TOP > エンタメ > 草間彌生が見せる日本初公開&世界初公開作品。「我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである」がスタート|美術手帖

草間彌生が見せる日本初公開&世界初公開作品。「我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである」がスタート|美術手帖

15コメント 2020-07-30 07:46 | 美術手帖キャッシュ

草間彌生美術館で、新たな展覧会「我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである」が7月30日に開幕。本展では、すべての出品作品が日本初公開または世界初公開となる。...

ツイッターのコメント(15)

草間さんの作詞作曲の歌…マルチだわ。→ が見せる日本初公開&世界初公開作品。「我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである」がスタート|美術手帖
自分はトライポフォビアなんだけど草間彌生の密集はむしろ落ち着くのが不思議でしょうがない
いきたい。
草間弥生美術館にも早く行きたい…
うん、こっちは、もう自分の説明理論もっている。「内視現象」から発達した幻視アート。アボリジニのチュリンガとかと同じ。
《マンハッタン自殺未遂常習者の歌》(2010)は、草間自ら作詞作曲した曲を歌う様子が、様々なサイケデリックな背景とともに映し出される。スクリーンは合わせ鏡となっており、歌唱の様子が無限に反射される。
レポート:草間彌生が見せる日本初公開&世界初公開作品。「我々の見たこともない幻想の幻とはこの素晴らしさである」がスタート
きれいだなぁとか、なんかいいなぁとかなるのって、ほんと、何かの無駄遣い。。でもその思考は小さな頃からのすりこみ。心の底ではわかってたけどどうしてもほどけなかった。父の退職にてやっと自分を解放できる気分になった。父のくちぐせは自分自身に対する鼓舞。だった。
森美も始まるしオラファー滑り込みたいし早く東京よ秩序を…
見に行かなきゃ〜
コロナで海外へ絵を見に行けないし、こちらは何度か通うかな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR