ソール・ライターから白髪一雄、鳥獣戯画まで。2020年に注目すべき展覧会ベスト20|美術手帖

23コメント 2020-01-01 00:39 美術手帖

アーティゾン美術館をはじめ、京都市京セラ美術館や弘前れんが倉庫美術館など新施設の開館が続々と予定されている2020年。オリンピックで国際的な注目度も高まるなか、20年に予定されている大規模展覧会より、...

ツイッターのコメント(23)

ソール・ライター、今度こそ観たいなー。
やはりほぼ東京になるのよね
オラファー・エリアソン展は観に行こう、
ピーター・ドイグ行きたいなぁ
Bunkamuraのソールライター行きたいな。冬の寒い時期になんとなく。
例によって東京の美術館が中心ですが、五輪が終わらないことには ──
「鳥獣戯画」トレンド入りの理由はこちら↓と考えてよいのかしら?
ソール・ライター、ピーター・ドイグ、ロートレックは必ず行く!
美術展って、話題になってから駆け込みで行きがちなので、会期開始とともにすぐ行けるように今年予定を立てていきたい。

そのための参考になる記事👇
 
PR
PR