TOP > エンタメ > バンクシーが新作を発表。タイヤでフラフープする少女|美術手帖

バンクシーが新作を発表。タイヤでフラフープする少女|美術手帖

24コメント 2020-10-17 23:08  美術手帖

バンクシーが新たな作品画像を自身のInstagramに投稿した。

ツイッターのコメント(24)

ひょっとしてバンクシーって、壁の所有者がインスタ垢の開示請求とかしたら、だれかわかったりするの?
バンクシーなら新作発表。

無名作家なら落書きで逮捕
やってる事は、黒いBOXに書いてある落書きと同じだと思うんだよなぁ。自宅の壁に描かれたら速攻で消す。素人が落書きしたら犯罪で、高名な人が書いたら芸術? これってみんなが嫌いな上級国民扱いなのでは?
なぜ 建物の壁ばかりに絵を描くのだろう
バンクシーの新作に対していろいろ意味を言ってる人達を見たけど、
「作者はそこまで考えてないと思うよ」
って感じがする。
@bijutsutecho_ バンクシーの新作の解釈が話題にだけど、ノッティンガムがかつて、英国の自転車生産の都だったことは念頭に置いておいた方がいいと思う。英国を代表するメーカー(というか世界的ブランド)「ローリー」(ラレー)の創業の地で、大工場の名残が2003年まではあった。
これ、「ドキュメンタル・シーズン2・DISC1」のダイアン津田の母親が小さい頃の写真やん!
====================
最初rothesay avenueに意味があるのかと思った。
Rothe say......あるいはrothesay島か・・・。
うーん。わからない。
アートとして非常に素晴らしいのだが、こういったものが合法かどうかは国によって判断が別れるのだろう。
バンクシー展はいつ行くかね。
素晴らしい / (美術手帖)
私的には、持ち上げすぎで、持ち上げる人の方も問題ありだと思う。
…商店街のシャッターに落書きしてる人と、何ら変わりない。
そちらは駄目、こちらはOKの心理差別に人間の恐怖を感じるよ。
自分的解釈だと、持ち主は盗まれたあげくに壊れて捨てられた自転車に落胆するかもしれないけど、少女が遊具としていたならば心が救われるかもしれないという考え
これはアレだよ。死して屍拾う物なしっていう大江戸捜査網のテーマに対するアンチテーゼだよきっと🙄テーマはMOTTAINAI
これは壊れた自転車がセットッテことかな
ハーリングの鏡
タイヤ・・・フラフープ・・・? / (美術手帖)
美容院の壁に自転車のタイヤでフラフープをしている少女。

うーん今回のメッセージはなんだろな。
社会的な皮肉や批判にとるか、賞賛メッセージととるか、見る人とその立場によって、受け取り方が変わりますね。
最近、コロナ禍へのメッセージを描いてきたバンクシーですが、今回のメッセージは?
ストリートにアートが現れるのはバレンタイン以来‼️(地下鉄はあったけど)
バンクシーが自身のInstagramで新たな作品画像を投稿しました!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR