TOP > 政治・経済 > 羽田・都心新ルート、非常識な「降下(進入)角3.5度」で事故多発の危険発覚…国交省の暴挙 | ビジネスジャーナル

羽田・都心新ルート、非常識な「降下(進入)角3.5度」で事故多発の危険発覚…国交省の暴挙 | ビジネスジャーナル

77コメント 登録日時:2019-09-12 08:01 | Business Journalキャッシュ

東京の都心上空を進入経路とする新ルートについて、国土交通省は最後になって降下角をこれまでの3度から3.5度に引き上げると表明した。「最後になって」という意味は、...(1/3)...

ツイッターのコメント(77)

元機長、ブチギレがよく伝わってくる
羽田・都心新ルート、非常識な「降下角3.5度」で事故多発の危険発覚…国交省の暴挙
「世界のほぼ全ての空港で3.0度で、例外はフランクフルトの3.2度」
>世界の大空港のどこを見渡しても存在しない3.5度という進入角には、異議を唱えざるを得ない
>実際に旅客機を飛ばしたら騒音の大きさを住民が実感し落下物の可能性も
「世界一着陸が難しいといわれた香港の(旧)啓徳空港の香港アプローチでも、3.1度であった」
世界一着陸難しかった空港より、急角度な羽田の新ルート。
ジェットコースターみたいな角度と思った香港の旧啓徳空港でも3.1度だったのですね。まわりのビルにひっかかるかと思った↓
機長から羽田都心新ルートの降下角度3.5度の件、各航空会社の実際の対応についてレクを受けている。勉強になる。
街中を飛ぶ事は世界の空港でもあるし、日本の空港では成田・伊丹・福岡でも大きい空港で運用されている。
ただ懸念するのは深い角度での降下で、世界的にも大空港で例が無いのは気掛かり。
羽田・都心新ルート、非常識な「降下(進入)角3.5度」
2019.09.12 記事
@iwan0730 実際、私はパイロットではないので、その危険性ははっきりとわかりませんが、いろいろな情報で確認するしかないです。いろいろな意見を聞いて判断します。
デルタはここが問題と言ってるのね・・
航空機って常時若干機首上げてんだけど、降下角度上がったら着陸時尻もちを起こしかねない。777とかキツイんじゃないかな?
2020年3月末からは、「羽田空港は世界で一番着陸が難しい空港」といわれるようになるのは必至である。
(文=杉江弘/航空評論家、元日本航空機長)

羽田・都心新ルート、事故多発の危険
『世界一着陸が難しいといわれた香港の(旧)啓徳空港の香港アプローチでも、3.1度であった。』|
確かに騒音問題より降下角3.5度のほうが心配事は多そうな気はする。
羽田新ルートへの変更は国際便を増やすことが目的らしいが、騒音以外にも、着陸時の降下角度が国際基準より高くなり着陸難易度が跳ね上がる為、事故の増加も懸念されているという……

確かに羽田国際便の増加は需要も高いだろうけれども、フライトの安全性より重要だろうか。
@hajime602 ですよね。(騒音理由で)高度を低く出来ないから、という理由で進入角が深くなってるみたいなんですが、本末転倒だと思います。乗客の命がいちばん大事なわけで。

3.5度の進入方式は、やめたほうが良い。
なんと横田ラプコンについて報道した!

この番組を見て、
果たして何人の視聴者が
「何で日本の領空なのに、
日本の飛行機が自由に飛べないの?」

という正しい疑問を持ってくれただろうか?

羽田・都心新ルート、
非常識な「降下(進入)角3.5度」
これどうなったんだろう?
結局、進入角3.5度ってやべぇやつ

前の報道どおりやる気なの??
羽田の降下角3.5度の問題、知らない人が多いと思うんだけど、重大な問題だと思う。事故が起こったら取り返しがつかない。
わりと洒落にならない角度変更

3.5度が始まったら羽田は利用してはダメだ
啓徳空港でも3.2度だったんだ。
降下角3.5度がいかに危険か、国交省の官僚サンは専門家に聞かなかったのかしら?
危険でも無謀でも押し通す安倍政権になってからの省庁はどこかおかしいわね。
地域住民だけでなく、パイロット側の意見も聞いてないんだろうなぁ…
昨日27日の学習集会には100人を超す参加者でした→
飛行機好きからすると興味ある記事!
事故っても知らないよ、官僚さんよって感じ。
ちゃんと大型機でシミュレーションした方が良いのでは?
国土交通省は全日空(ANA)と日本航空(JAL)の責任ある何人かのパイロットたちに3.5度について聞き取りをしたところ、ひとりとして賛成と答えなかったという
乗客・乗員の安全も、住民の安全も、まったく無視。誰のために暴挙を強行するのか?
杉江弘元日航機長の意見を読むと改めて3.5度降下と羽田新ルートの危険性がよくわかる。
どちらも本来やる必要性がない事を無理やり行いその結果住民は重大なリスクに晒される!

羽田・都心新ルート
事故多発の危険発覚…国交省の暴挙
羽田新ルート、住民への騒音も心配だけど、急降下によって安全性にも問題があるなら、これからは成田発着便を選ぼうかな…。
韓国にいちゃもんをつけるのではなく、アメリカに制空権を支配されている状況をなんとかしろよと思う。
ローカル空港や大型機の飛来しない空港を例に「羽田でも大丈夫」と主張する国土交通省は、本当にその危険性をわかっているのか
ーーー
どうなんでしょう?
2020年3月末からは、「羽田空港は世界で一番着陸が難しい空港」といわれるようになるのは必至である
え、なにこれ。やばくない?まずは安全を確保して欲しい。地域住民だって騒音どころか飛行機落ちてきたら困るからさ。
羽田・都心新ルート、非常識な「降下(進入)角3.5度」で事故多発

国交省はメチャクチャだ。
ANA、JALどちらのパイロットたちが反対しても強行するそうだ。
そのための訓練も行わないらしい。
来年の春から、羽田に着陸する飛行機に乗る旅客は、命の危険を感じることだろう。
ベテランパイロットが危ないとw
本当に危険ならもっと大騒ぎされてると思うんだけど他にこういう記事見かけないからどの程度の危険性があるのかよくわからん
@MLIT_JAPAN はまさかまさか今でも一般市民が日本政府を信頼してると思っているわけではないよね?🙄

引用:... 2020年3月末から「羽田空港は世界で一番着陸が難しい空港」といわれるようになるのは必至である
世界の主要空港にも存在しないとされる進入角3.5°。
シミュレータ実験でのデータを根拠に強行する国交省に対して、パイロットは否定的…
うーん。これはなんとかならんものかねぇ。
僕は乗客なのでわからんのだが、それでも危なさそう、、
ってことだけはよくわかるぞ。
元機長の話の下、自分は羽田発着航空券買わない。騒音もそうだが落下物が怖い
羽田航空券は避ける。国内線もこのルート?新幹線を使う。国内は新幹線、海外は成田。以上

@biz_journal
飛行機事故で大ごとになるまで改善しないパティーンじゃないですか
DBJ出身で、航空会社の経営に携わっているみなさーん。
これ読みましたかー。

と、冗談はさておき、これまた霞が関の官僚の劣化を象徴するような記事だ。
文科省の新入試制度といい、国交省の羽田新ルートといい、どうして官僚は先を考えず「取りあえずやってから修正すればいい」的思考をするのだろう。結局、犠牲者が出ないと方針を変えない。
かねてより都心新ルートに関しては賛成で、発着枠増加のためには必須と考えていましたが、
この度国交省が進入角3.5度という信じられない決定を下し、開いた口が塞がりません。
サンフランシスコでアシアナが墜落したときの異常な高度と急降下を思い出します>
え、香港アプローチってあれで3.1度だったの…?じゃあ3.5度ってやばくない!?滑走路に叩きつけられるんじゃないかって感覚になるじゃん???
たった0.5°だけど、パイロットにとっては大きな差だぬ。
(・ω・)
個人的には前から言ってるけど他のツイッターPさんとは異なり3.5度反対派。

|
元パイロットの視点から、羽田新ルートの問題について書かれています。飛行高度を上げて騒音を減らそうとすると、降下する際の角度を大きくしなければならず、その結果しりもち事故の危険等が増すとのこと。また騒音を減らす効果もあまりないとのこと。
最後の指摘が全てですな。
これこそ、机上の空論じゃないか。
羽田空港に飛ぶのが怖くなる😱
とにかく安全第一でお願いします🙇‍♀️
昔「逆噴射」なんて事故もあったな。たまたまでは済まない。陸上でやられたらどうなることか・・・。
羽田新ルートで騒音は本当に減るのか? | ビジネスジャーナル スマホ
『すればテールウインド(背風)により速度が増し、エンジンの出力も抑えられるため』
そうなの?
何言ってるの😓
専門家が相当警鐘鳴らしてるのに対して3.5度が強行され事故が起きたらどうするんだろう
☆自分は飛行機に乗らないのでよく解らない事なのですが、技量を伴わない操縦士が居るという現状で、急角度となった羽田空港へ着陸する際の事故が懸念されますね😰
「正直に言って、世界のエアライン(LCCを含む)のパイロットには技量に問題がある者も多く、それは直近の数多くの着陸事故例からも断定できる。」
杉江氏、ついに世界のエアラインパイロットを敵にまわすの巻
これすげえこと言ってるんだけどwww
0.5度でもパイロットにとっては大違い。3.5度は稚内とサンディエゴだけ、って天下の羽田だよ。成田にしとけよ。外国にもあれぐらい遠いのは珍しくない。
元日本航空機長

非常識な進入方式を国交省の官僚中心で決めた(略)長い間、航空関係者が着陸事故をなくすため努力してきた歴史を一瞬にして帳消しにする行為/
実際リスクは増すよなぁ
説得力の有るお話です。羽田問題は代表質問で取り上げるとともに、24
日の決算特別委員会でも取り上げます。
実機での騒音試験は、速やかに実施すべきでしょうね。そうすれば、グライドパスが3.0度でも全然問題ない(生活音の方が五月蝿い)事がハッキリするでしょう。
本当に大丈夫なのか?>
このルートほんとにやめて欲しい。
これどうなんやろな。元パイロットの人のようだから信頼できるのかとも思いつつ、香港空港の難易度は角度じゃなくてカーブな気がするが…。
これ、こわい…来年オリンピックもあるのに飛行機事故増える可能性大…?
国はなに考えてるの…
杉江弘さん、有視界3.5度着陸の不条理を語る。

ある信頼できる情報筋から聞いたところ、
国土交通省はANAとJALの責任ある何人かのパイロットたちに
3.5度について聞き取りをしたところ、
ひとりとして賛成と答えなかったという。
げー!死ぬの嫌だなぁ。新幹線早く札幌まで来ないかなぁ、
総務省といい、国土交通省といいろくでもない人材があまりにも増えすぎな気がするなぁ
薄給化がやはり原因なのだろうか…
進入角低いとソウオンガー、高いとキケンガー
元機長のくせにこんなアホなこと言ってるのか
フライトシミュレーターやってる人ならわかると思うけど、シミュレーションでさえあの感覚は怖すぎる。

国交相はわかってないでしょ、おそらく。
以上

記事本文: 羽田・都心新ルート、非常識な「降下(進入)角3.5度」で事故多発の危険発覚…国交省の暴挙 | ビジネスジャーナル

いま話題の記事