TOP > IT・テクノロジー > AV Watch > ソニー、最速0....

ソニー、最速0.02秒AF、動物瞳AFにも対応予定のAPS-Cミラーレス「α6400」 - AV Watch

19コメント 登録日時:2019-01-16 14:26 | AV Watchキャッシュ

ソニーは、APS-Cサイズのセンサーを搭載したミラーレスデジタル一眼カメラの新モデル「α6400」を2月22日に発売する。425個の位相差AFポイントを、センサーの撮像面ほぼ全域に配置。APS-Cで世界最速という0.02秒のAFや、AF/AE追従で最大秒間11コマの連写も可能。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は11万円前後。16-50mm F3.5-5.6のパワー...

Twitterのコメント(19)

もう当分カメラは買わない!と宣言した矢先にソニーから新商品。APS-C、4K動画(30分制限なし)、log/HDR記録、Wi-Fi、外部給電。熱停止せずに4Kで3時間撮れるなら欲しい…。
チルトしてアイカップに当たってるの間抜けだな
ボディ内手ぶれ補正は予算上ケチったか?
いよいよ動物対応の瞳オートフォーカスを搭載した機種が出てきましたよー。
単純にα6300以上α6500未満というわけでもなくて、AF速度やISO感度といった性能は上がってるのね。 -
動物瞳AFにも対応予定!!
先週買ったのが、クソ安&キャッシュバックありの6300でまだよかった、当初予定の6500買ってたら悔しさのあまり放り投げること間違いなしだった
16-50mm F3.5-5.6と
55-210mm F4.5-6.3のダブルズームレンズキットが14万円前後

。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。

うーん、210mmじゃ動物園用としては足りないよなぁ。
(元々所有してたのが(換算)300mmでも場面によっては足りなかった)

ペット撮影には絶対いいと思う!
動物瞳AFが鳥に対応するのか気になる!🐥 /
ソニーがα6400発表
ソニー、最速0.02秒AF、一部の動物の瞳AFにも対応予定のAPS-Cミラーレス「α6400」 -
昆虫はどうなんだろうか?
α6400
結構、厚いな・・・

電池はFW50なのかな?
多少暗くてもAFが速くて、キャッシュバックキャンペーンの対象になって、値段が安くなれば欲しい(←たぶん無いなw)
HDRは静止画規格が全然出て来ない。/


HLG方式の4K HDR撮影にもα6000シリーズとして初めて対応。
S-Log3、S-Log2ガンマの採用で、白とび、黒つぶれを抑え、広いダイナミックレンジ(1300%)で撮影可能。
自分とペットを瞳AFモードで自撮りとか特定層に爆売れしそう。>
日本も発表されましたね。自撮り4K対応で、まさにVlog向けですね。私にとっては、ちょっと値段が高いなぁ。まぁ、この機能で11万〜なら格安なのかもしれないけど…
( Watch)ソニー、最速0.02秒AF、動物瞳AFにも対応予定のAPS-Cミラーレス「α6400」
これは欲しいけど・・・被写体が無い。
(;^3^)<イタチの瞳にも対応してくれたら乗り換え…を検討しかねないけどAFが追いつかなさそうだし無理かなw
α6400なんなの、凄いの、、乗り換えようかな……
以上

記事本文: ソニー、最速0.02秒AF、動物瞳AFにも対応予定のAPS-Cミラーレス「α6400」 - AV Watch

関連記事