TOP > エンタメ > あいトリ補助金問題、宮田文化庁長官が初の発言。「不交付決定を見直す必要はない」|美術手帖

あいトリ補助金問題、宮田文化庁長官が初の発言。「不交付決定を見直す必要はない」|美術手帖

46コメント 2019-10-16 12:50  美術手帖

あいちトリエンナーレ2019に交付予定だった文化庁の補助金全額約7800万円が不交付となった問題について、宮田亮平文化庁長官が参議院予算予算委員会で初めて言及。不交付見直しの予定はないことを明言した。

ツイッターのコメント(46)

このクソ展示に払うはずだった補助金はコロナ対策に回してほしい。
昨年の記事だが、こういう”長官”に具体的な支援策など期待するのがそもそも無理なんだろうな。支援金が出たとしても後で”お前そのカネ返せ”と言い出しかねないってことだ
宮田文化庁長官はこんな人ですよ、というリマインド
@shin_shr190506 その件について、腐れ立憲の福山哲郎はマスゴミと同じく検閲がどうのと不交付に反対しております。
わかりやすすぎて、もうどうしようもねえ。
昨年のあいトレへの補助金不交付の決済については文化庁長官ではなく、文化庁審議官が専決処分として行ったという。
ならば、今回の決済も審議官が行ったのか?
長官をすっ飛ばすのか?
いずれにしてもあり得ない、自国を冒涜する決定!
宮田文化庁長官は昨年「不交付を見直す必要はない」と話している。ではこの決定はどういう経緯でなされたものか。
この方針を堅持するものと思っていたのだが…。何があったのだろうな? こうなると関係筋の情報などない僕には、もうわからない。
あいトリ補助金問題、宮田文化庁長官が初の発言。「不交付決定を見直す必要はない」 …質疑で文化庁側からは、採択が決定した案件を不交付に覆した例はないこと、不交付審査にあたっては採択に携わった審査員への確認をすることなく、現地調査も行わないまま決定に至ったこ…
芸術家としての矜持ゼロ。
前からこうなのか、それとも政府の人間になって落ちぶれたのか。
金工作家であり元・東京藝術大学学長という経歴。
15日の参議院予算委員会質疑で。「不交付決定については、宮田長官が学長を務めていた東京藝術大学の教員有志をはじめ (中略) 多くの組織から撤回を求める声明が出ている」
補助金申請者の展覧会の開催にあたり、来場者を含め、展示会場の安全や事業の円滑な運営を驚かす(編集部注:脅かすの意か)ような重大な事実について、認識していました。それらの事実について、文化庁にまったく申請しなかったことによります。
補助金の交付内定取り消しの件

「その他公益性の観点から助成金の交付内定が不適当と認められる場合」

【公共の福祉】が【公益及び公の秩序】に書き換えられる世の中が恐すぎる
「モリカケと一緒」と言っている人がいるけど「問題無いけど疑わしい」という意味ではないですよ。
「証拠隠滅が一定の効果を上げた」って意味ですからね。
しかし、文化庁審議官が専決処分で行えるというのも凄いな。
“もし誤解が生じるようでありましたら、理解が得られるよう努力して参りたい…”
何か失言とか不祥事起こしたりしたら、すぐに“誤解”って言うけどこれって、『オレに落ち度は無ぇ!オメェらがひねくれてんだよ!!』って言う逆ギレ以外の何物でも無いので、今後使用禁止ね
あいトリ補助金問題、宮田文化庁長官が初の発言|美術手帖
「不交付の理由は…
展示会場の安全や事業の円滑な運営を驚かす(編集部注:脅かすの意か)ような重大な事実について…
文化庁にまったく申請しなかったことによります
決定を見直す必要はない
私には才能が無かったので受験出来なかったが、友人も通っていた自由闊達で今も憧れの大学だ。
宮田氏はそこの学長でもある訳だが、そう思えば思う程、彼の発言は残念だ。
至極当然の話。そもそも、苦情だらけの美術展なんて聞いたことないし、展示内容開示して、リスク羅列したら当然補助金対象外だったろうし。
確実に交付されるとか先に出して貰えるとか、そういった助成のあり方を求めてく方がまだ筋が良いんじゃないかな… 右側の展示で同じことが起きたら、と言う前に宇崎ちゃんの件が発生しててなんかもう言葉がない。 / “あいトリ補助金問題、宮田文化庁長官が初の発言。「不…”
不交付の最初の理由が「企画展を開催できない可能性があるから」で実際に再開されたら「ウヨが騒ぐ可能性を提示してなかったから」だと。結論ありきで理論も道義も何もないな。デストピアじゃん。 / “あいトリ補助金問題、宮田文化庁長官が初の発言。「不交付決定を見直す…”
民主的に公正とは手続きに瑕疵があってはならないことだと思う.おとなは障害や敵が予想されたならスキのない段取りや手続きをきっちりしないと.逆に手続き完璧なのに抑圧してきたら相手が誰でもはねつけられる. / “あいトリ補助金問題、宮田文化庁長官が初の発言。「不…”
文化庁の不交付を支持します。
宮田長官については‥いや、まぁ、その。
とにかく今は頑張って(>_<)
報道などから分かる時系列はこんな感じだ。そこに、この記事内に書かれている”文化庁からの中間報告進捗確認”を踏まえると。7月31日から事は動き始めていて、中間報告が出るタイミングで決定の発表をする予定だったのだろう…という推測は、高い確率で成り立つ。
なんであいのりに補助金が?と一瞬読み間違えた /
ふーん、覚えとこ。
お、これは法廷で争うことになる系かな?
宮田亮平 文化庁長官が初の発言「不交付決定を見直す必要はない」
≪不交付審査にあたっては採択に携わった審査員への確認をすることなく、現地調査も行わないまま決定に至ったことが説明された。決済については文化庁長官ではなく、文化庁審議官が専決処分として行った≫
文化庁長官ってもうこういうポストなのか…。 /
補助金不交付は、文化庁長官ではなく文化庁審議官の専決処分とのこと:不交付審査にあたっては採択に携わった審査員への確認をすることなく、現地調査も行わないまま決定に至ったことが説明された。決済については文化庁長官ではなく、文化庁審議官が専決処分として行った。
審査時点で「具体的な展示内容についての記載はない」のに採択を決定しつつ、特定の展示についての記載及び説明がないことを手続違反に問うのは矛盾する。前例のない採択決定案件を不交付に覆すことについて審査員に諮らず、しかも審議官に専決させるのはさらにおかしい。
イベントの開催後に誰かが安全を脅かす行為をしたら国は補助金を不交付にできる、という理屈を開陳する文化庁長官。テロがはかどりますね。/
愛知トリエンナーレの「表現の不自由展・その後」は助成金詐欺の疑いがあるようですね。
しっかりと明らかにするのがメディアの本当のお仕事ですよ。
期待しています。
さきほどシェアした美術手帖の記事が訂正されてます。7月31日に宮田文化庁長官のところに来たのは「不交付」の報ではなく「第一報」とのこと。いずれにせよ同日予定されていたレセプションの欠席という事象は起きていたので、ここがすべての始まりということなんでしょうね。
元職とはいえ、東京藝大学長が「壁と卵」の壁側に立っているというディストピア /
7月31日に第一報を受けたということは、きっと31日より前から議論があったのだろうけれど、開催前なのだからいきなり不交付ではなく、本当に手続き上の問題であれば指導や話し合いという形を取ればよかったのではないだろうか。
記事のタイムラインを参照(記事に訂正あり)
>不交付決定については、宮田長官が学長を務めていた東京藝術大学の教員有志をはじめ、美術評論家連盟、日本現代美術商協会など多くの組織から撤回を求める声明が出ている。

世論調査では不交付支持が不支持を上廻りました。
公金の支出は最終的には国民が決めること。
「7月31日 宮田亮平文化庁長官が不交付決定についての第一報を受ける」
開幕前で脅迫事件の前→"安全や事業の円滑な運営"を脅かされるとなぜわかる?
オリンピックも暑さで体調が崩す犠牲者が出たら補助金をやめるということかな…
@tsuda いや、これ開いた口塞がらないわ。
8月1日あいちトリエンナーレ開幕の前日にこれだよ。
これは逆に文化庁が藪蛇だわ。

補助金不交付決定のタイムライン

7月31日 宮田亮平文化庁長官が不交付決定についての第一報を受ける
文化庁に質問した議員、記事にフルネームの記載がないようだけど立憲民主党の福山哲郎議員( @fuku_tetsu )のことだよね。
宮田文化庁長官のこの答弁は、表面的にはテロへの加担。
その本質は差別を正当化するための歴史修正主義への加担。
の「宮田長官がんばれ」はこうして踏みにじられたんだね。
本当に、本当に宮田長官はこれでいいと思っているのだろうか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR