TOP > 政治・経済 > 金持ちの楽園化する東京・港区…出生率1位(東京23区)&人口流入始まったワケ | ビジネスジャーナル

金持ちの楽園化する東京・港区…出生率1位(東京23区)&人口流入始まったワケ | ビジネスジャーナル

六本木ヒルズ(「Wikipedia」より/A16504601)  今年2月、東京・港区の人口が25万人を突破した。港区は1956年に人口が25万人に達して以降、…(1/2)...

ツイッターのコメント(19)

それは富裕層ではなくただの中間層>その一方、金融資産1億円超の富裕層の割合も増加
港区は民間が公開空地という公園を提供するので区は公園の費用負担が少ないというけど、晴海も同様。
マンションの広い公開空地、トリトンの公園とマンション管理組合、民間企業が受け持つ公園が広い。
更に区の臨海公園、黎明橋公園も。晴海ふ頭は都の負担。
ほんまもんの金持ちは違うんですよ
普通に治安いいもんなぁ。思ったよりも。
港区が、第2子保育無料など子育て支援策ができるのは、「新たに流入してくる世帯が富裕層」。保育所不足・小中学校不足もない。理由は、「港区の富裕層は共働きではなく、父親が役員など“片稼ぎ富裕層”」。お受験で私立小学校を目指す家庭も多く、公立小中学校も必要ない。
金持ちの楽園化する東京・港区…出生率1位(東京23区)&人口流入始まったワケ|ビジネスジャーナル スマホ
「港区の富裕層は共働きによるものではなく、父親が企業役員などをしている“片稼ぎ富裕層”も多いからだ」というのは興味深い。お金があると女性は働かないのか。
港区:人口が増えても私立志向のお金持ちが多いので公立学校を増やす必要がない。再開発が盛んで公開空地が多く、メンテは所有企業がやってくれる。これはつよい。
金持ちの楽園ってコピーの最強さよ/金持ちの楽園化する東京・港区…出生率1位(東京23区)&人口流入始まったワケ|ビジネスジャーナル



Google マイフィードから共有しました
港区が保育所不足・小中学校不足もそれほど深刻ではない理由 | ビジネスジャーナル スマホ
昔は貧乏子だくさんなんて言われましたが、現在は逆。そんな話を書きました。ご笑読いただければ幸いです
港区の児童センターは広くて綺麗で電池切れのおもちゃなどないというお噂
住む場所じゃないって言う人が多いけど、実際は相当住みやすいと思う。|
今まで地方から搾取していた報いを受けてるだけ。それに一番おかしな返戻金やってるの千葉県だし。
金持ちの楽園化する東京・港区…出生率1位(東京23区)&人口流入始まったワケ|ビジネスジャーナル



Google マイフィードから共有しました
港区すごいな、いろんな意味で。
>
港区は不妊治療の補助金も厚いから住むには良いよね。
金持ちの楽園か笑 まあ、生きるには港区楽だよね。スーパーの品が悪いのに高いのは納得いかないが笑
富裕層と貧困層の格差拡大が進むなか、港区は“金持ちの楽園化”し、最強の勝ち組になりつつある。/
| ビジネスジャーナル
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR