TOP > IT・テクノロジー > finalから「約1万円とは思えない音」を目指すプロトタイプ2機種 - AV Watch

finalから「約1万円とは思えない音」を目指すプロトタイプ2機種 - AV Watch

11コメント 登録日時:2020-02-10 00:06 | AV Watchキャッシュ

東京・中野にあるAV機器の専門店フジヤエービックが主催する「ポータブルオーディオ研究会(ポタ研) 2020冬」が、2月8日に中野サンプラザで開催された。各社が新製品や開発途中の試作機などを出展するイベント。ここではfinalやミックスウェーブのブースをレポートする。...

ツイッターのコメント(11)

これ待ってみようかな、🧐
@final_staff @koiwai_kotori E500はエントリー向けとしてはこれ以上ないものかも知れませんが、昨日ポタフェスに登場したらしい予価一万円程度で「価格からは想像できないクオリティのサウンド」になるらしい新作も気になりますね。😆
楽しみ!!
これ気になるなぁ
これいいな
BAは試したし丁度いいや
シュア掛け式だといいなぁ
行きたかった…
100円ショップの音がする?
ヤバい、1万円程度とかめっちゃ気になるやんけ。【 - AV Watch 】
finalのプロトタイプが製品化して、その音がストライクゾーンに入ってたら何も考えずに買うかもしれんな
以上

記事本文: finalから「約1万円とは思えない音」を目指すプロトタイプ2機種 - AV Watch

いま話題の記事