TOP > 政治・経済 > 「仕事ができない人」を全員クビにしたNetflixで起きた、驚きの結果

「仕事ができない人」を全員クビにしたNetflixで起きた、驚きの結果

40コメント 2020-12-31 14:30  Business Journal

自分の働く会社を思い出していただけると実感としてわかることだが、どんな組織でも「優秀な人」と「そうでない人」がいる。はっきり言うなら「仕事ができる人」と「足を引...(1/2)

ツイッターのコメント(40)

ちょっと昔の記事だけど、これ当たり前なんだよね。
人権は平等でも、パフォーマンスとコストは当然同義だから。
もっと簡単に言えば、自分の給料分働いてますか?って事かな。
うちの職場の不手際さんたちをクビにしてほしい。
とにかく仕事が前に進まない。
( ・᷄ὢ・᷅ )頑張ろ…
Netflixの勢いはすごいよなあ……どんな会社なのかなあ……
ってネットサーフィンしてたらびっくりしちゃった。
の周辺もこれを早くやって、「誰かの不手際を」メンバーがひたすらフォローするだけになるのを防げてたら、今みたいにはなってなかったのかな、行き過ぎもまた悲惨だけど
ムキムキマッチョな筋肉質組織の出来上がりっていうわけですね。
よく言われる。働きアリの法則は崩れたってこと?
働かないアリは要らないってことかな?
厳しいけど、自分の20年以上7社の経営経験からこの通りの場合が多いかな。
さすがアメリカはすごい。日本では永遠にできないよね。
私を切った後の会社が好転するか傾くかは、社長の言動に掛かっている。
Netflixで生き残れるのは「卓越した人」だけ。社員に求められるのは「パフォーマンス」の一点のみ。

社員が3割クビになっても、パフォーマンスがあがったという事実。
恐るべしNetflix
これは面白い記事。
仕事結果は報酬や環境で大きく変わりますね。
頭脳労働だと、そういう結果になるのか笑
2-6-2の下を切ったら新たな下の2ができるとか
アリの20%はサボってて、サボりアリを排除する他新たに20%がサボり出す

とはなんだったのか?


3割が怠け者になるという話ではなかった。出社の体制とかも日本とは違うみたいだし(そもそも出社してるのか?)、だからかもしんない。
身も蓋もない話だけど、Netflixの本読んだらこれマジなんだよな。
この記事、納得感あります。
忖度野郎ゴマスリ野郎が幅を利かせる多くの日本企業には無理

フリーランス経験10年超の自分は思う

仕事できるできないを判断するのはクライアントであってほしい

もはや自分の価値を所属組織に判断されることすら腹立たしい

その時点で会社員無理w
昔、80対20の法則とかいう、何の根拠もない理論がビジネス界隈で流行ったけど、、そりゃそうだよな。。
裁量を与えていいのは、その裁量を有意義に使える有能な人材だけなのだ。
世界が気づき始めている不都合な真実。
見出しに騙されて読んでしまった。驚きの結果ではなく、会社がスムーズに行くようになった話。そんなん当たり前やん。
「「できない人」に足を引っ張られることなく、卓越した人材同士が信頼し合い、能力を余すところなく発揮」…そろそろ効率や生産性で測るのは止めた方がイイよ。イメージとしてもバカっぽくなってきたしw
身もふたもない言い方だが、レベルの高い人同士でないと成立しない信頼感や協力関係というのは確かに存在する。
へー、結構教科書通りの結果が出るんですね
パレートの2:8の法則の話かと思ったら、単純に無能は不要という話でした。リモート下でこの流れは増える。
生産性って失業率と裏腹にあって、日本は生産性低いって言われるけど、失業率も低い。この記事の観点で職を失うべき人も、日本的ムラ社会の原理で雇用継続されるから、生産性の低さとなる!?
「自由裁量は厳しさと冷徹さの裏返し」というのはどこの会社でも実は同じで、全ては価値提供との等価交換だと思ってる。

もし価値提供以上の環境を得ているとしたら、それは誰かが肩代わりしてる等の歪みであって、そのうち崩れるもの。年功序列もその1つ。
昔のリクルートは仕事ができないと判断されると系列のホテルに従業員としてどんどん送られた。スキー場の従業員にされたらもうやめるしかなかった。
実際にはそういう感じにもなることがあるのか
優秀な人だけで集まって、いかにギスギスしないか。  /
無能というのは、現段階で人類が発見できない能力。という意味なので、ある意味、替えの効かない才能だと思う。ある程度仕事しない人がいないと、バッファーが無いとダメだな
働きアリの法則が遂に成立しなくなった。
各分野に最高の人材をそろえることに執念を燃やす同社には「仕事ができない人」はおろか「凡庸な人」の居場所もない。ネットフリックスで生き残れるのは「卓越した人」だけなのだ。そして、社員に求められるのは「パフォーマンス」の一点のみである
これは面白い。日本では実現がなかなか難しいけど本当にできたらこれと同じような結果になりそう。
まぁ最初に私が解雇されそうですが笑
ミスのリカバリー、不要な説明が減るから生産性が上がる。

「やると信じている」じゃなくて「やると知っている」状態が作れるのか。
無能は会社に存在するだけでマイナスなんだな…
「仕事ができない人」を全員(社員の3割)クビにしたところ、誰かの不手際をフォローするための雑務が必要なくなった。ネットフリックス躍進の秘訣。解雇は正義。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR