TOP > エンタメ > 「表現の不自由展・その後」、台湾の美術館で開催へ。《平和の少女像》も展示|美術手帖

「表現の不自由展・その後」、台湾の美術館で開催へ。《平和の少女像》も展示|美術手帖

133コメント 登録日時:2020-01-17 22:35 | 美術手帖キャッシュ

「あいちトリエンナーレ2019」の一企画だった「表現の不自由展・その後」が、台湾の台北当代芸術館で今年4月に開催されることがわかった。あいトリで争点となった《平和の少女像》も展示されるという。...

ツイッターのコメント(133)

今年4月に台湾の台北当代芸術館で「表現の不自由展・その後」が開催の予定。台北当代芸術館は、日本統治時代に建成小学校として建てられたものだそうだ。親日家も多い台湾。トンデモ芸術で歴史的建築物を汚さないでほしい。懸念すべきは、暴力的極左団体アンティファの関与。
4月18日より台北当代芸術館にて。
「表現の不自由展・その後」台湾の美術館で開催へ。《平和の少女像》も展示

>植民地期も戦後も、台湾には様々な制限があった。展覧会を通し日、台、アジア、そして世界の『不自由』を考察したい

香港の窮状を他山の石とする誠実さ
必死で自画自賛に耽るアベ支配日本との落差
@arimoto_kaori @aotonsoku2 ‼️これ貼るの忘れてました‼️
日本で展示されていたものはスイスの人が買ったはず。これじゃ各地に設置されてる少女像と変わらない。極めてデリケートな二国間の政治問題をアートという事で片付けていいんだろうか?
今度は台湾でやるのか…
気に入らない表現は「差別・ヘイト」自分たちの表現は「芸術」なんていう誤魔化しで行うプロパガンダ展には全く芸術性を感じない。
日本の統治時代に建てられた小学校の建物がいま現代美術館になっていて、表現の不自由展が行われる!愛知は見せしめ的に締め上げられるかの瀬戸際で、どんどん日本は貧しくなりそうだ。→
これはどういう経緯なんだろうか。
"敵対勢力"による政治的な活動を禁止して内政干渉を阻止する新法「反浸透法」が成立したばかりの台湾で、何故こんな
日台関係分断を試みる展示が行われるのか。
かつての日本統治への贖罪感を与えて、国民党独裁時代のように日本は所詮"中華民國"の敵だと印象付けたいのか?
@ru1NIiBc86m6Th5 @6VIN4N2cfaUHnXN 話がそれますが、「「表現の不自由展・その後」、台湾の美術館で開催へ。」、この記事ご存知ですか?

台湾に韓国軍がやったことを知って、台湾の人達にどう思うかを任したい。
はずかしいからやめてー
ぜひぜひ、大喜びです。
日本(いまの政権)はどれほど中国共産党に似てるのを日本の人に知ってほしい。あとはね、親日国家ってゆ言葉まじでうざくて差別用語としか思わん、自分よがりのレッテル勝手に貼らないでくれる?O型って楽観的だね、的な星座差別みたい
台湾が穢れるのでやめて欲しい🙅
親日国家(地域)の台湾で、反日活動するつもりらしい…

もうマジで誰かコイツらなんとかしてくれんか…

/
2020年4月18日 台北当代芸術館(台湾)「表現の不自由展・その後」開催
またぁ┐('~`;)┌
日本を侮辱した作品群が世界を回る。
河村たかしが座り込み抗議のため台湾を訪問するかも!わはは。
しつこい!
日本で「表現の(不)自由」を巡って大論争を巻き起こしたアート展が台湾で解されるのか。これは意外。
/
台湾では冷静に行われることを、何故この国では冷静に行えなかったんだろうなあ、と思うわけですが。
对于台湾人
该展览是对日本人民的反日仇恨的宣传

(台湾の方々へ
 展覧会は、日本人に対する反日憎悪のプロパガンダです。)
もっかい帰るか…
こういうのも多様性あふれる台湾らしさではあるので、開催自体には否定しないよ。しかも日本統治時代や戦後の白色テロ検閲という歴史や中共への脅威も抱えてるわけだし。
「表現の不自由展・その後」に出てた「展示中止歴ない作品たち」も晴れて中止歴ついたからなぁ…

ある意味、「検閲ロンダリング」(笑)
えっ?!


1/17(金) 22:36配信

「あいちトリエンナーレ2019」の一企画として行われた「表現の不自由展・その後」が、今年4月に台湾の台北当代芸術館で開催されることがわかった。
2020.4.18~
台北の当代芸術館にて開幕

>>
え、これマジか。
台湾!騙されちゃ駄目だ台湾!
これ、中共韓国日本、三つ巴の反日芸だから、騙されないで!
世界で一番の反日国家日本からの反日輸出、大概にせいや。
@kawamura758
河村さんこれ…(-_-;) 今度は外国でこんな事に。
台湾の皆さん、これは日本ヘイトの展示会です。彼らは日本と台湾の友情に傷つけるつもりなのではないかと思います。こんな展示は許しちゃいけません!
#日台友好
日本の恥が台湾にまで💢
台湾政府は日台関係を考慮し中止させてください‼️
台湾の民主主義の到達度、文化的成熟度がこのような企画を可能にしているんだな、と。この展示をスキャンダラスなものにしてしまった日本の閉鎖性、後進性も浮き彫りになるはず。
日本政府、圧力かけるのかね。
「表現の不自由展・その後」、台湾の美術館で開催へ。《平和の少女像》も展示(美術手帖) -

なんで台湾に持ち込むかねぇ…
裏で中国が暗躍してるのか?(´・ω・`)
作品に関係なく完成にテーゼが1人歩きしてますよね…
キッタネーラ○ドールですねぇ。
マニア向けでしょうか?
台湾でもやるの?
国際的に日本を貶めることを目的としたディスカウントジャパン運動との連携が疑われる。
「表現の不自由」という看板が、単に慰安婦像を置くための「口実」になりつつある。

「表現の不自由」と一語枕詞を付ければ、政治的プロパガンダもやりたい放題というのは、余りにおかしい😡
これを台湾へ持って行ったと言うことは、明らかにC国のバックアップがあったと言うことではないかと推察される。
スパイ防止法もなく、国家と言うものを教えない国に育った官僚と政治家の能天気さ、諸国では左右虫全て愛国だが日本では愛国と言うだけで指をさされる
@iingwen
この展示は非常に残念です。
捏造及び日本を侮辱する内容です!
拒否してほしかったです。
やはり、台北當代藝術館(MOCA)か。



「あいちトリエンナーレ2019」の一企画だった「表現の不自由展・その後」が、台湾の台北当代芸術館で今年4月に開催されることがわかった。
美術手帖も後押しですか
落ちぶれた理由が美術批評にほど遠く政治色全開の紙面作りにあるのですがね
BTの役割は終えました
消えてください
4月18日から台湾で開催される予定です。
こんな事は許されない!
断固拒否へ向けて日本政府は台湾へ真実を発信するべき!

拡散お願いします。
台湾
「日本統治時代は特定の歌を歌えなかった。また白色テロの時代、戒厳令解除後でも一時的に様々な制限が。展覧会を通し、日本、台湾やアジア、世界中の『不自由』を考察したい」
お!見に行こうかな
" 「今回の展覧会を通し、日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」と "
愛知トリエンナーレは大罪になるのか?
平和の少女像は、日本の歴史修正主義者が抹消できない存在になった。
とうとう台湾に行くか…
この展示、
世界中の美術館を巡業するといいと願う。
世界の人が、これらの美術表現について捉えた本質を発信してほしい。
外からの視点を逆輸入して。
@iingwen 台湾総統選挙ご当選おめでとうございます!更なる日台友好に向けて、蔡総統にお願いがあります。この展覧会は日本における反日・反政府プロパガンダです。その様な展覧会を のシンボルである伝統建築「台北当代芸術館」で開催される事は許し難い。ご再考ください。
韓国による戦時性暴力非難と、日本のそんなものはなかった主張。ついには政治がらみで中止となった作品が台湾へ。
@NorihiroUehata 上畠さんへ。こちらのお話について聞いてみたいです。
どう思いますか?( )
で行われた「表現の不自由展・その後」は芸術でもアートでもありません。
ただの反日・反天皇・反皇室のプロパガンダ活動ですよ。
また美術手帳か
さすが台湾。いつまで開催してるのかな。連休中も継続してたら行ってみよう。
「表現の不自由展・その後」台湾の美術館で開催

平和の少女像の展示に加え、あいちトリエンナーレから6〜7点を展示。さらに台湾で検閲された音楽や文学、美術を展示し、台湾における文化表現に対する検閲を考察。
来月台湾に行くけど、4月にも行くかな。4月18日開幕~要調整
美術手帖、美術好きの私は以前よく図書館で読んでいた。(というか、眺めていた。買わなかったが)こういう記事に今あらためてこの雑誌を見直した。
表現の不自由展が台湾で開かれる。何の制限もなく。も展示される。台湾大好きネトウヨ評論家やジャーナリストは、この事をどう伝えるのだろう。桜井、竹田、金、等々。楽しみである。
「表現の不自由展・その後」、台湾の美術館で開催へ。《平和の少女像》も展示(美術手帳) 「(会場の)台北当代芸術館は、台湾初の現代美術に特化した美術館。レンガの建築は、日本統治時代に建成小学校(1919〜45)として建てられたもの」「開催理由については次のようなコメ
「台湾には現在、アートや文化に対する検閲はない。(中略)台湾の歴史を見ると、過去には様々な検閲が実際にあった。例えば日本統治時代の台湾では、特定の歌を歌うことができなかった(中略)日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」。
台湾ではなく、韓国でやれば満員御礼だろうに、わざと台湾でやって、そのうちパラオでもやるんじゃないだろうな?
台灣人は基本的に韓国人を信じていない。
だから台北当代芸術館でこの展示をするのが信じられないのだが。
台灣側の協力者はおそらく国際連帯委員会+国民党関係者。
国民党には大陸に取り込まれている議員がたくさんいる。
津田関係者は台灣を汚"セン"するのを辞めてほしい。
あー、今年は台湾に行けというお告げなのかも(^^)/
目くじらを立てて怒っている人も多いけどね表現の自由は侵せない。私はそう思いますよ
@KadotaRyusho ショックです。次は台湾です
皮肉抜きに、台湾は親日だよね。
←台湾が親日と言っている人、お元気ですか?
海外で日本を貶める…

全く理解不能です…
とは何か。台湾の動きに日本も学ぶべきだ。

台湾 美術館で など展示へ
「台湾にはアートや文化への検閲ないが、過去にはあった。日本統治時代は、特定の歌を歌えなかった。展覧会通じ、日本はじめ、台湾やアジア、世界中の『不自由』考察したい」
「日本統治時代の台湾では、特定の歌を歌うことができなかった。また台湾には白色テロの時代があり、戒厳令解除後でも一時的に様々な制限があった。今回の展覧会を通し、日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」
日本で問題となった他の展示も持っていくのでしょうか?
台湾サイドには問題になった経緯は説明されているのでしょうか?
今度は台湾です。
「今回の展覧会を通し、日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」
台北当代芸術館は諮問委員会を設立し、出品作品や作家に関して検討中。評価されなければ不自由認定。
芸術の政治利用とは情けない。@iingwen
あいトリ2019で抽選外れて結局何だったのか訳わからずなので、台湾行くしかないでしょう。
@bluesayuri 台北市で反日パヨクが「天皇陛下の肖像を焼いた有名な反日レイシズム展」のトリエンナーレを開催するようです。こういう異常な反日展示について、台湾有志の方々の内でも情報を共有いただけないものでしょうか。台湾にとってもトリエンナーレは敵と考えます。
( ゚Д゚) また可笑しな事を台湾でやるって?
展示内容に関して、《平和の少女像》の展示はほぼ決定しており、加えて「あいちトリエンナーレ2019」の不自由展から6〜7点を展示予定だという。さらに同展では、台湾において検閲された音楽や文学、美術なども展示
「あいちトリエンナーレ2019」の一企画として行われた「表現の不自由展・その後」が、今年4月に台湾の台北当代芸術館で開催されることがわかった。 「表現の不自由展・その後」は、日本国内にお…
アイツらこれをネタに世界中でジャパンバッシングをやらかすとは思ってたが、よりによって台湾とは。

( ˘•ω• )
こんどは台湾😩

せっかく台湾でやるなら、
チベット・ウイグル、臓器ツーリズム問題、
天安門事件や香港デモも扱ったらどうですか?

ライダイハンはお忘れなく。
「表現の不自由展・その後」、
台湾の美術館で開催へ。
《平和の少女像》も展示|美術手帖

他国に迷惑掛けるな!
💢💢💢
ネトウヨの皆さんは「台湾は反日!!」とでも言うのかな(笑)
ほう。これは台湾の方々の感想をうかがってみたい。
これはスゴい!それに継続的にあいトリ界隈のことを発信し続けているweb版美術手帖が素晴らしい/
え?あれはゲージツとは言い難…
"「例えば日本統治時代の台湾では、特定の歌を歌うことができなかった。また台湾には白色テロの時代があり戒厳令解除後でも一時的に様々な制限があった。今回の展覧会を通し、日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」"
中国の共産党独裁だとかウイグル・チベット迫害だとかテーマにする気概があればいいですけどね。
4月に台北の美術館で開かれるそう。台湾独自の企画もあるそう。観に行きたいなあ。
はっきり言おう。
このガラクタをアートだ、芸術だなどと言うのは、芸術を真面目にやっているアーティストに対し、無礼極まりない。
あいトレの恥を台湾で再現させようとする事に断固反対する‼️
なるほど。
右派日本人に台湾を攻撃させて、台湾と右派日本人を分断したい人が台湾にも日本にもいる訳ですね。

賢いやり方ですし、まんまと術中なハマる右派の方達は多そうです。
表現の不自由展、今年4月に台北の現代美術館で開催されることが決定。会場の当代美術館は日本の植民地時代の小学校だった場所。場所を変えることでキュレーションの物語を複層的な意味を与える点、土地の歴史性によって物語を豊かにする点でとても現代美術的な展開。
あいちトリエンナーレ
広島トリエンナーレ
からのまた変な開催を目論む奴ら!

日本だとバレちゃうから、
台湾で開催。

蔡英文総統に是非反日勢力も
中共と共に是正求む!
「表現の不自由展・その後」台湾の美術館で開催へ。《平和の少女像》も展示  「台湾には現在、アートや文化に対する検閲はない。台湾の歴史を見ると過去には様々な検閲が実際にあった。今回の展覧会を通し日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」
早朝のトレンド入り、アーティゾン開館とかではなく何とこのニュースが理由と(目覚めたの4:30…トレンド入りは昨晩からだったかも)
会場となる台北当代芸術館は日本が植民地支配してた時の建物。
今回も外務省は何かするのかな?
はて?あの像はスペインのお金持ちが買い取ると聞いていたが?
表現の不自由展・その後、台湾の美術館で開催。

「台湾には現在、アートや文化に対する検閲はない。しかし、アートや文学などはいまだに伝統的な考え方に制限されている。台湾の歴史を見ると、過去には様々な検閲が実際にあった。例えば日本統治時代の台湾では.
国の検閲や、たかし(アホ)を筆頭にあいトリで起きたネトウヨたちの過激な妨害の事実も併せてお披露目してほしいですね。
「あいちトリエンナーレ」の一企画として行われた『表現の不自由展・その後』が 今年4月18日、台北当代芸術館で幕を開ける。内容に関して《平和の少女像》の展示はほぼ決定しており、加えて あいちトリエンナーレの不自由展から6〜7点を展示予定だという。
反日実行委員会を放置した結果、ここにきてこれだ
あんなものを開催させた愛知県の責任は大きい
確信犯の知事に楯突くことのできなかった議会は、日本を貶める連中に加担したに等しいと自覚すべき
親日国台湾の方々に、日本国を愛する者の反日展への怒りが伝わりますように
ああ、招聘するような方もいるでしょうね。
河村たかしレベルばかりではないですからね、世の中や世界ってやつは。
なんだ、これも浸透作戦か
台北の人も気をつけて
台北らしいけど、名古屋で見られなかったので行こうかしら〜
ちょうど台湾旅行を考えてたからタイミングが合えば行きたいなー
日本を貶める事しか出来なくなった左翼連中。

日本国民は蔑む事をすれば間違いなく嫌われる勢力になるのが分かっているはず。左翼は日本に根付かない。

「表現の不自由展・その後」、台湾の美術館で開催へ。《平和の少女像》も展示(美術手帖)
”台湾の歴史を見ると、過去には様々な検閲が実際にあった。例えば日本統治時代の台湾では、特定の歌を歌うことができなかった。今回の展覧会を通し、世界中の『不自由』を考察したい“
「台湾の歴史を見ると、過去には様々な検閲が実際にあった。例えば日本統治時代の台湾では、特定の歌を歌うことができなかった。[…] 今回の展覧会を通し、日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の “不自由” を考察したい。」 (台湾当代芸術館) ⇒
掌返してネトウヨ怒りの台湾は反日認定かな
4月18日から台北当代芸術館にて。
「表現の不自由展・その後」再び。
4月18日から台北当代芸術館で。名古屋では見れなかったのでぜひ行きたい。
「表現の不自由展・その後」が台湾の現代美術館で開催されるそうです、
文化的にこういう広がりを持ったものだというのがわかるでしょう。
やっと日本の美術のキューレーションのレベルも世界で注目されてもいいくらいになった。何度もくりかえしやっていこう。
素晴らしいです。是非、巡回してほしい。
あいトリは続くんだね。
「表現の不自由展・その後」、台湾で4月に開催決定。台湾の人たちの評価を聞いてみたいものだ。(た) →
4月とのこと。台北行きたいなあ。パスポート取り直さないとだけど。 /
よし台湾行く!
(その前にパスポート再発行を…)
分断作戦だ。何してくれんねん💢

大村のせいだ
この企画展は今後どんな文脈をもっていくのか注視。表現とは誰のもので何のためにあるのか?自由とは?アートの意義は?公共とは?
自分の中でも明確な答えはまだまだ見えない。
台湾の同胞はこれがいかにひどいことか、裏に中韓の陰謀があるかわかってくれるはずだ。その反応に逆に期待したい。
台北当代芸術館/「例えば日本統治時代の台湾では、特定の歌を歌うことができなかった。また台湾には白色テロの時代があり、戒厳令解除後でも一時的に様々な制限があった。今回の展覧会を通し、日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」。
「今回の展覧会を通し、日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」

日本では"電凸"や脅迫が起きた展覧会。台湾の人たちがどう受け止めるのかすごく楽しみ。
 ↓
日本の民度は台湾に劣るということ。
「台湾には現在、アートや文化に対する検閲はない。しかし、アートや文学などはいまだに伝統的な考え方に制限されている。
今回の展覧会を通し、日本をはじめ、台湾やアジア、そして世界中の『不自由』を考察したい」。
ネトウヨが嫌がるから不自由な扱いになり、ますます嫌がらせしたくなる。嫌がらないでスルーすればいいのに。
ビッグニュースです。開催理由についてもコメントを取りました。
以上

記事本文: 「表現の不自由展・その後」、台湾の美術館で開催へ。《平和の少女像》も展示|美術手帖

いま話題の記事