TOP > 政治・経済 > サイゼリヤに聞く、低価格&高収益の秘訣は“ブームを追わない”?商品開発、店舗運営… | ビジネスジャーナル

サイゼリヤに聞く、低価格&高収益の秘訣は“ブームを追わない”?商品開発、店舗運営… | ビジネスジャーナル

「サイゼリヤ HP」より 国内外に1000店舗以上を展開し、来日したイタリア人の間でも評判になるほど良質な料理を低価格で提供する、イタリア料理チェーンのサイゼリ…(1/3)...

ツイッターのコメント(16)

今まであまりサイゼリヤに行ったことがなくて最近行くようになって驚いたのが価格!

すげえなと思って調べたら企業努力が半端ないってことがわかった😹

バブル期以後、日本の飲食店数は激減してて競争率も厳しい業界なのにすごいわ✨株買おうかにゃ😸
サイゼリヤ行きたい
スマホ
「売上高経常利益率が平均5%以下といわれる外食業界の中で、貴社は10%を上回っています」 / “ | ビジネスジャ…”
へぇ〜。ちゃんと考えてるんだねー、感心。もっときちんと知ってもらえるようブランディングした方がいいんじゃない?/
サイゼリヤ行きたくなってきた /
何事もブームを追うことが収益に繋がるわけではない。とりあえず顧客にコスト的に満足感を与えるには人件費を削るのが一番楽。

@cyzo
1000円でビールと3品頼める。つまり居酒屋のセンベロと勝負できている。だからよく行く/
人件費を落として?商品開発に金をかけず?美味し過ぎ無い?ワタミと変わら無い様な気が…
@minamimitsuhiro: | ビジネスジ ”
「お客様を第一に考える」という企業文化、それこそがサイゼリヤのDNAと。対人援助サービスの福祉事業でも原則は同じだ。~
サイゼリヤ、低価格&高収益の秘訣 80年代バブル真只中でも安かった記憶がある。今の価格は円高分(当時より3割以上)下がっているように思う。それでも外食業界では利益率が高い。顧客が感じる値頃感の創出がイノベーション。
ミラノ風ドリアが299円、マルゲリータピザ、キャベツのペペロンチーノがそれぞれ399円の謎
- ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
サイゼリヤがすごいのは変に業態をいじらないこと。それがコスト意識につながる。“@biz_journal: ”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR