TOP > IT・テクノロジー > ローランド、MIDIを無線化。電子楽器とiPadをBluetooth接続 - AV Watch

ローランド、MIDIを無線化。電子楽器とiPadをBluetooth接続 - AV Watch

45コメント 2020-09-28 12:34  AV Watch

ローランドは、キーボードやシンセサイザーなどの電子楽器を、パソコンやiPad、iPhoneとBluetooth接続して、快適な音楽制作・演奏環境を実現するワイヤレスツールを10月24日より発売する。M...

ツイッターのコメント(45)

便利だろうけどレイテンシが気になる。3ms くらいならライブだったらわからんか。スタジオなら有線だろうしいいのかもね、などと記事を読みながらつらつら/
後で仕様を確認してウチの環境でも使えそうならアリだな。
Winの場合はMidiドングルが必要で、Mac/iOSの場合はBluetoothでOK。複数台のコンピューターとのワイヤレス接続も可。夢が広がる。
---
MIDIって俺が中学生の頃からあるぞ。ひょっとしてパソコンの通信規格の中で一番寿命が長いんじゃないの。
なぜか、WM-1のほうに記載されてて、WM-1Dのほうになかったんだけど、
>*Lightning端子搭載のiOSデバイスとのUSB接続には、Apple純正 Lightning - USBカメラ・アダプターが必要です。
ワイヤレスMIDIってすごいワードな気が。
これあればEWI4000sとPCの接続も手軽に出来るんじゃないか😮
ついに!嬉しさ!!
これは…いろいろ夢が広がる予感。遅延はどんなもんだろう
これキター👍配線によるレイアウトも自由になる🤩
ヤマハは結構前から無線ですね。弊社も4年前に導入してます。
キテるな未来
「MIDIアダプター「WM-1」と、ワイヤレスMIDIドングル「WM-1D」の2製品を用意。価格はオープンプライスで、WM-1が8,000円前後、WM-1Dが9,000円前後。」

|
おっBluetoothのMIDIキーボード?
mi.1 Cableとの比較はよ
ヤマハのは電源無しでBluetoothのみだったけど、ローランドのは電源有りでBluetoothに加えて同じ機種同士の通信もできるのか。
ついに出たかって感じ。
遅延ありそう > Bluetoothを使った独自の新しい通信方式を採用 <
まじで!?
トランシーバ/レシーバじゃないのかな。MIDIトン子ローラーから昔のMIDI音源に信号投げたい。
quicco soundのと比べてUSB-Aが使えるのが利点なくらいか。 -
お、これは
なるほど :
『さらに高速のMIDI通信(転送速度3ミリ秒)が可能な「ファストモード」も搭載する。』

3ミリ秒はすごいな。実用に耐えうるというレベルを飛び越えている。
一瞬ホストの方のローランドかと思って色々できる人なんだなーって感心しかけた。
ワイヤレスMIDI…価格が落ちてくるまで無事に普及してくれたらな〜🤔
YAMAHAとかが似たの出してるけどRolandも出すんだ
遅延が気になるが、「Bluetoothを使った独自の新しい通信方式を採用することで、これまでにない高速のワイヤレスMIDI通信を実現」てことでどうなんですかねぇ /
これがあれば、昔の電池駆動ショルキーSHS-200を持ってステージで踊れるんじゃないか?
楽器から遠ざかる頃にトランスミッターとか見かけてたけど使ったことなくステージ上はケーブルやらモニターアンプでごった返してた世代としては電波障害で「シーケンサーさんコネー」とか危惧してしまうw
おー、ついに。
寝起きにつき詳細は読み込んでいないが、面白い物が出たのでは?
!!
拙者のピアノもできるようになるかの〜
MIDIまで無線化される時代なのねー。
ローランド、MIDIを無線化。電子楽器とiPadをBluetooth接続...
遅延どうなの……と思ったけど、これまでにない高速のMIDI通信って謡われてるから信頼してよさそう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR