TOP > 政治・経済 > Business Journal > 放送中止の東京ガ...

放送中止の東京ガスCM、なぜ批判?何が問題?“就活生を落とす側”大企業に予測不可能 | ビジネスジャーナル

35コメント 登録日時:2014-07-09 00:50 | Business Journalキャッシュ

東京ガスCM「家族の絆-母からのエール編」(無料動画サイト「YouTube」より)  東京ガスが、視聴者からの批判が殺到した同社CMの放送を中止していたことに…(1/2)...

Twitterのコメント(35)

biz_journalより
放送中止の東京ガスCM、なぜ批判? 賛否ある内容なのは解る。しかし、否定側に「大企業は『痛み』を知らないから」という反体制的理由付けが少なくないことには閉口。「自分には合わない」の四文字で済む話。
放送メディア媒体は人を選ぶ表現には向かない(深夜除く)ので就活というモチーフ選ぶなら切り口は工夫しないと厳しい
今更だけど・・・ RT
テレビを余り観ていないから、このCMは話題になることで知った。有閑でナイーブだな…
これで炎上とな。心をえぐりすぎるのは良くないらしい。→
「だからこそ、この際、東京ガスには批判と肯定の中身をしっかり検証してもらいたい。何がダメだったのか、CMはダメだけどドラマなら、ドキュメンタリーなら、報道なら良いのか。東京ガスだからなのか。他の企業ならどうなのか。」...
私も就活には嫌な思い出が多いのでこのCMは素直には見れませんでしたね…
ざっと意見なめてみたけど、賛否両論なんだな。どっちの気持ちもわかるから何とも言えんものがある。 / 放送中止の東京ガスCM、なぜ批判?何が問題?“就活生を落とす側”大企業に予測不可能
東京ガスだからダメなんでしょ。//
どうでもよいがな。
見なきゃいいだけだろ。批判すんな。
放送中止の東京ガスCM、なぜ批判?何が問題?“就活生を落とす側”大企業に予測不可能(1/2) | ビジネスジャーナル 日本の就職活動が諸悪の根源ということでOK?
なるほどね。確かに私当事者じゃないし当事者でもなかったわ。
臭い物に蓋。
さきほどの東京ガスのCMは、批判があり、放送中止になったとのこと … 当事者(や家族)の方々が不快な思いをしたならば作り手がそういう意図でなかったとしても、(放送中止)仕方ないのかもしれない。色々考えさせられる。
100%歓迎される広告なんて無い。視聴者はどこまで重箱の隅をつつけば気が済むんだ??東ガスも自信を持って出し続けて欲しい。(FC東京ファンという目線ではないですよ、笑)
このCMを批判する空気こそ
凋落しても再興できない日本の病

(@ ̄ρ ̄@)

▼ ビジネスジャーナル
同じ内容でドラマとか映画とかだったら「共感できる!感動した!」とか言い出すのかね
全ての人が共感するドラマなんてあり得まい。ドラマのメッセージは様々な立場から様々な受け取り方をされるのは、あたりまえ。この件は共感の範囲を見誤っただけかも。...
そういう意味のテーマ設定ミスなら頷けるかも>"東京ガスのような大企業から上から目線で言われる覚えはない"|
身につまされる人もいるだろうが、良質な内容。傷つきやすすぎてもヒステリック。もっと強く!

放送中止の東京ガスCM、なぜ批判?何が問題?“就活生を落とす側”大企業に予測不可能(1/2) | ビジネスジャーナル
私も就活には失敗した人間だが、ここまで反響がある理由がわからない。社会のせいにしすぎ。RT
どんな広告も誰かを傷付けたいと思って作られるものはない。広告は広告なりの意図があるのに、広告が批判をされるのは残念。 /
当事者は癒されるんじゃないの?見たくない人は傍観者、現実に直面するのを避けた人。と個人的には感じる。
”実際に制作に関わる制作会社の現場のスタッフは、むろん多くの場合が低賃金・長時間労働を強いられているのだが”はい / “放送中止の東京ガスCM、なぜ批判?何が問題?“就活生を落とす側”大企業に予測不可能(1/2)…”
「就活の当事者にとってはあまりにもリアルで傷口に塩を塗り込むようなもの」で、就活生を落とす企業の側がそのCMを作っていることへの反発と。何ともいえない話。/放送中止の東京ガスCM、なぜ批判?何が問題?
NWのしばき隊批判記事も、当事者には辛い内容だから苦情が殺到したんだと思うよ QT @May_Roma: 当事者には辛すぎる内容だから苦情が殺到したわけね RT 放送中止の東京ガスCM、なぜ批判?何が問題?
- ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る via
→このテのものは、批判しようとすればなんでもできるからなぁ。
このCMに批判が集まり、企業も放映をやめるというのは「病的」な反応だと思う。就活に苦しむ、傷つく、それは事実だろうが、この程度の個人的な苦しみや痛みが、社会的に配慮されるべきものとしてクレームに繋がるのは、傲慢というものだろう。
当事者には辛すぎる内容だから苦情が殺到したわけね。でも仕事がないのは事実だし、世の中にはもっと凄惨なことがあるわけで、仕事がないぐらいのことで大騒ぎするのは心が弱すぎるよ。
東京ガスCM「家族の絆-母からのエール編」(無料動画サイト「YouTube」より) - Business Journal
以上

記事本文: 放送中止の東京ガスCM、なぜ批判?何が問題?“就活生を落とす側”大企業に予測不可能 | ビジネスジャーナル

関連記事