TOP > エンタメ > 村上隆、NFT作品の出品を取り下げ。「再びNFTに挑戦したい」 |美術手帖

村上隆、NFT作品の出品を取り下げ。「再びNFTに挑戦したい」 |美術手帖

29コメント 2021-04-11 10:08  美術手帖

初のNFT作品を「OpenSea」に出品し話題を呼んだ村上隆が、その出品を取り下げたことを発表した。

ツイッターのコメント(29)

確か3000万円くらいの価格ついてたのに取り下げとはすごい勇断
今既にオークション始まってそこそこ経ってますが、NFTのシステムをERC721に替えてERC1155を使うことのよって、購入後の作品の分割を可能にしたと思われます。
このERC1155はこれまでのERCシリーズよりも自由度が高く、より複雑なスマートコントラクトを組むことができます。
え❗取り下げちゃったの⁉️😱
 ↓
NFTが加熱する中で、

いったん下がって検討し直すの

すごく賢明だと思う。

-----------------------------------

村上隆、

NFT作品の出品を取り下げ。

「再びNFTに挑戦したい」
NFTに全然詳しくないけど気になるので、この内容深掘りする記事あったら課金したい。
村上隆がNFTを取り下げた理由:
ERC721とERC1155は所有者の履歴が公開されており、安易に追跡出来る。ERC1155は手数料が少なく開発も容易であるが、MetaMaskが未対応なため、主流ではない。
"「作品のコンセプトを踏まえ、ERC721や1155のメリットとデメリットを考慮した選択」「独自のスマートコントラクトの要否」「独自ストアフロント構築の要否」「IPFSの要否」その他、さまざまなテーマに対して慎重な検討と議論を重ねて、"
結局、なんで取り下げたのか😕
現時点でのNFTのどこが良い悪いを自分は上手く言語化できないけど、どうにもコレジャナイなって腑に落ちなさはあって、同じように芸術家や蒐集者や社会が感じているなら一旦の仕切り直しは正解だと思う。"
ERC1155の仮想通貨としての扱い、手数料を考えると108画像の権利を与える価格と取引としては15ETHは安すぎる感じはした
村上隆、NFT作品の出品を取り下げ。「改めてワクワクしてNFTデジタルアートに取り組みたい」(2021/4/11)美術手帖
どこのプラットフォームでしはんねやろ🙏理解してて素晴らしい人ね🥺
まずはやってみることでより理解が深まることってあるよね。私もNFTに関してはそうだった。触って理解を深めることで現状の課題も見えた。トライアンドエラー大賛成👏
次の動きに注目してます…!✨
美術では使われないターム、分からな過ぎる... → 「ERC721や1155のメリットとデメリットを考慮した選択」「独自のスマートコントラクトの要否」「独自ストアフロント構築の要否」「IPFSの要否」>
決断早い。
6ETHくらいまでは見ていたんだけど、最終的にオークションはどのくらいまで上がったんだろう。

【 |美術手帖】
まずやってみて、学んで、次に進む。こういうサイクルを回せる人はかっこいいと思いました。
村上隆さんがNFTの可能性を確信しているということはそういうこと。
マジで仕組みを理解したいと思い続けて早くも3週間が経ってしまった
独自コントラクトじゃなかったんかー
テクニカルな議論を経て、OpenSeaを用いたNFT作品をいったん取り下げとのこと。
取り下げの記事はコッチだな。



まぁ村上隆さんレベルのアーティスト作品が、1枚売れて109枚分の権利がついてきたらヤバいだろな……
村上隆がNFTとそれを取り巻くブロックチェーン理解してんの能力高杉ワロタ

//「作品のコンセプトを踏まえ、ERC721や1155のメリットとデメリットを考慮した選択」「独自のスマートコントラクトの要否」「独自ストアフロント構築の要否」「IPFSの要否」
「まずはやってみよう」の精神で開始後、色々考えた上での出品取り下げはいいですね。トレンドに流されず、ちゃんと理解してからの再挑戦に期待しています。
やはりそうなりますよね。いまのNFTアートのマーケットプレイスは、これまでのアート作品のマーケットプレイスとしては最適化されていない。
↓これって
花の人個人(無名の新人とか)ならオープンシーでオークションやるよーって全然問題ないけど
後ろについてるものが大きすぎて1番ベストな方法でと止められたパターンな気がする
ちょっとびっくり。ただNFTから撤退する、というわけではなさそう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR