TOP > 政治・経済 > がん医療が飛躍的に進歩でも、年々がん死亡者増加という不都合な真実…がんの定説が間違っている疑い | ビジネスジャーナル

がん医療が飛躍的に進歩でも、年々がん死亡者増加という不都合な真実…がんの定説が間違っている疑い | ビジネスジャーナル

12コメント 登録日時:2017-01-06 01:28 | Business Journalキャッシュ

「Thinkstock」より  現在、日本人の死因の1位はよく知られているとおり「がん」で、死亡者数のおよそ3割を占めています(2015年、厚生労働省人口動態調…(1/3)...

ツイッターのコメント(12)

『 』
宇多川久美子さんは、ニセ医学批判をする医師達からトンデモ呼ばわりされている。薬否定だから勤務内科医にとっては薬点数は死活問題。
ほんまか?医者でもないし、論文の引用はないし。
「日本人のがん死亡者数が減らない原因のひとつは、いまだに「がん細胞・無限増殖論」を信じるあまりに、自分自身が持っている免疫の力を忘れてしまっているからではないでしょうか」
記事書いてるの宇多川久美子氏じゃないか、はい解散解散。・「がん医療が飛躍的に進歩でも、年々がん死亡者増加という不都合な真実…がんの定説が間違っている疑い」
不都合な真実・・・w

【 】
小学生の作文かよ
喫煙擁護な大学教授でもこういう意見があるが、癌というのは高齢者が増えるほど増える。他の病気で早死にしなくなったという良い結果なのだ。
@biz_journal
訳のわからないことが書いてあると思ったら、香ばしいらいた~だった
がん死亡者が増加してるけど平均寿命は飛躍的に上がってることで納得出来ないですかね?もう一つヒントをあげると人はみないつか死ぬ / “ …”
免疫力によってがん細胞の増加が抑制される可能性がある、って話がどこに着地するんだろう?? / “ | ビジネスジャーナル”
これ、中学生でも分かるような嘘が書いてあるよー!
与太噺だよ!
「免疫信仰」を推奨する薬剤師がご降臨あばすBusiness Journalって信頼性が低いメディアだね> @biz_journal
以上

記事本文: がん医療が飛躍的に進歩でも、年々がん死亡者増加という不都合な真実…がんの定説が間違っている疑い | ビジネスジャーナル

関連記事