TOP > 政治・経済 > 花粉症の蔓延、対策を怠った国と東京都の政治的責任…小池都知事、花粉症ゼロの公約反故 | ビジネスジャーナル

花粉症の蔓延、対策を怠った国と東京都の政治的責任…小池都知事、花粉症ゼロの公約反故 | ビジネスジャーナル

11コメント 2019-01-29 14:00  Business Journal

 東京都知事選で自民党が支援する候補者に大差で勝利した小池百合子氏は、熱狂に迎えられたまま都知事に就任した。あれから2年半が経過し、1期目の折り返し地点を過ぎて…(1/3)

ツイッターのコメント(11)

まじで都知事やめろよな。
@masahayo @tokaiboin

こんなんらしいでっせー
@masanorisawamur バンクシーの壁画鑑定に忙しくて何もやってないっぽいです
消費しないから減らないではなく、もう市場が失敗しているのだから政策的に伐採していかないと、後数百年は関東民は花粉症に苦しみ続ける事になる。
花粉症対策が動いてないのはそうだけど奥多摩の森林整備はいま急に進み始めたと思ってんだけど(神奈川と足並みそろっているかはどうか
花粉毎年増えてない…?
花粉症の蔓延、対策を怠った国と東京都の政治的責任…小池都知事、花粉症ゼロの公約反故|ビジネスジャーナル スマホ
なるほど。
@ecoyuri 【小池都知事、花粉症ゼロの公約反故】

Business Journal は、いつもマトモなことを書くね!
花粉症対策の公約反故はゆるされないゾ
小池都知事は色々と考えるが
政治的責任なし…
五輪会場の木造で木が安全であるかの認証がない
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR