TOP > スポーツ > ヤクルト坂口、1回表終了後に負傷交代 走塁中に送球が左脇腹を直撃 | BASEBALL KING

ヤクルト坂口、1回表終了後に負傷交代 走塁中に送球が左脇腹を直撃 | BASEBALL KING

12コメント 登録日時:2019-03-06 19:26 | ベースボールキングキャッシュ

◆ ボール直撃も、すぐに起き上がり本塁生還 ヤクルトの坂口智隆外野手が6日、オリックスとのオープン戦(京セラD大阪)で負傷交代した。 坂口は「1番・一塁」で先発出場。初回に相手先発・松葉から四球を選ぶと、続く青木の中前打で二塁へ進んだ。一死後、4番・バレンティンの打席で、バッテリーミスに乗じ三塁へ。このとき、捕手・若月の三塁送球が左脇腹を直撃した。 ボールは坂口に直撃した弾...

Twitterのコメント(12)

火ヤク庫はいいけど ヤ戦病院なると 優勝どころかBクラスの危険もある
8回からしか見れなくて、9回なんで村上がファースト守ってんねんと思ったら負傷だったのか・・・。坂口9回ベンチで仁王立ちしてたけど。
ヤクルトの野手だと坂口選手応援してるのだけどつばみが坂口選手が好きなんだよね~ 両思いだもんね~👍
怪我が酷くないことを祈ってます!
不安。元々怪我から調子を落としてついにオリックスでは復活できなかった選手なので、いいトシだし。
誰も怪我をしない完全にやさしい世界の野球が見たい
そういうことか。大事に至らなければよいのですが。
ニュースになってた。
以上

記事本文: ヤクルト坂口、1回表終了後に負傷交代 走塁中に送球が左脇腹を直撃 | BASEBALL KING