千葉台風関連の記事一覧

TOP > 政治・経済 > 悲惨なポスドク…東大博士号でも非正規、40代で就職活動、夢は中国で研究者 | ビジネスジャーナル

悲惨なポスドク…東大博士号でも非正規、40代で就職活動、夢は中国で研究者 | ビジネスジャーナル

55コメント 登録日時:2019-07-01 08:33 | Business Journalキャッシュ

2018年のノーベル医学・生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶佑氏は、取材や講演のたびに若手研究者への支援を訴えている。思い返せば、大隅良典氏、梶田隆章氏、...(1/2)...

Twitterのコメント(55)

「日本では東大ブランドに意味がある」という想定以外は賛成。私の観測範囲では、大学は全然関係なく、研究活動の活発さが決め手だと思う。

学生でも、留学生の方が学問のコミットメントが強い傾向がある。日本国内で研究に夢を持てるようにしてあげたいのだが。
「まだ日本への幻想が残っているアジアの成長国で就職を考えています」 これインタビュー内容創作だろ? アジアのエリートだって欧米に留学してるさ。日本への幻想が残ってたりするわけなかんべ。東大ブランドなんざどこ行っても通用しないよ。評価されるのは本人の業績のみ
ノーベル賞受賞者が揃って指摘する「ポスドク問題」
低賃金で行方不明者も出るなど問題になる一方で、正規職についたらついたでマネジメント等の業務負担があり、「研究に没頭」して日本のサイエンスを支えているのも彼ら。
若手研究者が暮らしていける環境づくりが急務です。
夢は中国で研究者って、中国側は願い下げじゃないでしょうか。志が低すぎる。 /
|
日本人がノーベル賞を受賞するたびに国中がお祭り騒ぎとなる。しかし、過去の受賞者が異口同音に訴えるポスドク問題にまで耳を傾けなければ、日本からノーベル賞受賞者を輩出できなくなる日も近い
最近こういうのシェアしまくってる気がするけど、
こんな下手な記事しか書いてもらえないことが悲惨だ。そもそも取材してるライターが全然同情してないじゃん。『ポスドク』と『東京大学』だけが強調文字の時点で凄いバカにしてると思うわ。
「もし大学の正規職のポストに就けば、講義やプロジェクトのマネジメント、資金集めの書類作成で7~8割は時間を取られてしまいます。」

20%ルール
月並みな感想だが、やはり外国語教育は心底重要。日本にこだわらなくとも中国、アメリカ、その他へ渡れたら十分生きていけたかも知れない。
これだけじゃないが、日本にはそうした敷かれたレールがないのならそもそも進路選択自体が死の宣告と紙一重な部分がある。
理系でこれってウソやん・・・。
憲法よりも先にこっちをどうにかした方がいいよ。
研究や学問を軽視してると技術も生活基盤も衰退する。
文理関係なく直面してる現実は恐ろしい。
理系でこれじゃ、文系は推して知るべしだなぁ。
アメリカに貢いでる金の一部でも研究者育成に回せばいいのに。
前半には共感するが、メジャーデビュー云々の部分は…。大学の常勤職は「教育者」としての能力が問われる。Nature論文より、非常勤で何年か講師をやっていたとかの方がむしろ重要。まして日本に幻想を持っている中国でとか、そりゃもうダメだろう。>
ポスドクが苦しいのは確かだが、それはそれとしてこの記事に出てくる人は酷い…
やれば破滅するだけの戦争を妄想して危機を煽るのをやめて、誰とも戦わずに社会全体を豊かにする研究にジャンジャカ予算をつぎ込めば研究者の仕事も増えますよ。
が国難
宮野さんは、「日本のポスドクにもひとつだけいい点がある」と言う。
「それは研究に専念できることです。(略

ヘタレポスドクのようなものだけど,えーと,それってどこの世界線の話なんだろ...うーん.
やはり基本的な課題はここなのかな。

> 「せめて普通に若手研究者が暮らしていける環境にしないと、誰も日本で研究者を目指さなくなる」と警鐘を鳴らす。
中国でもポスドクより上の職はそんなに簡単じゃないし、場所によるかも知れないけど、その後もまた違う問題があったりと。。
ドクター目指したことがありましたが、金銭的な支援無くして研究なんてできず、アカデミアは断念して就職しました。
自分よりダメなポスドクがいるなという感想しか覚えなかった
なんとかしないと。独裁国家に技術覇権を握られるなど悪夢だ。しかもお隣さんだからやっかい。 /
「バンドマンがプロミュージシャンの夢を追いかける姿に似ている」・・・
色々あるからなぁ・・・
日本で大学院卒は悲惨!
日本の研究者は地獄!
中国の研究者を夢みる日本の研究者!
日本の悲惨なポスドク…
東大博士号でも非正規、
40代で就職活動、
夢は中国で研究者
取材対象の方の気持ちもわかるけど「アメリカで就職できれば一番いいのですが(中略)東大ブランドも通用しないので(中略)。なので、まだ日本への幻想が残っているアジアの成長国で就職を考えています」「最近の夢は研究者として中国で就職」は考えが甘すぎるような。。
どこかに勘違いがあるような記事。
経験上言わせてもらうならプロミュージシャンを目指すこととは違う。
中国の大学ってすでにポストは埋まりつつあって,今となっては日本よりもポストを得る難易度が上で,かつ厳しい競争社会になった印象なんだけどなぁ.
”僕らも研究で一発当てれば生活が180度変わるんです。『ネイチャー』や『サイエンス』といった有名雑誌に論文が載れば…“

一発もあるんでしょうが、研究は自分と誰かの継続の上に成り立っていくものだと思っています。
『「ポスドク」とはポストドクターの略』と書かれると、もっと虫唾が走る。//
不況のときのドクターは就職なかったからドクター行ったみたいな感じの人が多いから、研究がどうとかじゃなく能力の問題って気もする。 /
私の思っていたオーバードクターと違う使い方だ。「オーバードクターとは、博士号を取得しても就職できず、無償で研究室に残ってポストの空きを待っている状態です。」
中国の研究環境がかなり良くなってると聞きます。政治リスクさえ目を瞑れば、中国で研究するのはアリですね。

Business Journal: | ビジネスジャーナル.
「日本のサイエンスを支えているのは、ポスドクなんです」
ホントかこれ>「学会で中国の若手研究者と話すと、たまに『お金持ちになりたいから研究者を目指している』
留学生が中国の大学教員は待遇悪いって言ってたぞ。研究者になって(企業して)金持ちになるが正しいんじゃないの?
僕が博士課程に進もうと思ったときは特に情報も得ず、ここまで厳しいとは考えなかったな。こういう情報を見ていたとしたら、進路とかも変えていたかな。
“この構図は、バンドマンがプロミュージシャンの夢を追いかける姿に似ていると宮野さんは語る。” ..!!!

スマホ
仮名であろうが同じ名字だと変な気分。事実、僕も30代後半まで任期付きだったし。
昔は日本からの「頭脳流出」というと、流出先は欧米だったが、今は主に中国ということなんでしょうね。
【薄給で就職先がなく、悲惨な状況】悲惨なポスドク…東大博士号でも非正規、40代で就職活動、夢は中国で研究者| 「ポスドク問題は国策によって生み出された・大学院重点化・ポストドクター等1万人支援計画・中国は2008年から「千人計画」」日本はもうダメ
自分は逃げたが。悲しい。研究は何かグループで醸成し引き継いでいく何かがあると思う。人がいなくなると消える。強い研究者と研究を続けることは別か。
「悲惨な境遇で行方不明になるポスドクも」
知識を深めつつキャリア築きたなら中国へってなってるよね。

よくわかる。
基礎研究って、芽がでるかどうかを問うてはいけないんですよ。自分たちが死んだ後にその成果が日の目を見るくらいの気の長さを許容してくれる出資者こそ、個人から現れるはずがないので税を突っ込むしかない。
これやべぇw院にいきたいのに
うげー
他人事じゃない気がする
精神がド不安定になった
「中国の若手研究者と話すと『お金持ちになりたいから研究者を目指している』と言う人がいて驚きます。日本では研究者はわりに合わない仕事だとみな知ってますから。中国では研究者は社会的ステータスが高く、若者が夢を持って挑戦できる職業だそうで、憧れてしまいます」
東京大学でポスドクをしている宮野良純(仮名)さん「オーバードクターとは、博士号を取得しても就職できず、無償で研究室に残ってポストの空きを待っている状態です」。そうなん!?/
@biz_journal
知性主義を嫌う現政権が続く限り、日本の学問は世界からどんどん遅れていく。
-----
Business Journal: | ビジネスジャーナル.
「中国では研究者は社会的ステータスが高く、若者が夢を持って挑戦できる職業だそうで、そういった立場にも憧れてしまいます」
この前も海外から来たポスドクが任期満了後も次の職が見つからなくて、日本で無職になるという悲惨過ぎる現状を聞いてしまった。
その人、同じく日本で働いているポスドクの女性と結婚してまだちっちゃい子供もいるのに。。。
「以前は日本語が通じるところならどこでも行きなさいと言っていましたが最近は人間がいればどこでも」と指導教官に言われたのは25年前の話。本当に「分野による」としか言いようがないですよね。
研究で生活したいけど競争が嫌だとか、なんだかすこし意識を変える必要もあるように見えますが、はて。
Discover(Google)から
「「ポスドク」とはポストドクターの略で、博士号(ドクター)の学位を取得しながらも安定した研究職に就けず、非正規の立場で活動を続けざるを得ない研究者のことを指す。」?
以上

記事本文: 悲惨なポスドク…東大博士号でも非正規、40代で就職活動、夢は中国で研究者 | ビジネスジャーナル

関連記事