TOP > 政治・経済 > コロナ禍、深刻な野菜不足の兆候…1~2月の輸入激減、じゃがいもは9割減

コロナ禍、深刻な野菜不足の兆候…1~2月の輸入激減、じゃがいもは9割減

食料不足は生鮮品にまで及ぶ可能性がある。4月15日付本連載記事で述べたように、1月~2月累計で、野菜は数量ベースで前年同期比20.8%減、魚介類は同17.7%減...(1/2)...

ツイッターのコメント(10)

都会の人もこの期に食料自給を始めるのはいいと思う。
小学校でアサガオ育てたられた人ならジャガイモは楽勝。
そういえばジャガイモ見かけないな・・・
農水省はじゃがいもの作付け面積を広げるために、平成30年度に30億円の予算を要求してた。

この予算が正しく使われていればポテトチップは安泰👍

2017年はじゃがいも不足でポテトチップが品薄になりメルカリで3000円で出品されてた。。。

さぁーどうなる?
女向けと男向けのサイトの悪い所を合体させたようなサイゾー運営サイトに置いておくのが惜しい記事
少食で健康を取り戻すチャンス。
輸入食料に影響でる事は間違いないだろうがジャガイモやタマネギを「生鮮品」って言うのはどうなの?
貯蔵可能なものは「生鮮品」とは違うだろ?
で、本物の「生鮮野菜」の方は、特にネギとか小松菜とか軟弱野菜は殆ど近郊栽培だし、栽培期間も短いので、不足しないと思う。
ポストコロナは食糧自給率を4割から更に上げる(元に戻す)こと。グローバリズム=新自由主義(現政権の政策)の弊害。
コロナ禍、深刻な野菜不足の兆候

これはヤバい。
食料不足は生鮮品にまで及ぶ可能性がある。4月15日付本連載記事で述べたように、1月~2月累計で、野菜は数量ベースで前年同期比20.8%減、魚介類は同17.7%減…

【出所:ビジネスジャーナル 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

PR