第24回TARO賞は大西茅布に決定。高校3年生、史上最年少受賞|美術手帖

31コメント 2021-02-19 16:11|美術手帖

ツイッターのコメント(31)

凄い絵やし見てみたい
岡本太郎現代芸術賞を受賞してたじゃん>
(続く)
たのもしーぞ🤘
いま話題の大西芽布さんなんかもそうなのかな。実物見てないけど。
第24回TARO賞は大西茅布に決定 - 高校3年生、史上最年少受賞 [美術手帖]

この十代の絵をTLで見て実際に自分の目でも見てみたくて行ったんだけど、すごかったね。圧倒される存在感というか、グワっと迫ってくる感じは見応えあった
絵画の価値は知らんが、テンプレ臭がうんざりするテーマ。
>受賞作となった《レクイコロス》は、「レクイエム」と「コロナウイルス」を組み合わせた造語。「コロナの悲惨さのみならず、なにか運命的なものに殺された人々の、怨嗟を合唱するためにつくった作品」だという。
富田林市の大西茅布さんが最高賞を受賞!!
おめでとうございます!富田林で凱旋展示をしていただきたいです!!
大西は高校3年生。TARO賞受賞者としては史上最年少だ。2011年より白日会の米谷花織里に師事し、油絵を学んできた大西。現在は大阪府立港南造形高校美術科に在学しており、東京藝術大学の受験を控える
これは凄い
ひえ〜高校生…!色がすごいきれい
今年ルンパルンパで個展を開催する大西茅布氏が、岡本太郎賞を受賞しました。同賞受賞者では最年少となります。大変喜ばしいことです。個展、ご期待下さいませ。
第24回TARO賞(岡本太郎現代芸術賞)は大西茅布さんに決定✨
高校3年生、史上最年少受賞
《レクイコロス》=
レクイエム&コロナウイルス
わぁ、モリソンさんが岡本敏子賞!
鉄の植物作品、初めて拝見する規模になっているみたいです…👀
岡本太郎美術館で展示やってるんだな。見に行こう。
生で観たいな。
スゴイ高校生!
アートの未来は明るい👏
とんでもない人おるなあ!!!!
第24回TARO賞は大西茅布に決定。高校3年生、史上最年少受賞

受賞作となった《レクイコロス》は、「コロナの悲惨さのみならず、なにか運命的なものに殺された人々の、怨嗟を合唱するためにつくった作品」
高校3年生も衝撃だけど、白日会の系統の画家でもあることの方が私にとっては衝撃。
高3で美術賞受賞もさることながら、この時点で油絵を45点制作してる事も凄いと思う。川崎の岡本太郎美術館に是非見に行かねば。
高校生でこんなに描けるのすごいわ。わざわざ藝大行く必要あるんやろかと思ってしまう。
こちらの記事の展示風景の写真の中に写る自転車、もしかして、なんかさくっと観ようとして適当に配信サービスで観た番組の中でちらっと出てきた卒展の方では🤔と思って検索をかけたらそうでした。
《レクイコロス》は、「レクイエム」と「コロナウイルス」を組み合わせた造語。「コロナの悲惨さのみならず、なにか運命的なものに殺された人々の、怨嗟を合唱するためにつくった作品」だという。
すごい。絵も素敵だ。
素人にも伝わる恐ろしい才能
藝大受験を控えたタイミングでの受賞。
以上
 
PR
PR