TOP > 政治・経済 > 安倍政権、消費増税“不況”の兆候…飲食・小売り業界、異常な値下げ競争で利益毀損

安倍政権、消費増税“不況”の兆候…飲食・小売り業界、異常な値下げ競争で利益毀損

10コメント 2019-10-11 10:08  Business Journal

消費増税の軽減税率制度開始に伴い、店内飲食と持ち帰りの価格を統一するのは、牛丼チェーンのすき家と松屋、ケンタッキーフライドチキンなどだ。店内飲食では実質値下げと...(1/2)

ツイッターのコメント(10)

税金はあなたのお小遣いではない。>
10月の景気はどうですか❔
閉鎖、閉店、倒産企業が続出するはず。次の選挙は安倍政権下では勝てないだろう。「増税前に値下げラッシュが起こっているのは異常事態だ」「過度な価格引き下げ競争が広がれば、デフレ不況が再燃しかねない 」→安倍政権、消費増税“不況”の兆候…異常な値下げ競争で利益毀損
アホノミクス大失敗!消費税10%増税で未曽有(みぞうゆう:あほう読み)の大不況へ /
デフレ経済からの脱却とは……(´・ω・`)
囚人服に見える。そのままムショに入れ!
西日本を中心に全国1000店舗を展開するドラッグストア大手、コスモス薬品も、医薬品や日用品などで税込み価格を据え置く
企業に体力あって、消費者に体力ないんだから当然っちゃ当然やね😂
でも、今日は食品飛ぶように売れるんじゃない?(笑)
不況の兆候じゃなくて不況。増税後にやっぱ景気悪化してましたと言い出す政権だし。週末はRWC観戦でしょうが関東は間違いなく台風の被害甚大。そしてさらなる不況悪化、でも知らんぷりです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR