TOP > 政治・経済 > 住宅ローン減税の恩恵を最も受けているのはどの階層か…租税原則の公平性を損なう可能性も | ビジネスジャーナル

住宅ローン減税の恩恵を最も受けているのはどの階層か…租税原則の公平性を損なう可能性も | ビジネスジャーナル

 日銀の資金循環統計によると、2017年度の住宅ローン残高(金融機関による個人向けのもの)は約200兆円である。住宅はとても高額な財なので現金一括で購入する消費…(1/2)...

ツイッターのコメント(12)

「(住宅ローン税控除は)その援助を最も必要とする階層を助けるようには機能していない等の批判が台頭し、イギリスでは2000年、ドイツでは1994年、フランスでは1997年に廃止されている」 / 住宅ローン減税は、国の景気対策という側面も強調されてきたが…|ビジネスジャーナル
とてもいい記事。

>住宅ローン減税を廃止し…その削減分については、一定の所得水準以下の世帯を対象とする「住宅手当」などの拡充に利用…住宅手当は、世帯ニーズに応じて最低限の居住水準を確保するためのもので、欧州では最低生活保障のプログラムの一部をなす根幹
貧困層に対する住宅政策の貧弱さは日本の大きな特徴だが、今後の国力を考えると公営住宅の充実は難しそうなので、記事にもあるように住宅ローン減税をやめて住宅手当を創設するのはいい考えだと思う。
住宅ローン減税の恩恵を最も受けているのはどの階層か
中高所得層 社会保険料に税金 かなり取られてますが。最大四十万円戻ってきたところで くらい 激しく取られてますが!
日本の税負担は低所得層に重い
長い積み重ねのある仕組みとはいえ、漫然と続けていい政策ではなさそう。/
゛近年の税制改正で中央政府の税体系の重心は直接税(例:労働所得税・法人税)から間接税(例:消費税)にシフトしてきており、消費税等へのシフトは低所得層の税負担が増すことを意味する゛
住宅ローン減税は逆進型の物品税に近い。最大1兆円もの減収になる。なぜ存続するのか不思議だ。政治力か。
そりゃまぁ……という感じ。日本も米国のように、手放せばローンチャラ制度になるといいと思う。ユーザーは / (...
「住宅ローン減税を廃止し、…その削減分については、一定の所得水準以下の世帯を対象とする「住宅手当」などの拡充に利用されている。」/
低所得階層…

住宅ローン減税の恩恵はどの階層が最も受けているか
答えは簡単で、低所得階層を除く、中・高所得階層である/
| ビジネスジャーナル
(Business Journal) 「Gettyimages」より 日銀
以上
 

いま話題のニュース

PR