TOP > 政治・経済 > コンビニ弁当が危険!プラスチック等含有の飼料で育った豚鶏肉使用の恐れ | ビジネスジャーナル

コンビニ弁当が危険!プラスチック等含有の飼料で育った豚鶏肉使用の恐れ | ビジネスジャーナル

28コメント 2016-09-05 06:21  Business Journal

「Thinkstock」より  セブン-イレブン・ジャパンでは、かねてから店舗で消費・賞味期限切れとなった廃棄食品を配合飼料に加工し、養豚業を中心に提供している…(1/2)

ツイッターのコメント(28)

セブンイレブンは今でも
こういう形で残飯を処理して
その配合飼料を食わせた鶏や豚を使って弁当などを作っているのか?
(>_<)
包装剤ごと焼却→熱風で除去→配合飼料に混合。プラスチック取り切れず。


プラスチック等含有の
飼料で育った豚鶏肉使用の恐れ😵💦
@Takechan4807 子どもには、あまりよろしくない気がします。
有毒な食品添加物も鶏の餌に|ビジネスジャーナル スマホ
上ちなみにコンビニフードの廃棄を豚や鶏の飼料にする際、プラ容器や包装を除去できないまま飼料になるという流れについて。
7-11怖いなあ。共食いで生まれた狂牛病の教訓が全く生かされてないし、包装ごとリサイクルってのに驚きだわ。=>
コンビニ弁当が危険!プラスチック含有等の飼料で育った豚鶏肉使用の恐れ。

ちょっとこの記事はショック…。そういう餌を与えていたのか…。
その廃棄弁当を鶏さんにも餌にあげようとしています(もうあげてるのかな)
これも「共食い」になります
そしてそれから得た卵をそのコンビニの商品に使おうとしています
恐ろしいですね
思うところというのは~
未だに郡司和夫の文章を信じてる人の脳みそが危険。たぶん手遅れ / “ | ビジネスジャーナル”
カニバルホロコーストきたな…
@SanpeiM  こういうのもあるし、自分で信じる方選んで食べた方が良いなw
の地下水で大騒ぎのメディア、スポンサーのコンビニは批判できないという矛盾と欺瞞。
>>「コンビニサンドイッチなどを包んでいるラップにはフタル酸エステルやアジピン酸エステルという可塑剤が添加されている」だってw OPPに可塑剤なんて配合しねーよ無知が
凄いな・・ごはんにまで添加物入れてたんだ・・。あたしは食べないけからいいけどね。
×××人類が生み出した化学物質。そして飽食。
人類がツケを払うのは当然...かな?
こうした記事に少なからず影響受けて添加物はすべて毒、加工食品ばかり食べ健康被害などと短絡化する人は少なくないから厄介
コンビニなどで弁当を買わない方が良いということです。
コンビニ食品再利用の配合飼料の安全面での問題点
発泡スチロール、プラスチックの成分が含有
コンビニ弁当、おにぎり、サンドイッチ、カップ麺など、コンビニ廃棄食品の大半は包装されたまま焼却処分
後、熱風でプラスチック成分などを飛ばす。
また郡司さん。いい加減記事書かせるのをやめさせた方がいい。

コンビニ弁当が危険!プラスチック等含有の飼料で育った豚鶏肉使用の恐れ|ビジネスジャーナル スマホ
食の安全はここから。。。!


(2016.09.05)有毒な食品添加物も鶏の餌に
オラ、コンビニ弁当が無性に食べたくなってきた。
🔴わかっているけど、・・・・・・
オーガニック、といって、この堆肥を使っている農家さんも当然いるだろうし、東電公害以降も「国内産」米ぬかを堆肥にしている農家さんも
もう少しすると、韓国産肥料で育った野菜も使われるようになるんだろうな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR