TOP > エンタメ > ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019で混乱続く|MAGAZINE | 美術手帖

ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019で混乱続く|MAGAZINE | 美術手帖

406コメント 登録日時:2019-08-14 08:34 | 美術手帖キャッシュ

「表現の不自由展・その後」の展示中止を受け、海外から参加しているウーゴ・ロンディノーネら9作家が新たに自らの作品展示の中止を『ARTNEWS』宛のオープン・レターで要求した。これで展示の辞退は11組に拡大する可能性がある。...

Twitterのコメント(406)

>ウーゴ・ロンディノーネはメインビジュアルにその作品が使用されており、ペドロ・レイエスとモニカ・メイヤーは「男女平等」を掲げる今回のトリエンナーレのキーパーソンでもある。どのアーティストが欠けても本来のあいちトリエンナーレ2019の姿は維持できない。
あいちトリエンナーレ、表現の不自由展の影響。まだ終わっていないよ、考えて日本人。
"ペドロ・レイエスとモニカ・メイヤーは「男女平等」を掲げる今回のトリエンナーレのキーパーソンでもある。"主語、目的語を考えて是非読んで欲しい記事
不正義を見過ごさない芸術家。賛同します。美術手帖もね。なかったことにすれば繰り返される。エスカレートしていく。その先はいつかきた道。
作品の展示中止に抗議するために展示辞退する作家が続出しているという記事。
こうなるよね。
「検証委員会後の、各紙上を確認しての問題点」
再開に向けての議論がない。
苦情などが多数あると、愛知県側(知事)が一方的に「中止」を継続。一度、意思決定機関である「あいちトリエンナーレ実行委員会」での正式決定をすべきである。検証委員会には、再開の権限がない
>「表現の不自由展・その後」の展示中止を強く非難するとともに、安全管理が徹底されたうえでの会期終了までの展示再開を主張。
ウーゴがポリティカルな訳ないのにな。因みに作品持ってるし会ったこともあります。NYで元々ファッション写真家やってた。今度会ったら説明してやろう。
混乱でも何でもなく、当然という気もする
「いくつもの企画の中の一つが没になっただけです、だから展示を続けてください」という言い訳は通用しないわ。
にとって重要な作品たちが見れなくなってしまうかもしれないとは...悲しい
憤りと悲しさと。開催側の準備、想像力が足りなかったことから起こってしまったことじゃないのかなぁと思う。

その立場にならなければ分からないことだとも思うけれど、想像することは出来たんじゃないやろうか。
@KadotaRyusho 門田さんはミスリードしてますね。
憶測でものを言うのは良くない。
作家達は表現の不自由展が中止されている限り展示を辞退すると言っているんです。
…(表現の自由を守るために)と題されたこのオープン・レターでは、「表現の不自由展・その後」の展示中止を強く非難するとともに、安全管理が徹底されたうえでの会期終了までの…
@megabi0 どうぞ。またどのアーティストも素晴らしい展示で、この言葉を書く作家さん達が出した意味も見れば十分理解できると思うので、ぜひ自分の目で来場して見ていただきたいです。
/津田さんの、「事後検閲にあたるから、排除しなかった」旨の公務員的発言では、この動きを、交渉では止められないかもしれない。大村知事とは、また、立場が違う。
まだ行ってないうちにどんどん展示作品が減っていくー!!どうしよう?!早く行くべきなのか、再開されるのを待つのか?!←その希望は今のところ持てない…
反日展示を再開すればええやん
ゲラゲラwwwww
政府がしっかりとした説明を国際社会に発信しないから、このような勘違いアーチストが出てくるんじゃないだろうか。⇒
「今回署名したアーティストたちは、あいちトリエンナーレ2019において重要な位置を占める作家たちだ。」
「『表現の不自由展・その後』が一般公開されていない間、トリエンナーレでの私たちの作品の展示を一時的に中止するよう主催者に要求する」。この期間限定、すごく重要。
「表現の不自由展・その後」は、展示中止にすべきじゃなかった。今からでも開始すべきだと思う。実際に自分で見て判断すればいいこと。
9月に行く予定なのに、あんまり無くなってたら嫌だなあ。
熊本の実家のことに集中していて帰ってきたら、あいちトリエンナーレがたいへんなことになってるな。海外作家9人が「安全を確保しての『表現の不自由展・その後』の再開を求めて」展示の一時中止を要請。これは表現の自由を制限することへの抗議なのに受け止められ方に違和感
非常にマズイじゃぁねぇかぁぁ…
モニカメイヤーさんの作品が展示取り下げになると、自らに起こった出来事を作品に提供した大勢の方の思いはどこに行ってしまうのだろう??
即完売していたサカナクション暗闇ライブに当日券が出ることになったのも同影響。中止にならなくて本当に良かった。というより決行してくださったチームサカナクションの皆様には感謝しかない。辞退するアーティストは苦渋の選択なのだろうな。悲しい。
「表現の不自由展・その後」の展示中止を強く非難するし、安全管理が徹底されたうえでの会期終了までの展示再開を主張「出展するアーティストの声や作品を守ることは、倫理的な義務。表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利」
あいちトリエンナーレ行く予定です。
観たい作家さんからも中止要請出てるけど、事態変化してその頃には観たい作品観られるはず!みたいな気持ちでいる私。
ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示辞退を申し入れ。あいちトリエンナーレ2019で混乱続く|MAGAZINE
ああ、美術手帳が「辞退」もしくは「中止」と表現しているからかな?でも正しく「一時停止」という表現が使われている部分もあるし、そもそも原文の「suspend」を確認してるのになんで?
@_UpMoon あらら....、当然の結果かな?
見出しの言葉に違和感。「混乱」は誰のせいか。を踏みにじった政治家たち、脅迫した奴らのせい。
「表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利である」。まったくだ。不愉快ぐらいで中止にされたんでは商売あがったりだろう。天皇万歳と日章旗を振ってる群衆を見る方がはるかに不愉快なんだがね!
当然の主張。「表現の自由を守る」という事の重要性を、「何一つ考えてなかった」責任者である大村愛知県知事の罪は重い。今すぐ再開すべき。無論、それによる非難は受け続ける責任が大村愛知県知事にはある。
ウーゴロンディーネは自分の母親を間抜けだと罵倒され写真を焼かれて踏みにじられても「芸術」だと言うならそれでいいんじゃないの?
@Sondonko 主催者である大村知事が、一切触れず、ほんと逃げ回ってるとしか思えないね。
「表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利である」
早く止めちまえ!
それも含め全て津田大介と大村知事の責任でしょ。
二度と彼らには公金を使う「芸術祭」に関わらないで欲しい。
ボロボロだね。いいトバッチリ、作家さんたちも。
自分の口が封じられているのに、日本人の危機感のなさや、鈍感さはどうしようもないところまできているとしか・・・。悲しくなる。
あくまでも事の本質は「歴史修正主義汚染」だと思ってるけど、ここまで鈍感だと、海外アーティストの反応により日本社会の病理が広く知れ渡ることも大切かと。
開催国の現状も知らず、日本人へのヘイトに加担するゲージツ家ならいらないんじゃね。
ゲージツは自由なんだし辞めるのも自由でいいよ。
IN DEFENSE FREEDOM OF EXPRESSION
出展するアーティストの声や作品を守ることは、
倫理的な義務だと考えています。
表現の自由は、
いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、
奪うことのできない権利である
" 検閲された芸術家との連帯の公共の印として、『表現の不自由展・その後』が一般公開されていない間、トリエンナーレでの私たちの作品の展示を一時的に中止するよう主催者に要求する "

ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019
「表現の不自由展」を壊した連中は、それによって「日本で行なわれる国際美術展」そのものを壊してしまった。こうして日本はますます「表現の自由がない国」としての知名度を高めるわけだ。 / “ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示辞退を申し入れ。あいちトリエンナ…”

このような誤解に適切に説明すら出来ない日本の美術界って、、。
「あいちトリエンナーレ2019」に参加している海外作家たちが、一斉に声を上げた。
「検閲された芸術家との連帯の公共の印として、『表現の不自由展・その後』が一般公開されていない間、トリエンナーレでの私たちの作品の展示を一時的に中止するよう主催者に要求する」
>出展するアーティストの声や作品を守ることは倫理的な義務だと考えています
津田大介芸術監督はこれを自らの仕事と考えておらず、誰かが自動的にやってくれるものと考えていたのだろう。/「表現の不自由展」海外から参加している9作家が自らの作品展示の中止を要求
「検閲された芸術家との連帯の公共の印として、『表現の不自由展・その後』が一般公開されていない間、トリエンナーレでの私たちの作品の展示を一時的に中止するよう主催者に要求する」

新たに、9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019で混乱続く
津田、東、大村のせいで展示が減っていく・・・
どのアーティストが欠けても本来のあいちトリエンナーレ2019の姿は維持できない
@ohmura_hideaki 大村知事

ウーゴ・ロンディノーネさんをはじめ、新たに9作家が展示中止を要求されたそうですね。



まさか、 『検証委員会が報告するから。』と、
説明を避けられる事はありませんよね。
催事の総責任者は 愛知県知事 です。
この記事だけでは、彼らの中止要求の理由がよくわからない。
政治活動家の行為もすべて「芸術」と考えるなら、彼らのおごりでしかない。
当然の反応だ。
政治家や有力者の機嫌一つで展示が取り消されるような美術展に、真っ当なアーティストだったら誰も参加したがらないだろう。
このままだと日本の芸術が後退する。中止に追い込むやり方をした連中の罪は重い
見る側の、選択する自由もある。
公金開催(ここが間違い)→非難殺到→ヘタレ理由(安全確保できない)で中止→参加作家が抗議。公金なし開催→非難殺到→表現の自由を理由とで開催継続。これが正しい→
表現の自由を守れと言いながら展示中止を要求って、なんだかよく分からないな。
出展するアーティストの声や作品を守ることは、倫理的な義務だと考えています。表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある
当然。日本がおかしい
「表現の不自由展・その後」の展示中止を強く非難

安全管理徹底の上、会期終了までの展示再開を主張

出展するアーティストの声や作品を守る事は、倫理的な義務だと考えている。表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利である
ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019で混乱続く(美術手帖)


↑このタイトルは誤解を生むなぁ。他の芸術家も闘っているのだ↓

…展示中止を強く非難するとともに、安全管理が徹底されたうえでの会期終了までの展示再開を主張。
文化の表現の不自由さを訴えた企画展示のはずが、行政と企画側によって、不自由そのものな展示となってしまった。
問題となった展示を外して再開というのはどうなんだろ
こんな事態を引き起こしたのは「表現内容への介入は検閲だ」という妄想をして監督責任を果たさなかった大村知事に責任がある。
さっきの東さんのあとにこれ読むと日本社会への「響かなさ」に悲しみ増す…。:
「表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利である」
ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019…
当然のアクションだし賛同するんだけれど、未だ全部観てない…😢

「あいちトリエンナーレ2019」参加作家たちが展示辞退を申し入れ
「検閲された芸術家との連帯の印として、『表現の不自由展・その後』が公開されない間、私たちの作品の展示を中止するよう主催者に要求する」
「出展するアーティストの声や作品を守ることは、倫理的な義務だと考えています。表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利である」「Freedom of expression matters.」(表現の自由は重要である)
なんでもかんでも「アート」「表現の自由」と言えば許されるものではない。
美しくないものもアートという「現代アート」。
あああ日本のアカンとこがどんどん…💧
この記事は当初「展示辞退」というタイトルになっていたが、「展示中止」と書き換えられた。一時的な中止であるという意味合いが正しい。「表現の不自由展・その後」再開の為の運動! → ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019で
@KadotaRyusho
アホ共。逆。不自由展が中止に追い込まれた事に対する抗議と連帯の為。当然の国際標準。中止に追いやったここの連中共他を非難する為。何で世界のアート家が圧力中止を支持すると思うのだよ。しかも世界では支持され得ない日本戦時加害モチーフ歴史修正主義方向圧力で。
「孤独のボキャブラリー」と「The Clothline」はすごく印象的な、この企画を象徴しているような展示だった。
いやあ、ウーゴ・ロンディノーネの「孤独のボキャブラリー」ってあいちトリエンナーレ2019の半ば看板作品じゃん、ルートの途中にでっかく置かれた部屋ごと作品になってるじゃん、それに引かれたら通れなくなっちゃうじゃん、あるいはぽっかりと穴が空いちゃうじゃん。
ま、こうなるわな。要するに津田氏や知事の「反体制ごっこ」がまさに「ごっこ」だったことがバレた瞬間。
@KadotaRyusho ーー『表現の不自由展・その後』が一般公開されていない間、トリエンナーレでの私たちの作品の展示を一時的に中止するよう主催者に要求する というのが作家の声明ですが、本当にちゃんとこの件に関するニュース読まれたんですか?
もし行けたらロンディノーネは絶対に体験しようと思ってたのに。わたしから表現に触れる機会を失わせた奴らは本当に許せない。
メンソール部屋の人も展示中止要請か。おもしれーじゃん。表現の不自由展を即時再開するのが理想だが、それができないならピエリ守山になるのも悪くない。
メインになってる作品が見られなくなってるのは相当痛い。
展示中止は真っ当な考え
そうだよねえ… 河野市長、こういう風になるって思ってたのかな。思ってなかったのかな。大村知事も大変だなあ…
一作品の問題ではなく、全体の問題までも含んでいるはずです。」は、この状況への危惧、あるいは予言です。その時点では誰も言ってなかったけどね。
極右連中が騒いで政治家連中がこぞって非難してテロ予告まで出てきて中止に至った経緯を丸っと無視して「津田が悪いんですよぉ」等とヘラヘラしたところで、取り下げた芸術家たちはもう一度腰を抜かすんじゃないか。 / “ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示辞退を申…”
なんてことだ /
「検閲」という誤った言葉から発生した流れは何とも腹立たしいが、結果的に愛知トリエンナーレの失敗となれば、責任の所在は誰になるのでしょうかねぇ。
こうなってしまったら、日本社会に対して表現の自由に関して問題提起をするという美術監督の目論見以上に、日本社会はダメだというreputation damageだけが残るという最悪の結果なんではないか?
一から出直さないと、国際的な美術展を開けない国になりかねない。
日本のオリンピックでは、記録が信用できないから参加できないと、主要な選手が言い出したみたいな話。
「 「表現の不自由展・その後」の展示中止を強く非難」「安全管理が徹底されたうえでの会期終了までの展示再開を主張。「出展するアーティストの声や作品を守ることは、倫理的な義務だと考えています。表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある」」
3年に一度の芸術のお祭り。批判ばかりではなく、対話と歩み寄りで解決できないのだろうか。残念だ。
このピエロのやつ結構気になっていたのに
ここで踏ん張れなかったら、日本は地獄に敢えて堕ちたいアホな国。雇われ為政者、いい加減にしろよ。
またいくころ変わってるかもな。
展示中止がいかに間違ってるかって事ですよね。
バッシングしてる連中は、何があっても津田と大村と少女像のせいにしておけばいいと「学習」しちまったな。いくら「日本の恥」を垂れ流そうと元よりどうでもいいんだろうから / “ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示辞退を申し入れ。あいちトリエンナーレ2019で混乱…”
【 | 美術手帖】
嘘であって欲しい。多くのスタッフの安全も守らないとならない。展示再開は難しい。
これはまっとう。すぐに再開すべし。で、中止を決めたのはほかならぬ大村知事と津田なのに抗議し適切な対応を求めた河村市長や抗議すらしてない菅さんを叩いてるコメはなにと戦ってるんだ?脳みそあるのか? / “ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示辞退を申し入れ。…”
税金を使ってるんだから政治的な作品は相応しくないとか言ってたワイドショーのコメンテーターには誰が非難されているのかわからないだろうね。 /
あぁこれはマズイです。
ピエロのやつはパンフレット表紙のメイン作品だったりするんですけど。
日韓問題について特段、利害関係がない諸国のアーティストたちが、なぜ、今回の展示中止を問題視しているのかを不思議に思わないのかな。展示中止が異常事態だからでしょ。
「表現の不自由展・その後」の展示中止を強く非難するとともに、安全管理が徹底されたうえでの会期終了までの展示再開を主張。
「『表現の不自由展・その後』の展示中止を強く非難するとともに、安全管理が徹底されたうえでの会期終了までの展示再開を主張」(そうだ再開しよう) / | 美術…”
当然、予想された展開。
ロンディーノやらブルゲラやら、反日コーナー以外もネオリベ活動家だらけで芸術家と呼べそうなのがいない、どういう基準で選んだのか説明してよ、ブタ君( ̄▽ ̄;)
これはとても残念
「出展するアーティストの声や作品を守ることは倫理的な義務だと考えています。表現の自由はいかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利である」

ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示中止を要求
だめだこりゃ。/
「主催者にテロ防止などを要求するのは過大」ってご意見もあったけど、「そうじゃないよ」っていう話。
ガソリン撒けとか調子づかせた奴らのせいだよ /
これは、、、
今回のトリエンナーレの顔のような作品だったのに😢
早めに行っておいてよかった。。。
.
.
.
新たに9作家が展示中止を要求

安全管理が徹底されたうえでの会期終了までの展示再開を主張。「出展するアーティストの声や作品を守ることは、倫理的な義務だと考えています。表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利である」
もうね、、、、。
関係者、きちんと説明必要だね。
もちろん、企画側の〝アート〟に対する〝理念〟なるものの提示を含めて。
これがなければ単なる〝言い訳〟
良し悪しの判断は難しいけど、ここまで話題になると逆に行ってみたいと思う人も増えたはず。
--
見事な連携。中止に至る経緯に異論があるなら中止決定者への抗議が適当であって、このような「表現の自由が侵された」と公表する事は筋違い。
これは悲しい
とても悲しい
観客としては展示中止は
避けてほしい
運営側のアーティストの間の
信頼関係を再構築して展示続行してほしい
あまりにも残念
他国でありながら、この国の判断の残念さに対し表現者として動くべきだと思ったのだろうけど、そこで自分達の作品を動かすのはどうか思い留めて欲しい。
今の日本に置いておくと「退廃芸術」と烙印押されて焼かれそうだから?
「「検閲された芸術家との連帯の公共の印として、//トリエンナーレでの私たちの作品の展示を一時的に中止するよう主催者に要求する」と自らの作品展示の中止を求めた」👏👏
日本が表現の自由後進国だと世界に知れ渡りました。
「出展するアーティストの声や作品を守ることは、倫理的な義務だと考えています。表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利である」
新たに9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019で混乱続く|
日本には表現の自由がないと世界中に発信され完全に芸術家たちからそっぽを向かれたと言うことです。
うん >表現の自由は、いかなる文脈からも独立して擁護される必要がある、奪うことのできない権利である :
@ohmura_hideaki 検閲だなんてありもしない言い逃れするからなんの問題もない作家の辞退なんて引き起こしてしまってますよね?
検閲の話は早く撤回してくださいよ。
嘘に嘘を重ねるからこういうことになるんですよ。
炎上目的でアートを利用した芸術監督と保身に走る知事はそろそろ事態の責任を取っては如何かと思う。
ほんとこれ。→
ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019で混乱続く(美術手帳) 「「IN DEFENSE FREEDOM OF EXPRESSION」(表現の自由を守るために)と題されたこのオープン・レターでは、「表現の不自由展・その後」の展示中止を強く非難するとと
二人に続く人が出てきた。
作家側だけに言及するとしたなら、引き上げるに至るまでに対話の余地はなかったのか、言葉を尽くしてからではないのか、作品の説得力も落ちるのではないか、という意見を見かけてそれが一番私の思いに近いなぁと思った。意志表示の方法も勿論自由なのだが。引き上げ残念だね。
これは大村知事が「検閲」などという責任逃れの誤ったメッセージを発したことが原因。
芸術家自らが、ようやく声をあげはじめた。というか、一般人には見えなかっただけの話でしょう。自身の出品が、他の展示と無関係であるわけがない。
素晴らしい!
アートとは「自己表現」であると同時に強烈な「自己主張」でもある…という自負があるのだろうな。
プライドのある表現者なら、脅迫に屈することを受け入れることはできないでしょうね。
ここまできてしまうと、次回からの開催自体が危うくなるんじゃないかな。あまりメディアでは取り上げられてないようだけど。
そりゃ、そうなるよ



「海外作家たちが、一斉に声を上げた」
「出展するアーティストの声や作品を守ることは、倫理的な義務だ」
「Freedom of expression matters.」
世界と日本の意識の乖離。
この件、小川彩佳あたりが目力を発揮しそうな気がするのだが、再展示すればいいと思うんだよ。でも、できない。天皇の写真焼却や特攻隊の侮辱を報道すれば、一般国民の怒りはこんなもんじゃない。それを主催者もテレビもわかっている。現代の大本営発表で表現の自由を叫ぶ。
署名したアーティストは、あいちトリエンナーレ2019において重要な作家たち。どのアーティストが欠けても本来のあいちトリエンナーレ2019の姿は維持できない。一層混迷。
"検閲された芸術家との連帯の公共の印として『表現の不自由展・その後』が一般公開されていない間、トリエンナーレでの私たちの作品の展示を一時的に中止するよう主催者に要求する"
宮台先生の批評を聞いていたので理解できる。反発を招きそうなものに関しては、予め警察と連携し、別会場でボディチェックを行ってでも最後まで展示すべきだったと。
レニエール・レイバ・ノボ。
この件について河村名古屋市長とついでに吉村大阪府知事は早急にコメントを出さないといけないのでは
ややこしい声明になると外野はついてこないかなー
「表現の自由は重要である」
などと主張しながら、連帯せずに作家が展示辞退してしまう意味がわからない。

どういうこと?

「話が違う」「対応に失望した」などと作家の口から率直に表現してくれたほうが納得できるし色々と見えてくると思うんだけど。
あのね『美術手帖』。「混乱」だの「混迷」だのっていうなよ。これを。作家の良心に基づいた表現の自由を守るための抗議だろ!混迷させてるのは憲法違反のバカ市長!一層
環境に応じての自動翻訳機能には、ユーザーの意思で原文を参照できる仕組みが一組になっていないと駄目だと思うんだが。原文を参照できない
ウーゴ・ロンディノーネの展示、結構人気あったように感じたので影響でかそう /
もっと見る (残り約256件)

記事本文: ウーゴ・ロンディノーネら新たに9作家が展示中止を要求。あいちトリエンナーレ2019で混乱続く|MAGAZINE | 美術手帖

関連記事