TOP > エンタメ > 「内藤礼 うつしあう創造」が金沢21世紀美術館で開幕。過去最大規模の個展で「創造」と向き合う|美術手帖

「内藤礼 うつしあう創造」が金沢21世紀美術館で開幕。過去最大規模の個展で「創造」と向き合う|美術手帖

25コメント 2020-06-27 08:51 | 美術手帖キャッシュ

小さな人の像や絵画作品、光、水といった自然のエレメントによって、根源的な生の光景を出現させてきた内藤礼。その過去最大規模の個展となる「内藤礼 うつしあう創造」が、金沢21世紀美術館で開幕した。...

ツイッターのコメント(25)

先日観てきた その空間に自分が存在していることが心地良い展示だった
アートを体験しに今夜から行きませんか?車は出します。
あー、行きたい!!
内藤礼さんの個展。めちゃくちゃ行きたい。
休まなきゃ...と思いつつも、今日のタイミングでしか行けそうにない、金沢21世紀美術館で8月23日までおこなわれている内藤礼さんの大型個展「うつしあう創造」を見に行こうと京都から移動中...😇
レポート:
21世紀美術館のこれにすごく行きたいと思っていたところJR東日本で8月20日から新幹線枚数限定半額情報で、行こうと決めホテル予約したけど…諦めるしかないのかな😭
行きたい、行けるのか。
/
ああ、行きたい。8/23までかぁ。行きたいなぁ。
来月後半にどうにかいければ…。
明日これなので早く寝ますね。
ものすごく行きたみ
ものっっっすごく行きたいけど期間中に行けそうにないので諦めの境地……行きてぇぇぇぇ
一昨年の水戸芸術館での個展は今も忘れられない体験。こわいけど、行きたいなー→
これは行かねば!「過去最大」だそう。
とても行きたい。
21美に行きとうて行きとうて…うううううう。
「内藤を代表するモチーフである木製の小さな人や、空気で揺らめく白く細い糸、目を凝らさないと見えない無数のガラスの球体、あるいはガラス瓶や水滴、小型の電球、ベンチなどが、文字通り美術館の空間に溶け込み、地続きになっているような感覚を抱く」
必ず行きたい
「作品とは、見る人の心の状態やその人をうつしだすもの。目の前にあるものはよいものであると思いたい、思えるだろうか」

会期は8月下旬まで。行けるだろうか…
KAMU KANAZAWAと一緒に見にいきたいなぁぁぁ
グゥ 行きてえ〜……夏休み…行く…?
うつしあう創造」が金沢21世紀美術館で今日開幕です。

昨日行われた報道内覧で内藤さんご自身が「創造」という言葉について語りました。

※なお展覧会は日時制定なのでご注意を
小さな人の像や絵画作品、光、水といった自然のエレメントによって、根源的な生の光景を出現させてきた内藤礼。その過去最大規模の個展となる「内藤礼 うつしあう創造」が、…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR