盟友テスラからも見放され…パナソニック、世界最高技術の車載用電池、事実上譲渡の窮状

41コメント 2020-01-03 07:04 Business Journal

パナソニックとトヨタ自動車は2020年4月、車載用電池の共同事業を始める。共同生産会社の出資比率はトヨタが51%、パナソニックが49%。社長にはトヨタのパワート...(1/3)

ツイッターのコメント(41)

そんなこと、結構前から解ってただろうに。
成長戦略示す事さえ出来ず、じり貧のパナソニック⤵️

どうすれば良いか教えてあげよう☝️
「パナソニックブランドの電気自動車作っちゃえ」😅
車載電池でも脱落。パナソニックとトヨタの提携は次世代自動車の負け組同盟になる可能性有り。開発力低下、コスト高(低インフレ円高政策)、巨大レガシーコスト、、、 @biz_journal
@Tomo20309138 パナソニック電池が米テスラと手を組んだからですね。
最初からパナもトヨタと組めば良かったのに…
もったいない・・・
我々日本人は仕事ができるとバブルの頃から思っているが、実際の世界の評価は厳しい。日系大手も仕事が遅すぎると言われているのが現実だ。
巨額投資の成果が出ない車載事業を「成長の柱」から外す。これが、テラス向け以外の車載事業をトヨタに事実上、譲渡することの意味だ。
悲しいなぁ・・・
テスラから見放され…パナソニック、車載用電池でも窮状

自衛隊・米軍ミサイルに使われている半導体まで中国に格安売却するとは・・サラリーマン経営陣狂ってないか?
単独経営者の気分で全てが決まる会社との合弁に、会社の命運を託すような決定をしたこと自体が間違い。
 
PR
PR