なぜ「中国ウイルス」はダメで、「南アフリカ変異株」はOKなのか - 黒色中国BLOG

「中国ウイルス」はダメで、「南アフリカ変異株」はOKとは、一体どう言う理屈なのか https://t.co/FKciwVjTN5 — 黒色中国😷 (@bci_) 2021年1月31日 元はラージャオさ...

ツイッターのコメント(18)

解ったような解らないような…。
記事ではなく香港・台湾の日常会話ではコロナをどう呼んでるだろうか。
これもぶら下げとく、ブロックされてるけどw
🇿🇦差別は辞めろ‼️絶対に辞めろ‼️さもないとマンデラ氏が許さないぞ‼️シャカ・ズールー氏が許さないぞ‼️
「ウイルスの名前」と「病名」では、基準が違うのね。
確かに、素人にはわかり辛いな。
武漢ウイルス呼称、台湾や香港では見られてたんだ

VOC 202012/01 (英国変異株)入力だるいなーと感じていたから変異株の地名呼称は規定化されててセーフで良かった
ウイルスの変異株については、病名と違って地域名で区別するのが慣例という事情があるそうです。
つまり、「SARS-CoV-2の武漢型株」「同ウイルスの南アフリカ変異株」とは言うが……ということらしいです。
病名に国名とか地名つけないのは、センシティブだからとかじゃなく、単にそういうルールだからってこと?
ウィルスは自由に命名できるから気にせずにOKみたいだし。
なるほど。病名とウイルス名はルールが別。
ウイルス名、今のとこ変異株のタイプについては、国名ありで、病名について国名つけるのは良くないってことなのか。
なら武漢肺炎ウィルス
>・病名
>・ウイルス名
>この2つは「別」ということです。
なるほど!分かりやすい。
しかし一部の反中派の方々が「武漢○○」という言い方に固執してるのは、結果的に中国方式になっているのは皮肉なものだ。
なるほど、「武漢肺炎」はだめで、「武漢型」株は可、ということかな。
なるほど!だから武漢とか中国はNGワードなのにイギリスや南アフリカならOKなのか。後者2つは「中国」と言う場合と違い差別的意図は皆無だが、にしても医学の閉じた世界だけで通用するWスタっぽい基準だな。
さっきの私の疑問に答えたblogを見つけた。
さすが、いつも早い。ありがとうございます。
以上
 
PR
PR