TOP > エンタメ > 都知事選、注目すべき文化政策は? 美術館の25歳以下無料や「都立自然史博物館」の新設も|美術手帖

都知事選、注目すべき文化政策は? 美術館の25歳以下無料や「都立自然史博物館」の新設も|美術手帖

31コメント 2020-06-24 08:30 | 美術手帖キャッシュ

7月5日に投開票される都知事選では、どのような文化政策が掲げられているのか。主要なものをチェックする。...

ツイッターのコメント(31)

欧州や中南米は原則無料。
若者の可能性を広げてあげてほしいな・・・

若年層の都立施設利用無料に。宇都宮健児候補
美術館25歳以下なら無料 とってもいい… 👀
美術、芸術はデジタルじゃ駄目なんです!現職ゆりこは全く分かってない!!
空間が大切。近くで遠くで右から左から質感、色彩、照明、全部大事だ。
演劇についての言及はほぼないけど、ゆりこさんのままだと生の舞台は排除されてくよ!デジタル化なんて本来の人のコミュニケーションの場である劇場や美術館、博物館の意義を理解してない!人と人が出会い、作品と生で対峙しないと!
宇都宮候補「都立施設(美術館や博物館、動物園、公園など)の入場料を25歳までの都民は無料にする」

共産党都議団としても条例提案したが、これこそワールドスタンダード。
新設案は今じゃないと思う。
まあ今回クッソ悩むだろうけどそれだけにいっそこの面だけで選んじゃうっていう……いやお勧めしきれんけど……あくまで参考情報のひとつに……
収入が減って非常勤キュレーターとか無資格職員が資料管理とかしそうだな。地元じゃ歴史資料に油性ペンで直接ナンバリングした奴もいたし。無償化のしわ寄せはどこかな?
若い頃、お金がないから昼夜のご飯抜いてお金を浮かせて映画や美術館にいく感じだった。

そんな選択をしないですむ事が実現できたら、新しい時代の人達がものすごい作品を生んでくれるよう時代がくるかも✨
都民じゃないから口出すのもあれだけど、いい加減「タダ」とか「安い」に釣られるのやめなよ。
そのしわ寄せは必ずどこかに行って、最終的に自分に返って来るんだよ。

金は使わなきゃ金持ちになれない。
>「東京からアジアに平和を発信」では、「東京都平和祈念館(仮称)」の建設

怪しげ!ww

>都平和祈念館建設のために都が収集した資料はなるべくすみやかに整理の上、市民のとり組みに貸し出します

市民?
都民じゃないのか、本当にそう言ったのなら思わず本音が出た?
自然史博物館を作るよりも東京都の自然史をまとめたアーカイブを作って誰でも無料でアクセスできるようにして、美術館の音声案内みたいな感じで都内の様々なコースを設定し、スマホ一つあれば実際の自然を散策しながら自然史を学べるとか、箱物で無く今のやり方があると思う。
25歳以下無料は是非実現してほしいなあ。柔らかい感性で本物に触れてみるって大事だと思う。
おお!宇都宮氏の25歳以下は美術館無料の政策、めっちゃいい。
これ、いつも思ってた。良い芸術を子どもたちにこそたくさん見せたい。
芸術の観点から見た都知事選。
面白い切り口。
こういう記事をもっと読みたい。
都立施設(美術館や博物館、動物園、公園など)の入場料を25歳までの都民は無料にするという宇都宮氏の考えに共感。
海外では学生証を見せればただだった。
建物作る前にちゃんと人を雇うべきでは。
この制作一点のみで決めて
山本さんに入れにいこかな
自然史博物館( ・∀・)イイ!!

デジタル化も無料もいらん
美術館ももういらない
25歳までは無料って…その倍トシ食ってるオレの立場はどないするねん🙎
そういえば、かつて東京都高尾自然科学博物館がありました。2004年に閉館し、跡地には八王子市立のTAKAO 599 MUSEUMという博物館(登録博物館かどうかは不知)があります。
宇都宮けんじ候補の「都立施設(美術館や博物館、動物園、公園など)の入場料を25歳までの都民は無料にする」政策、めちゃくちゃいいなー!やってほしい。。。若年層へ向けた文化施設の開放は、本当にとても大事な事だと思う。

都知事選、注目すべき文化政策は?|美術手帖
美術館の25歳以下無料や「都立自然史博物館」の新設も 7月5日に投開票される2020年東京都知事選挙。コロナ禍においては芸術文化分野も大きな影響を受けており、その影響が長期化する予想もされるなか、適切な文化政策は都知事に求められる…
若年層の都立施設利用無料や都立自然史博物館|美術手帖
都知事選で注目すべき文化政策をピックアップ。美術館の25歳以下無料や「都立自然史博物館」の新設も
都知事候補のミュージアム施策。もちろんこれだけで判断するわけではないですがそれぞれの視点で特色出ていて興味深い。
美術手帖が7/5都知事選候補者による文化政策の一部をまとめてくれている。そうか、ここに注目して考えるのもアリだな……(意外とあまりチェックしてなかった)
宇都宮健児さんの「重要政策01『働きやすく、くらしやすいまち』のなかにおいて、都立施設(美術館や博物館、動物園、公園など)の入場料を25歳までの都民は無料にする」に賛成。実際に本物を見て感じることで芸術文化に対する感性、興味が生まれると思う。施設維持にも役立つ
都知事選の主要候補がどのような文化政策を掲げているのか、まとめました。

小池百合子→デジタル活用で収益化支援
山本太郎→都立自然史博物館新設
宇都宮健児→25歳以下料金無料、東京都平和祈念館建設
美術館の25歳以下無料や「都立自然史博物館」の新設も
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR