TOP > エンタメ > 黒瀬陽平とカオスラのハラスメント、被害者が告発|美術手帖

黒瀬陽平とカオスラのハラスメント、被害者が告発|美術手帖

10コメント 2020-08-03 15:26 | 美術手帖キャッシュ

合同会社カオスラの代表社員を務めていた黒瀬陽平と、カオスラ関係者によるハラスメントを被害者の女性が告発した。...

ツイッターのコメント(10)

こういう案件では、被害者がこのような明確な形で告発することでのみ、事態は動きますね。
たとえばこれ。そもそも自分たちが黒瀬陽平氏に権威を与えたことの自己反省が全く感じられない。セクハラは見抜けなくても評者の知的体力を見抜けなかったのは、美術手帖なのに審美眼がなかったと自己告白している。
カスラジと言うと、ピクシブ株式会社の熱い協力の下、Pixivへの投稿作品を大量に紙に印刷してビリビリ破いて客に踏ませてこれが現代アートだ事件のあの…!
幹部からバイトまでただ一人の例外もなく、自分以外は素材程度にしか思わぬ人間ばかりの集合だろうからさもありなん。
アートワールドの嫌いなところが露呈したなぁ。
黒瀬陽平とカオスラのハラスメント、被害者が告発
≪後を絶たない一因として改めて考えたいのが、圧倒的男性優位の美術業界の構造だ。日本の美術界では、美術館の収蔵作品においても男性作家の作品が圧倒的に多く、またポジションでも館長クラスでは男性が8割以上を占める≫
ゲンロンとカオスラウンジって、パープルームのツイートで耳にするようになったけど、カオスラウンジ代表がこんなことしやがるなんて…💢 赦さん💢💢
カオスラは原発麻雀のとこなので元から印象が大変よろしくない。
問題の多重性と深刻さゆえ、関係者はもとより読む側が受ける心の痛みもまた大きい。多くの仕事場を渡り歩くなかで体験してきた多種多様なハラスメントの傷が蘇り、ひたすら耐えてきたことへの自責の念すら感じて。
とりあえずの事実のみを報じるという姿勢は理解できるけれども、あえて「美術界におけるジェンダーフリー」云々について黒瀬に聞いた記事の存在を示すなら、そこへのリンクもあるのが相応と考えるが。いかが?
「本件のような事例が後を絶たない一因として改めて考えたいのが、圧倒的男性優位の美術業界の構造だ。」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR