残業なし、強制有給休暇、そんなんじゃ生活できない。
大企業ではなく、中小に副業解禁しないと低所得者は死ぬしかないよ!
@biz_journal
副業=稼ぐという概念自体が違う。

収入を増やす手段の一つであることに間違い無いが、副業は、本業で得られないスキルや経験を補填するものであり、対価はお金だけではない。
副業は保険みたいなもので、平時じゃない時のリスクを分散する方法の一つ。そこが解らず「少しでもお金が増える」っていう尺度からしか見れないのは視野が狭いね。
優秀な人はそんなにたくさんいない、
ってのは非常に同感。
以上
 

いま話題のニュース

PR