TOP > 政治・経済 > 東京都、首都直下地震の地域別危険度マップ…中野区、杉並区は危険度「高」 | ビジネスジャーナル

東京都、首都直下地震の地域別危険度マップ…中野区、杉並区は危険度「高」 | ビジネスジャーナル

2014年12月19日、東京に衝撃的なニュースが走った。政府の地震調査委員会が、東京(都庁周辺)で今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率を従来の26%か...(1/3)...

ツイッターのコメント(13)

東京都、首都直下地震の地域別危険度マップ…中野区、杉並区は危険度「高」| タイトルを見て「じゃあ、板橋区は?」って思いますよね…『地震安全度』トップでございます( ̄ー+ ̄) 2位が練馬区、上位に豊島区、北区の城北エリアが多いとか。
首都直下型地震で安心できる場所とは…○○パチ
※首都直下のあとにくると言われた関東大震災クラスの地震の話はなくなったのかなぁ出てこない
中野区がヤバいのはウチの業界では有名な話しですが。

板橋区と北区と渋谷区は場所によってはもっとヤバいよ(ーー;)
“実は、筆者のつぶやきはタブーなのだ。地震がいつ起きるかわからないというのは、あくまでもタテマエの話。ホンネでは「でも、五輪のときには起きないだろう」と大多数の人が考えている。”
台東が比較的上位なのに対し荒川がワーストなのよね。
隣接してるのにそこまで変わるんか?とは思ってしまう

スマホ
沖積低地で地盤が軟弱な下町は危険だが、武蔵野台地の上に立つ山の手なら安心だと考えるのは、あまりにも単純

東京湾北部を震源とする地震の際に想定される津波は1~1.8m程度、死者はゼロ。命を守る上で脅威となるのは、倒壊による圧死と火災による焼死にほぼ限られてくる
国家の中枢はぜったい守るという関係官庁の意地でしょう>都心3区には高危険地区が存在しないことになっている
リンク、よく読むと良記事です。
特にこの部分↓

>こと震災に関する限り、おそらく日本中が「危険なまち」。「安全なまち」とは、小さな努力の積み重ねによって自らがつくり出していくものなのだ

>
板橋、練馬と言われてもねぇ…

「地震安全度」トップは板橋区、2位は練馬区/
「地震安全度」トップは板橋区、2位は練馬区!!細かいことはわからないが、安堵(^-^;
東京(都庁周辺)で今後30年以内に震度6弱以上の地震が起きる確率は46%。池田利道さんのコラム。  沖積低地で地盤が軟弱な下町は危険だが、武蔵野台地の上に立つ山の手なら安心だと考えるのは、あまりにも単純すぎる。
以上
 

いま話題のニュース

PR