TOP > 政治・経済 > コロナ禍下、食料不足始まる兆候…2月から輸入量激減、小麦は昨年比2桁減の勢い

コロナ禍下、食料不足始まる兆候…2月から輸入量激減、小麦は昨年比2桁減の勢い

筆者は4月10日付本連載記事で「マスクの次に襲う食料不足」と述べたが、なぜそんなに心配しているのか、その根拠となる具体的なデータを紹介しよう(数値は財務省貿易統...(1/2)...

ツイッターのコメント(11)

BusinessJournalより
コロナ禍下、食料不足始まる兆候…
2月から輸入量激減、
小麦は昨年比2桁減の勢い
こっちも気になるんですよねー。
これは中国で蛾が先月の段階で発生しているので、
それで小麦粉の買い占めが起きてるのでは?という話も出ているそうで。
@Beofonemind75 嫌な予感

新型コロナで世界中の人とモノがストップしました。
次に来るのは「食料不足の懸念」
お金があっても食糧が買えない時代がくる
民が飢えないよう備蓄をしてほしい

@biz_journal
「巣ごもり消費」でみんながコロナ鍋をやってるから、こんなふうになっちゃったよ。。。
ほれ!計画通り来たぞ〜

月刊加藤に入っとる人はもちろん準備万端よね?w
海上含めて3か月程度の備蓄しかしていない日本は生き残れるのか…。大いに謎だな。
前から言ってる通り食糧危機きますよ
コロナ禍下、食料不足始まる兆候

これがテレビで流れるとサルが殺到するw 🐵🐵🐵🐵🐵🤯
買い溜めを急ぎ、買い忘れがないかどうか、いま一度チェック。
食料自給率を上げる努力を怠る政権を多くの人が選び続けた付けが回ってきたって事。
パンが無いならお米を食べれば良いじゃない(マリーアントワネット)
以上
 

いま話題のニュース

PR