TOP > 政治・経済 > ライザップ、「利益かさ上げ経営」で巨額有利子負債 | ビジネスジャーナル

ライザップ、「利益かさ上げ経営」で巨額有利子負債 | ビジネスジャーナル

12コメント 2018-06-08 00:25  Business Journal

ライザップ(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)  トレーニングジム「RIZAP(ライザップ)」を展開するRIZAPグループの株価が急騰した。…(1/3)

ツイッターのコメント(12)

本体は増資をピーク近いタイミングで決めてるのでぶっちゃけここまで株価を下げまくったら普通にそろそろ自社株買い入りそうではあるよね。
どのみち、コケる。→
主力のRIZAP関連事業の売上収益は329億円。先行投資の負担が大きく、いまだに営業段階では赤字が続く。負ののれん代で利益を捻り出す“ヤリクリ決算”なのだ。つまり、業績不振企業をピカピカの優良企業に生まれ変わらせることができるかどうかにかかっている。
いや、急成長のヒミツの核心はこちらでは…

「営業利益は135億円。このうちM&Aによる割安購入益が74億円で、なんと営業利益の55%を占める。負ののれん代が利益をもたらすという、瀬戸流の会計マジックを駆使してきた」

#がっちりマンデー
瀬戸社長が若い頃の孫さんみたいって期待させるじゃん。 / (ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る)
いよいよ東証一部へカウントダウンか。
ライザップ、「利益かさ上げ」 そこまでいうなら買収した会社の決算をすべて見て黒字化した会社の内容を見たのかよ?相乗効果がある所しか買収してねえわ。
じじ殺しっていうワードが面白い。色んな意見あると思うけど、今後のライザップに注目したい。
財務面を考えたら、怖いよな。
もてはやされてるが、やってる事は悪名高いRVHと変わらないのにな。
短期的な結果にコミットしていたか
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR