日本庭園「見浜園」の池に出現したあのマーク。松田将英の屋外彫刻作品《Ripples》をチェック|美術手帖

10コメント 2021-07-29 08:26|美術手帖

ツイッターのコメント(10)

これ、見てみたかったなぁ。
日本庭園「見浜園」に示された、松田将英氏による屋外彫刻作品。東京オリンピック会場、幕張メッセに隣接する場所でこその表現。90度回転し、半身を水没させ、陽炎で五輪を象徴した、まことに秀逸なプレゼンテーションだと思う。
粋だなぁ。五輪関連が全て「禅」の表現になっていたらさぞかし。
夜の公園。見浜園?と思ったら、茶道で訪れたことがあったのだった。
日本庭園「見浜園」の池に出現したあのマーク。松田将英の屋外彫刻作品《Ripples》をチェック
これをブラックボックス展の中の人だと書いたら五輪の昨今の案件みたいになるのかなと複雑な気分になるご時世だ。
オリンピックシンボルそのものを表現しているとは言い切れないこの作品は面白いけど、さすがに東京大会の開催中だとIOCか組織委員会から注意があるかも。
日本庭園「見浜園」の池に五輪マークが出現。松田将英の屋外彫刻作品《Ripples》をチェック|美術手帖
漫画やイラストでは描けないけどアートは許されるのかな。
以上
 
PR
PR