TOP > エンタメ > BASEMENT-TIMES > RADWIMPS...

RADWIMPSが売れた理由は気持ち悪かったし、もう気持ち悪くないから。 - BASEMENT-TIMES

62コメント 登録日時:2018-08-06 17:49 | BASEMENT-TIMESキャッシュ

「今一番売れてるバンドって何ですか?」 難題だ。何と答えてもいじわるな音楽好きに難癖付けられそうだ。猫のアイコンのおっさんにハッシュタグ付きで140文字パンパンに詰まった文句のリプライが送られてくるのが目に浮かぶ。 ミスチルとかB...

Twitterのコメント(62)

ほお。
こういう分析の観点が
私にはなかったから面白い!
そもそも帽子のセンスが嫌 で笑った(笑)
こういう記事書けるライターがまた絶滅してなかった、ゆんか生き残ってたゆんか、出てきてくれたゆんか、。
Newアルバムが12/12に発売!2年前から温めてきたアルバムがどんなテイストになってるのか楽しみ。
いや〜ほんと。RADすこ
めっちゃ納得した
そしてこのサイト面白い
"初期は強固なファンをつかむために女々しくて気持ち悪い歌詞を、中期は音楽的に圧倒的に認められるような楽曲を、そして最近はさらに多くのファンを獲得するために大衆にも響くストレートな歌詞を。"
マジでこの人の記事おもろいし、めっちゃ同感出来るんだよな。こんな文才が欲しかった。
この記事めっちゃ面白い
めちゃめちゃいい記事だなぁ。
最近の洋次郎とか見てても、音楽と合わせて人間性もカッコつけることなく自分のやりたいようにやってる。
RADはほんとにかっこいい。
あんちゃ@annin_book のツイートのところからこれみたけど、確かになぁーと思った。

ヨージローが、ラジオで
「やりたい音楽をやって聞きたい人だけ聞けばいい」
って言ってたのを思い出した。

とは言っても、ちゃんと戦略も立ててるし。

そりゃ売れるわ!

▼記事どうぞ
音楽やバンドマンへの愛をすごく感じる。
洋次郎の帽子のセンスに毒づくあたり、小学生の低学年時の好きな子に意地悪しちゃうような愛を感じます。
それと読みやすさぱねぇ。
この記事おもしろい
特定の誰か一人に向けられたような作品が結果として大衆性を得るっての、コンテンツ作成では定石なんだろうな。受け手が自分に贈られたメッセージだと思って自分ごと化してくれやすいもんな。
女々しさ70%オフ前が好きでした。
"八方美人的な歌詞じゃなく、刺さる人にだけ刺さる、ある意味気持ち悪い歌詞を書き続けてきたが故に今の人気がある"
👆これどんなことにも言えるよね
そうなんだよラッドは4枚目までの初期の鬱屈なそれがラッドたる所以の根っこな気がする。歌詞だけだとレディへのcreepみたいな。
「バンドの初期」の捉え方とか「『前前前世』の一発屋」という声に対する考え方が自分と一緒だったのでシェア。
見られたくなかっただろう
顔を

帽子を被らなくなって

進化したよなー

と思うわけです

ます。
面白い。ただ、洋次郎さんはそこまで考えてなくてその時々のベストな音楽を出してるだけな気がする。

いつのRADも好きやけど、昔は歌詞が斬新で良かったっていう視点だけやったけど、自分が楽器始めてからは、めっちゃ演奏かっこいいやん!ってなって結局ずっと楽しんでる。
笑った。書いた人めっちゃRAD 好きじゃん。
分かる(わかる)
あいみょんもそうかもね、言い回しがキツイから分かる人にしか分からないし、分からないと思った人はずっと分からない。今更分かりあおうとしても分かり合えない寂しさがあるね。
わかるすぎる
昔は本当に洋次郎の信者っていうくらい好きだったな、、
わかるw ホントセンスが高いバンドだよね。

''もう決めたもん俺とお前50になっても同じベッドで寝るの''

こういう人の話全然訊かない感じな。このもう、歌詞の中に出てくる"お前"の気持ちなんか一切無視で一人で突っ走って行っちゃう感じ。ナチュラルにストーカー気質。
ファンの子がYouTubeのコメント欄に親のスマホで必死に書き込んだアツい愛のメッセージに勝てるわけがない。どんな音楽ライター崩れが言葉をこねくり回して褒めたたえた文章よりも、本気でそのバンドを愛してる子のああいう書き込みが一番真実味がある。
的を射すぎていてこの方もなかなか気持ち悪い(褒めてる)
んー面白い書き方
気持ち悪いからってのわかるw「相手を好きな自分に酔いしれてる」猟奇的なまでの愛情表現を歌にしてて若干引くんだけどそれが癖になるんだよなw
私は「心臓」と「25コ目の染色体」がなかなかに狂ってるなぁと思いつつ魅せられたナンバー。
「そもそも帽子のセンスが嫌」で草
ほんとそれって5京回うなずく
彼らに限らず、インディーズからのし上がったバンドは昔からだいたい同じような流れよね
やっぱうちらの世代からするとRADって前前前世の前から有名だったよね
初期はわしも歌詞世界苦手すぎて聴けなかった、、今は色々含めて単純に野田すげえって
そう、そうなの、わかる、って思わず唸った。
“ファンの中学生の子がYouTubeのコメント欄に親のスマホで必死に書き込んだアツい愛のメッセージに勝てるわけがない。10代の文字の筋力に勝てるわけがない。” / “radwimps-sales”
ホームで思わず首を縦に振りながら読んだ。野田はどう思うかわからないけどね。
ちなみに私はRADWIMPSが売れようが売れまいがどうでもよくて、ニコニコ野田が歌ってくれたらそれで良い勢です。
すごくわかるぞw
これに関しては全文に渡って同意しかない
「初期は強固なファンをつかむために女々しくて気持ち悪い歌詞を、中期は音楽的に圧倒的に認められるような楽曲を、そして最近はさらに多くのファンを獲得するために大衆にも響くストレートな歌詞を。 」本人がどこまで意図的だったかは定かではないけど、納得感ある記事。
いちファンとして私は全て共感しか感じなかったおもろーい
レミオロメンじゃなくてバンプの方を意識してたらしいゾイ。あっちが西洋ならこっちは東洋みたいな感じだった。
ラッドはかっこいい、洋次郎もすごい、けどラッドになりたいやつはどうも無理
洋次郎みたいな帽子かぶってるやつ見ると吐く
顧客(ファン)獲得のうまさが光る野田洋次郎。ちょっとマーケ的?
間違いないので読んでください
面白い!笑えた!
たしかにこの方が言う初期は私も初期だと思うし、相当気持ち悪かった。(めっちゃ好き)
ただひとつ、ギアチェンジしようとしてしたんじゃないと思ってる。どんな時も野田洋次郎だから。
うーばーはきもちわるい
めちゃくちゃ面白かった…
書いた人天才か
「女々しくて気持ち悪い歌詞」のところを始め、あちこち共感の嵐でした。その、いわゆる「気持ち悪い歌詞」にどハマりした青春時代。神のように崇めてたというのも、わかる。毎日毎日聞いてたなぁ。
あの頃も今も変わらず、大好きです。
@YojiNoda1
最後がカタカナのラッドウィンプスなのがなんかいいね|
中3ではじめてRADを知った。
テレビに全然でないのに周りのみんなはRADを知ってたなあ。

mixiもまだ流行ってなかった頃だったけど、みんなどうやって知ったんだろう。
「怖いし普通に引く、そもそも帽子のセンスが嫌」ここめっちゃ笑った
そうそう、女々しくて気持ち悪くて大好きだったですよね / “radwimps-sales”
「ファンの中学生の子がYouTubeのコメント欄に親のスマホで必死に書き込んだアツい愛のメッセージに勝てるわけがない。どんな音楽ライター崩れが言葉をこねくり回して褒めたたえた文章よりも、本気でそのバンドを愛してる子のああいう書き込みが一番真実味がある。勝てない」
よく分かってるなあ。10年来のオタクが読んだ感想です。
すごい分かります。本当にその通り。
ほんとこの人の記事は面白い。ギアチェンジのくだりとかすげぇなるほどーってなった
あいかわらず面白い。(゚∀゚)<好き。
石左さんほんと言葉のセンスがすごいからとても好き
ラッドが前前前世で売れたと思い込んでる自称音楽好きのおっさんをナイフで滅多刺しにする(比喩)のが趣味です
地下室TIMES好きだけど、今回めっちゃ普通。毒にも薬にもならないふつーのことしか言ってない。まあ初期から人気だったよ、って確認になるぐらいか。
以上

記事本文: RADWIMPSが売れた理由は気持ち悪かったし、もう気持ち悪くないから。 - BASEMENT-TIMES

関連記事