TOP > エンタメ > 『週刊少年ジャンプ』の原画はアートになるのか。集英社・岡本正史が語る「マンガアート」事業のねらいとは?|美術手帖

『週刊少年ジャンプ』の原画はアートになるのか。集英社・岡本正史が語る「マンガアート」事業のねらいとは?|美術手帖

35コメント 2021-03-07 08:44  美術手帖

『週刊少年ジャンプ』をはじめ、マンガ作品を掲載する媒体を数多く持つ株式会社集英社が、マンガ原画をアート作品のようにエディション化して販売する新事業「SHUEISHA MANGA-ART HERITAG...

ツイッターのコメント(35)

●さてパーソナルデータ市場に話を戻すと、唯一無二のとても個性的なプラチナデータは「作品」に近い。これが主流だとしたら、データを表象するトークンはNFTって可能性も十分すぎるくらいあるわけで。プラチナデータの非代替性に価値の源泉があり、ともいえるのです。
マンガアートいいね👍
マンガもアートも大好きだから
すごくいいと思う
読むメモ。
面白い発想だなぁ、というか思いついてもやりきるの大変だな、と思ったら、この方藝大出身なのね。だからってワケじゃないだろうけど、得心でもある。
視野の広いビッグビジネス!複製原画との違いやお金の流れも、なるほどです
これはバカ売れ。
原画はどんな悪い状態でも原画だから価値があると思うんだけど。いかにも原画のような言い方だけど要はハイクオリティの印刷物だから「原画ならではの…」とか言うのもおかしい。漫画家に印税率を高くして還元するのはいいと思うけどね。
なるに決まってる!
ジャンプに限らず!
『週刊少年ジャンプ』の原画はアートになるのか。集英社・岡本正史が語る「マンガアート」事業のねらい


<マンガ原画を数量限定のエディション作品にすることで、マンガに美術品としての価値を与える>

印刷技術を駆使して「作品」になるよう原画をアップデートし、売る。
そろそろ漫画原画自体のアート市場が出来るんじゃないかと思っているのだが、それには作家が原画を手放さないとだからまだしばらくは先かな
マンガ原画をアートに。ブロックチェーンで価値やオリジナル性を担保😆金髪さん👏✨ /
本当もはやアートよね、皆思ってる。
確か精華大学でも、竹宮先生が複製原画の取り組みしてたんではなかったっけ。
NFTが広まれば、こういうの簡単になるんだろうなー。最近、スポーツチームもアーティストもどんどん発行してるしなー。
超好き。集英社さん、やっぱすごい。

🎨SHUEISHA MANGA-A
まさか美術手帖で「週刊少年ジャンプ」という単語が書かれた記事を読む事になるとは夢にも思わなかった😱
 ↓
『週刊少年ジャンプ』の原画はアートになるのか。集英社・岡本正史が語る「マンガアート」事業のねらいとは?|
ファングッズになるかアートになるか /
前職時代すごい可愛がってもらった集英社のオカモト先輩。なぜ可愛がってくれたかはサムネご覧の通りピンクで金髪仲間だから……
ジャンプって輪転式の活版印刷機で刷ってんのか…!知らんかったよ?!
キャラクター系のの版元が多い日本が、コレクターズ文脈(NFTに限らず)で世界にイニシアチブを発揮できないと本当に遅れをとってしまう。ジャンプあたりが本腰入れてやらなければいけない。
昨日のVoicyライブ収録で取り上げた話題のひとつなんですが、ちょっと解像度低く喋っちゃったな反省。
作家への印税を設定
絶対になる!!!!! / (美術手帖)
NFTが話題になってますが、漫画の原画をデジタルアーカイブして限定販売したら、作品によりますがかなり高額になりそう。ニッチ作品でもファンがあれば必ず売れると思うし、新たなビジネスとして可能性高いですね。
集英社による原画をアート作品として売り出す試み
まんが美術館や各原画展など、原画にフォーカスすることは以前からあった中で、市場があると見込んで踏み切ったとのこと。
・ファングッズではなくアート
・ブロックチェーン技術による証明書
・漫画家への高い還元率
など
原稿とアートの閾:「原稿自体は最終形じゃない中間制作物なので、ただデータベースにあるものを印刷しても、作品としての強度は持ちえません。高度な印刷技術で原画の持つ魅力を最大限に引き出しながら、数を絞って生産し希少価値を高めることで、はじめて「マンガアート」」
集英社が、マンガ原画をアート作品のようにエディション作品「マンガアート」を生産し販売する新事業をスタート。プロジェクトを統括する集英社・デジタル事業部の岡本正史に、事業の狙いや展望を聞いた
思い入れのあるカットとか額装して飾れたら嬉しいだろうな。印刷の話も面白い。
お、金八さん!前回IMARTでは、アーカイブのセッションに出てもらいました。
美術手帖WEB版から。
「マンガアート」のエディション販売、ブロックチェーン活用のインタビュー記事。
ワンピースをはじめとする『週刊少年ジャンプ』の原画をアートとして販売するという集英社の面白い試み。

たんなる収益化だけでなく、マンガ原画のアーカイブ化やマンガ家の収入確保など多角的な目的があるのがミソ。
350年前のフェルメールの油彩画はいまも状態を保っているのに、マンガの原稿はたった35年でかなり厳しい状態になっている。
だから原画については各地のマンガ専門美術館やマンガの研究機関を持つ大学などと情報共有・相談しながらアーカイブを進めることが大事。
美術手帖
いい事だと思うけれど、年貢の取り立てが厳しそう💦

『週刊少年ジャンプ』の原画はアートになるのか。集英社・岡本正史が語る「マンガアート」事業のねらいとは?(美術手帖)
…「マンガアート」を販売する新事業「SHUEISHA MANGA-ART HERITAGE」をスタートさせた。マンガ原画を数量限定のエディション作品にすることで、マンガに美術品と…
日本のマンガアート事業は独自の新しい市場が生まれるように感じました。日本の強みであるマンガに期待。 / (美術手帖)
こういうのを自社発でやれちゃうのが集英社の強みよな。是非、冨樫先生のマンガをベクシンスキー的アートに昇華して欲しい感
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR