TOP > 政治・経済 > 安倍政権、かつてない農産物輸入自由化で“食糧危機”へ…食料自給率が危険水準に | ビジネスジャーナル

安倍政権、かつてない農産物輸入自由化で“食糧危機”へ…食料自給率が危険水準に | ビジネスジャーナル

14コメント 2019-02-01 09:05  Business Journal

 本年から国連「家族農業の10年」が始まった。農林水産省のホームページには次のように記載されている。「国際連合は、2017年の国連総会において、2019年~20…(1/2)

ツイッターのコメント(14)

「2050年に世界人口が76億人から98億人に増加する。対応するためには、農業生産を2006年水準より60%以上増加させる必要がある」「日本の食料自給率は先進国最低の38%」
これまでの政府の政策は「競争力ある農家だけが生き残れ」「儲からなければやめろ」だった。しかしそれでは国土からどんどん農地が失われる。いまや輸入の食料で中国や新興国に「買い負ける」時代。このままでは近い将来、日本は「食料を確保することが困難な国」に転落する。
 ̄ ̄


日本の現状を見ると、食料自給率は先進国最低の38%
論理的でないし、無責任な記事ですね…。国を閉じろとでも言うのでしょうか?自給率低下=市場開放が全ての原因では全くないし、この記事からはポジティブな提案が全くなし。
今年は「中略」、日本がこれまで経験したことがないほどの大規模な農産物輸入の自由化で、さらなる食料自給率の低下は必至の状況だ。

どう考えても煽り記事だよなあ
何をいまさら。アベガ~の一環か?食料自給率など、もう20年以上前から40%を切っとるわ。小学生でも知っとるレベル。古すぎる話を今頃騒ぎ立てて、あほか。
戦争なんかわざわざしなくても日本への食品輸出を止めれば簡単に国民は飢え滅ぶ。そんな簡単な事も理解してない政治家の存在価値は皆無
安倍政権、食料自由化で食糧危機
私は基本、国産を買うけどね。安いのがいい!って人は輸入品を買うでしょう。
あと外食産業か。
施政方針演説では、ずいぶん農業農村を守るような話をしたけど、全部嘘なのかな?
・カロリーベースの食料自給率はあまり意味がない
・補償原理による下支えが必要

これが理解出来ない駄目記事↓

安倍政権、かつてない農産物輸入自由化で“食糧危機”へ...食料自給率が危険水準に
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR