TOP > エンタメ > 金沢の新鋭美術館「KAMU kanazawa」でレアンドロ・エルリッヒの新作が完成|美術手帖

金沢の新鋭美術館「KAMU kanazawa」でレアンドロ・エルリッヒの新作が完成|美術手帖

13コメント 2020-07-21 07:00 | 美術手帖キャッシュ

アートコレクター・林田堅太郎が、6月に石川・金沢市にオープンさせた美術館「KAMU kanazawa」。新型コロナウイルスの影響により制作が遅れていた同館のレアンドロ・エルリッヒの新作が7月23日より公開される。...

ツイッターのコメント(13)

なんてこった。。
あああ行きたい・・・が今は我慢。/
週末は美術DAY...ー
あっ…めっちゃ行きたい
レアンドロの新作が金沢で。
すぐ近くに有名な「スイミング・プール」があるのに。
金沢、贅沢だなぁ。

この螺旋階段、上から撮った写真じゃないんですよ。
🎨21世紀美術館の近くだから人気出そうです👍
アートコレクター・林田堅太郎が、6月に石川・金沢市にオープンさせた美術館「KAMU kanazawa」。新型コロナウイルスの影響により制作が遅れていた同館のレアンドロ・エルリッヒの新作が7月23日より…
レアンドロ・エルリッヒの作品は香川県でも常設で3作品あります。女木島にある「不在の存在」「二重の茶室」。昨年出来た「ランドリー」も健在。まあ、エルリッヒ本人はかなりチャラいです。笑。
金沢にこんな美術館できたんだ。エルリッヒの作品めっちゃいいな。しかも常設展示。気になるし、金沢に行きたいんだけど行けるのは来年とかかな。
金沢にこんな美術館あったんだ
螺旋階段を横倒しにしたような造形の作品で、鑑賞者が作品のなかに入って楽しんでもらう体験型のインスタレーション。エルリッヒが得意とする、現実と錯覚の世界を誰もが体験できる。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR