TOP > IT・テクノロジー > 【本田雅一のAVTrends】“4Kテレビが暗い”原因と誤解。消費者守る対策を望む - AV Watch

【本田雅一のAVTrends】“4Kテレビが暗い”原因と誤解。消費者守る対策を望む - AV Watch

79コメント 登録日時:2019-12-03 07:39 | AV Watchキャッシュ

大型テレビの多くが4K対応、それもBS/CS4Kチューナー内蔵機となった今年。高精細・広ダイナミックレンジといった特徴を備えた4K放送が、一般の家庭にも手軽に届くようになった。そうした中で「映像が暗く見える」という指摘が、当初よりあったことは事実だ。その原因は、本来は広ダイナミックレンジ(HDR)ではない映像を、HDR映像規格のひとつであるHLG(ハイブリッドログガンマ)に...

ツイッターのコメント(79)

民報の4KBS放送にはこんな問題があったのか。これじゃ高画質放送とは呼べないな
なるほど。
この問題は4K対応TVの問題ではなく放送信号のフォーマットの問題だという記事。NHKのようにすれば問題ないのに、民放はCM等でモード切替が頻繁に起こるのを嫌ってこうなっているのではと指摘されている。
@hosinomita 4K対応テレビが暗い問題がありますしね…技術的にまずいんじゃ(小声)

と思ったら、違う見解ありましたが、結局解決してない
実情はこうであるという記事。分かりやすい(*'▽')
TV局の手抜きって事か。文句が増えないと対応しないのかな
4Kテレビ、国外メーカーのものならそんなに高くないし、今のテレビもう10年になるし、買ってもいいんだけど、なんかいろいろ問題あったり、結局地デジが4Kにならないとあまり見るものないし、そういういろいろでまだ買いのタイミングではないんだよなぁ。
HDR規格に関してはいろいろ誤解が多いから要チェックな記事。ただ、SDRで出さなくても放送局できちんと変換すれば解決する、はず。
テレビ側は問題ないのだな
ん? とりあえず、放送局で、SDRをHDRレベルまでコンバートして流せば良いのでは

SDRの状態なのが駄目なので

もしかしたら、画面か暗いので視聴率が落ちているのかも知れない
PC ディスプレイでも HDR には対応していても HLG に非対応で 4K 放送を表示できないことがあるとか。足を引っ張る放送規格
めっちゃ有益な記事💡(°ω° )そんな仕組み&事情があるとは知らなんだ
そもそもHDR/SDRがなんなのか、それすら知らないと何故暗いのかって言うのはわからないわな…
業界でもまだわかってない人は多いし、エンドユーザーに認知されるのはまだまだ先か…
TVという映像送出メディアのオワコン化を感じる記事
CMの輝度が振り切れちゃうから、4KをHDRで放送してないんじゃないか?
ってw
メディア側が整えて最高の画質にするべきでしょ?
SDR on HLG放送っていまこんな事になっているのか。そもそもテレビメーカーがパネル輝度に合わせて映像をガンガン明るくしていたわけで、今後も受像機が判断して明るくするのが筋?な気もする。
規格の統一もできねえテレビ全体の規格自体がバカじゃねえのかw
本田さんが結構冷静に怒っていて、検索してみたらデタラメな記事が確かにいっぱいあった→
「その原因は、本来は広ダイナミックレンジ(HDR)ではない映像を、HDR映像規格のひとつであるHLG(ハイブリッドログガンマ)に割り付けて放送しているためだ」

これ本当で、正直今の状態だと民放の4K番組を見る気にならない。まぁ実際にほぼNHKの番組しか見てないけど。
4Kチューナー付いてない4Kテレビ持ちのワイ、高みの見物
この辺り、知らない人の方が多いよな。前にもPQとHLGの話をした気がするけど、これは民放の問題なのな
誤解も何も、結局今の4K放送が暗いのは、ユーザー側にはどうにもならん、てことやね。。。>
10bit の信号で、下位の8bitしか使ってない感じ・・・?(違うか
電気屋に4Kテレビを売りつけられた人にとっては、ごちゃごちゃうるさいこと言ってないでとっととちゃんと表示しやがれとしか思わないだろうからな。誰も得しない。-
誤解よ静まれ→
面白い。CM表示にプライオリティがあるからそうなっている可能性あるらしい> -
SDRフラグを立てずにSDR番組をHDR変換して放送してる民放のせいで、4K放送自体の印象が悪化してるやつ。 /
Watch: “4Kテレビが暗い”原因と誤解。消費者守る対策を望む.




眩しすぎると感じていたがなる程
???今一つ説明が腑に落ちない。>
*年前の「アプコンばかりでHD放送が全然ない」みたいな残念なことをやってるのか。しかもわかっていて対策される見込みが当面ないとか。
悪貨が良貨を駆逐する、でつぎに起きるのは、民放4K放送にあわせた設定TVが発売されてそれがデファクトスタンダードになる、かな?
読んでも詳しいことは分からんやったけど、輝度が圧縮されている的な感覚だと思う
『最大輝度(白として表示される部分)が、およそ70%程度の輝度として「放送局側から」送り込まれているからだ 』『実はNHKにはこの問題はなく、民放各社の番組に問題が集中』
これは酷い
よく理解できなかったけど、要は民放が悪いって事か、NHK見てる俺に隙は無かった
>BSの民放はCMがあるからではないか
確かにNHKは一貫してHDRの切り替え出来ますからね。
民放は酷い画質のCMをまだまだ放送しないといけないし。
すごく勉強になった。数ヶ月前に、誤解を与える「暗い理由はテレビの性能の問題」記事を鵜呑みにしてしまった。知らないって、安直に騙されるね。気を付けないと…。
朝日新聞など、具体的にメディア名を書いて欲しいですね、本田さん。
HDRの規格でSDRの映像を配信すると、本来の70%の明るさしか発揮できないんだ。
その辺のズレが「4Kテレビは暗い」という印象を作ってるのだ。
まあ今買っちゃった4Kテレビが悪いわけではなく民放の方針に問題があるということらしいけど、それ以前にいまの4K技術に相応しい内容の番組がどの程度あるのかという問題
正しい知識で批判しようと言う話。
HDR対応のテレビでSDRのコンテンツが「暗く映る」問題は小耳に挟んでいたけれど、こういうことだったのかー。

...責任転嫁ってやつじゃね?
機械側が問題、って騒がれてたけどそんな単純な話では無かった。
発する側のテレビ局の手順が諸々の事情で均一化してないとか酷い話だなぁ。
誤解を解く記事のはずが誤解している人に対して全く読ませる気が無い記事になってるの気付いてるのかな。
要するに消費者が知ったこっちゃない「放送側の勝手な理由」で4K放送が暗いのね…いや、4Kテレビ持って無いんだけどさ
なるほど、民放はCMの都合に合わせて4K画像を送出しているので暗く見えてしまうと。4K見るならNHKかネットで、ということかな。
誤解だろうがなんだろうが、4K普及を急ぐあまり業界の一部団体と総務省がきちんと段階を踏んで、各種課題を払拭してこなかったツケでは?
目先の見込み需要だけを見てたとしか思えない。
あー、記事書いた側がアッパラパーだからあんな記事になってたわけだ……。犯人は民放……。
観測中・・・「本来は広ダイナミックレンジ(HDR)ではない映像を、HDR映像規格のひとつであるHLG(ハイブリッドログガンマ)に割り付けて放送しているため」:『 Watch』
足りないのはテレビの性能ではなく放送局側の視聴者への配慮だったオチ
「4Kテレビが暗いわけ」ですが、これはわかりやすいというか納得の行く説明に思えます。

以前「4Kテレビは暗い。なぜなら今の4Kテレビは輝度が足りない」という別記事を紹介したのですが、こちらは「そうじゃない」という反論とその理由にあたります。
なるほど。こういうことか。
”民放各局は地上波やBSなどに向けて制作しているSDR番組を、HLG規格で4K放送している。規格通りに明るさを割り付ければ、暗くなるのは当たり前。なにしろ「白」を表現する信号が、70%の輝度に抑えられるのだ...
CMの為にSDRの番組もHLGで放送してる、ってのはあり得る話かもしないと思った。頻繁にHLGとSDRが切り替わるのに受像機が耐えらえるかの確認は面倒そうだし。
(BBCは分からないけど)NHKはCMが無いから、そこの検討は忘れてたのかも、、(^^;
店で見る限り綺麗に見えるけどなぁ
>民放各局はSDR番組をHLG規格で4K放送している
ために
>「白」を表現する信号が70%の輝度に抑えられる
と。
TV放送ではHDRですと非HDRな色が送られてくるので、TV側ではどうしようもないと。
ただ、OLEDが暗いのも確かなんだよなぁ‥。
測ると500nit無いのがゴロゴロある。
4K受像機持ってるの確実なんだからCMも規格統一して放出すればいいいのにね -
4Kテレビの性能が足りないとかいい加減な報道が行われていたのか……専門知識がある報道の人の方が少ないだろうしなぁ。
「民放がクソ」の一言に尽きるって話ですな。流してるコンテンツにしたって、ドリフとかわざわざ4kで流すもんでもないだろうに(面白いけどさ)|
技術的な解説はともかく一般消費者が4Kテレビを買うのは危ないな。
オリンピックが終わったころにゆっくり考えよう。
民法が良く言えば手抜きで流してるだけなのか。
朝日新聞のフェイクニュースが発端のあれね。 |
そもそも、4Kチャンネルで、SDRを放送するのが間違ってるでしょ。
デジタル放送での色温度で似たような話が…
HDR放送で黒浮きする原因も解説して下さい。今年リリースの機種なのに、むっちゃ画が見づらい放送ある
「解決策は実にシンプル。詳細は後述するが、放送局がSDRの映像をHLGで放送せず、SDRに切り替えて放送すれば問題は起きない。実はNHKにはこの問題はなく、民放各社の番組に問題が集中している」へぇ>
本田さんが正確な情報を書いてくれたけど、最大の問題は朝日新聞の記者が、技術的な知識が全くないのに「大企業が消費者に4Kテレビという不完全な商品を売りつけている」という創作物語に酔って、朝日新聞や東洋経済の紙面で電機メーカーに冤罪をおっかぶせたままなことだ。
「本来は広ダイナミックレンジ(HDR)ではない映像を、HDR映像規格のひとつであるHLG(ハイブリッドログガンマ)に割り付けて放送しているためだ。」

だよなあ。
こういう記事が読めるのが専門サイトの価値だと思う。


放送はほとんどNHKのドキュメンタリーくらいしか見ないから、この問題に気付いてなかった。
最近話題になっている「4Kテレビが暗い問題」、本田雅一さんが解説を書かれているので共有しておきます(自分が飛び火する前に) →
正しい理解が出来る良記事
民放の多くの番組がSDRなら、当面民放の時は強制的にHDRをオフにする設定を付けて解決ですよ。
「運用でカバー」した結果逆に事故りまくってるという構造の話
なんだ民放だけなのか。今ん所4kネコ歩きしか観てないから全く感じなかった
なるほど、CM起因の内情だと…
以上

記事本文: 【本田雅一のAVTrends】“4Kテレビが暗い”原因と誤解。消費者守る対策を望む - AV Watch