TOP > エンタメ > 世田谷美術館が「作品のない展示室」を公開。美術館のあり方を改めて考える|美術手帖

世田谷美術館が「作品のない展示室」を公開。美術館のあり方を改めて考える|美術手帖

30コメント 2020-06-30 09:06  美術手帖

6月2日に再開した世田谷美術館が「作品のない展示室」を公開。世界中で美術館本来のあり方が問われるなか、その空間や美術館の機能にフォーカスする。会期は7月4日~8月27日。

ツイッターのコメント(30)

美術界版の4分33秒的な感じですかね。僕的には前衛的すぎる。
世田谷美術館、おもしろいことするなー。いい美術館だとおもふ。
面白いことしますね。
きになる
「作品のない展示室」展…いいなぁ。こういう企画好き
般若心経の「空」のやうな。
歩いてみたい。手元に10枚くらい作品カード持って、頭の中で掛ける順番を考える。
作品のない美術館 行ってみたい
入場料無料みたいだけどむしろ数百円とかお金とって欲しかったな
すごい試み。行ってみようかな.
世田谷美術館が「作品のない展示室」を公開。
東京・荏原にオープンしたsame galleryでの盗めるアート展など、芸術のあり方がどんどん変わっていっている気がする!わくわく
「作品のない展示室」が伝えるものとは? 世田谷美術館が提示する美術館本来のあり方
「生活空間としての美術館」「オープンシステムとしての美術館」「公園美術館としての美術館」をコンセプトに設計された美術館を、ままの建築として「素」で体験できるのか…
どうなんだろう…これは行ってみたい…
良いなぁ行きたい
ジェラール・ジュネットの論文か何かで、似たようなコンセプトを見た気がする。
こういう試みは面白いし、いろいろ考えたくなる。
これは良いかも。
砧公園に遊びに行きがてら寄りたいな。
超goodアイデア
施主がグチャグチャしだす前の、建築家が意図した空間そのままを体験できる機会なんてそうそうないので超貴重
あっ、これはいいかも。ちょっと行きたいな
世田谷美術館が「作品のない展示室」を公開。美術館のあり方を改めて考える …6月2日に再開した世田谷美術館。同館の1階展示室で、「作品のない展示室」が公開される。会期は7月4日~8月27日。 いま世界中の美術館では、海外からの作品借用が困難になるなど、予定されていた…
こういうの見てみたい。
世田谷美術館も居心地が良いんだよね😊
"6月2日に再開した世田谷美術館が「作品のない展示室」を公開。世界中で美術館本来のあり方が問われるなか、その空間や美術館の機能にフォーカスする。会期は7月4日~8月27日。"
ちょっと気になる
いいな。これ行きたい。
すてきなこころみ
入場料を設定すればよかったのに。
これはこれでちょっと見たい。/
世田谷美術館が「作品のない展示室」を公開。美術館のあり方を改めて考える
無心になれそう、行こうかな /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR