TOP > エンタメ > アメリカの博物館、3分の1が再開不可能か。財源の枯渇が課題|美術手帖

アメリカの博物館、3分の1が再開不可能か。財源の枯渇が課題|美術手帖

26コメント 2020-08-04 08:09 | 美術手帖キャッシュ

アメリカ博物協会が6月にアメリカ国内750以上の博物館を対象に実施した調査によると、新型コロナウイルス感染症による休館が長引くため、アメリカの博物館が財源の枯渇に直面しており、3分の1が再開できない可能性があるという。...

ツイッターのコメント(26)

アメリカ、意外なところが脆かった…。
アメリカの博物館、3分の1が再開不可能か。コロナで財源の枯渇が課題
アメリカの博物館の3分の1が財源枯渇で再開不能の恐れもあると言う。
もし真実ならこれは計り知れない損失。日本も他人事では済まされない。
アメリカの博物館、3分の1が再開不可能か。財源の枯渇が課題 アメリカ博物協会が6月にアメリカ国内750以上の博物館を対象に実施した調査によると、新型コロナウイルス感染症による休館が長引くため、アメリカの博物館が財源の枯渇に直面しており、3分の1が再開できない可能…
「博物館の永久的な閉館は、地域社会、経済、教育システム、そして私たちの文化史に壊滅的な打撃を与えるだろう。」
涙出る。
新型コロナで大打撃。アメリカ博物協会は米国内の博物館について3分の1が再開不可能となる見通しを発表した
日本もそのうちクローズする所ありそうよね
アメリカの博物館運営は日本やヨーロッパと違って民間主体だからなあ……文化事業の公共性を考えてしまう
日本は、美術展は時間指定入場にしたりしてるけど、博物館はどうだったかな??でも、感染者が、このまま増えたら、やはり、また休館になるだろうし。日本も、財源枯渇と言うのは、他人事では無いな(>_<)
アメリカ国内750人以上の博物館長を対象に調査を実施。そのうち、33パーセントの館長は、来秋までに永久閉鎖する「重大なリスク」がある、または運営継続できるかどうか「わからない」としている。また87パーセントの博物館の財政運営準備金が12ヶ月以下であり、56パーセン…
コロナは人間社会を潰しかねない。国会開かないのなんて言語道断。
ちょうど先週、ボランティア中心のオンラインパーティで「コロナが終わる頃には博物館も終わってたりして」というスライドを公開していたのですが、コロナ終わる前に終わりそう😅
これは深刻な状況。

日本はどうなのだろう。小さなところ、民間のところは特に大変なのではないか。

そしてもちろんそれ以外の国でも… とても心配。 / アメリカの博物館、3分の1が再開不可能か。財源の枯渇が課題 (美術手帖)
■アメリカの博物館、3分の1が再開不可能か。コロナ閉館による財源の枯渇が課題|美術手帖
日本はもっとあぶないのではないか?
こうした問題は米国だけではない。日本も同様。
世界の美術館博物館を巡る状況かなり厳しい
そんなぁ…
文化事業は大切なんだよ〜😭
アメリカの博物館(調査対象750以上)のうち3分の1で、財源枯渇のため来秋までに再開不可能となる危険性があるとのこと。恐るべきことだ。日本とは状況は異なるが、他人事ではない。
日本の博物・美術館もひどいことになってるだろう。

現状を知りたい。

アメリカの博物館、3分の1が再開不可能か。財源の枯渇が課題| やや悲観的なシナリオとはいえ、重たいですね。中長期的な公的支援を想定しても一定の取捨選択はあるわけで、こういう局面こそ、その施設が果たす役割についての意思や成果の提示が一層大切になるのだと思います。
ミュージアム先進国とされ、多くの動物園や水族館にもミュージアム的な思想と理念が流れ込んでいる米国での状況。注視したい記事です。
世界の美術館博物館をめぐる状況はかなり厳しい。コロナがもっと長引けばどうなることか...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR