TOP > 政治・経済 > “一大ビジネス”箱根駅伝、人気の秘訣と経済効果~巨額スポンサー料、大学の宣伝効果… | ビジネスジャーナル

“一大ビジネス”箱根駅伝、人気の秘訣と経済効果~巨額スポンサー料、大学の宣伝効果… | ビジネスジャーナル

17コメント 2013-12-06 06:29  Business Journal

「箱根駅伝 公式サイト」より 毎年恒例の正月スポーツイベントといえば、「箱根駅伝」(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)だ。1920年にスタートした長い歴史を…(1/2)

ツイッターのコメント(17)

箱根駅伝というビジネスコンテンツは今後も更に大きくなって巨額の経済効果を生み出します。大学や企業が群がってくるはずです
関東ローカルの大学スポーツの箱根駅伝も絡みつく利権が巨大すぎて、人命に関わる惨事でも発生しない限り、見直しは不可能なんだろうな(憤
「山の神」等と祭り上げられる選手が気の毒
経済効果ばかり書いてあって、カネの流れの全貌がイマイチ掴めない
2013年の記事 / 箱根駅伝がなぜ人気なのかググったらこの記事がヒット。視聴率20-30%のドル箱でショー化、大学の受験人数増加に効果、人間ドラマに加えてあの大学はだれだれちゃんの通った大学、という帰属意識に訴求。 / ““一…”
あまり深くは切り込んでくれなかった。。。
オリンピック競技でもないのに続けるのには理由があったのだな。>“一大ビジネス”箱根駅伝、人気の秘訣と経済効果〜巨額スポンサー料、大学の宣伝効果…(1/2) |
正月の一家だんらんにも、出身大学への帰属心にも訴える。(しかしオリンピックの金メダル競争には有益なの?) /
職員になってみるようになったけど、確かに手に汗握る。→“一大ビジネス”箱根駅伝、人気の秘訣と経済効果〜巨額スポンサー料、大学の宣伝効果…(1/2) |
正月はよ来い。:“一大ビジネス”箱根駅伝、人気の秘訣と経済効果〜巨額スポンサー料、大学の宣伝効果…(1/2) |
レースって人間の本能なんだと思う。 /
他1コメント
「正月と言えば箱根駅伝」というブランディング。 /
スポーツメディアイベントの威力!> 東洋大学の受験者は前年に比べて1万人増加、翌10年はさらに4000人の増加 Business Journal:
お陰で、マラソンが蚊帳の外 人気の秘訣と経済効果〜巨額スポンサー料、大学の宣伝効果…(1/2) |
金か・・・@“一大ビジネス”箱根駅伝、人気の秘訣と経済効果〜巨額スポンサー料、大学の宣伝効果…(1/2) |
「サッポロビールはテレビ中継が始まった1987年以来継続するスポンサーであり、そのスポンサー料は1回で10億円を超えるといわれている」>
メモ<
- ビジネスジャーナル/Business Journal |...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR