TOP > エンタメ > BASEMENT-TIMES > バンド好きなサブ...

バンド好きなサブカル女の家にはなぜ浅野いにおの漫画が必ずあるのか - BASEMENT-TIMES

50コメント 登録日時:2017-10-27 18:30 | BASEMENT-TIMESキャッシュ

 うみべの女の子に憧れた結果タダのアバズレになってる黒髪ボブのみなさんこんにちは!今日もバンドマンと愛のない性交渉、してますか!! セールスで言えばジャンプ漫画を始めとする王道バトルモノ漫画には二三歩劣るところではあるけれど、良きにしろ、悪きにしろ、浅野いにお先生は2010年代最もカルチャーに影響を及ぼした漫画家だと思うんです。そういう意味で本当に偉大な御人だなと。この人がいなか...

Twitterのコメント(50)

凄く面白い考察
洋楽ロックと邦楽ロックとはどう違うのかを検索してたら何故かこの記事に。
題名でくっそ笑った
センスの塊やん
こういうタイトルだけで好きになれるような記事が書けるようになりたい
おとはすと浅野いにお展いきたい
>「現代の若者特有のリアルな憂鬱」うまく言葉にできない概念ですけどするとしたらこんな感じ。

これもそのうち”エモい”みたいに現代若者の手で新しい形容詞が生まれるんだろうなあ
去年の記事だけどこの人の記事思ってたこと先読みされてて衝撃うけた。私はただのカルチャー女だった。
最高のサイトに載ってた
うみべの女の子に憧れた結果タダのアバズレになってる黒髪ボブのみなさんこんにちは!今日もバンドマンと愛のない性交渉、してますか!!

下記の記事の入りの文章が最高に好き!
サブカル女に親を殺された良い熱量
このサイトの記事まじで1つ残らず面白いしこの記事は本当に面白い
ほんとこのサイトの記事面白すぎる
こんな読ませる文章よく書けるなぁ
いにお最高傑作はデデデデになる予定なのでみんな読んでくれよな
痛いところ突くな。最近のサブカル女子の部屋にはそれらに追加して女性アイドルの写真集があると思う。
"BECKならわかる。日々ロックならわかる。バンドやりたくなるし、バンドやってると勧められる。けどBECKはサブカル女の本棚にはない。ギタリストの男の家のギターマガジンの横に並んでる。そういう漫画。"
こういう、横の共通点を探す行為、学術的で好き
バンド好きで浅野いにおの漫画が家にある俺は実質サブカル女
久しぶりに石左さん(@ishihidari )の記事読んでるけどまじで好き天才ひどい
もうみんな死んでしまえって事。
メンヘラエッセンスの入ったサブカル女の家には必ず浅野いにおの漫画がある。Tシャツがある。バッカスのジャズベースがある
浅野いにおの漫画にTシャツにbacchusのジャズベって俺じゃんか…!?!!?!
どこからよんでも面白すぎるんだけど
>バンドはオマケ。ウォーキングデッドのゾンビがオマケなのと同じ。

ここクソ笑った
ゲラッゲラ笑う、痛快
読んでると、全身の細胞がやめてくれぇぇぇ_:(´ཀ`」 ∠):
ってなった…!!!!!
笑わずに読むのは無理
岡村靖幸とDAOKOのコラボとバッカスのベースの箇所で声出して笑ってしまった…
こういう、生産性とかとか全く関係のない、どうでもいい無駄口叩きながら、素敵なひととおいしいご飯とおいしいお酒を囲みたいものです。
死ぬ程良い記事だった。辛辣の雨、共感の嵐。薄々勘付いてはいたけどクリープハイプが引き合いに出された時点で刺さり過ぎて100回死んだ。サブカル好きでファッションメンヘラのみんな、是非読んでくれよな!!!
おもしれーなー。
この記事、めっちゃ好き
高校生のころ付き合ったバンドが好きなボブの彼女がそうだった。すべてはあれが始まりだった
家にくそ浅野いにおの本あるわ
うるせえな
多感な中学生の頃にいにおビッチ先生とQJとサブカルが最強だと思って育ったんだよばーか
まぁ何となく言いたいことはわかる。
これはなかなか面白い記事だった。
ねえこの記事私のこと殺そうとしてる
記事読んでないけど浅野いにおの漫画は持ってる
さいこーだなー笑
調子悪くね?
無事死んでいます。黒髪ロングの俺……。
以上

記事本文: バンド好きなサブカル女の家にはなぜ浅野いにおの漫画が必ずあるのか - BASEMENT-TIMES

関連記事