『FF14』サウンドディレクター祖堅正慶氏がガンの罹患と寛解を報告。ハッシュタグやボス退治、さまざまな手段で世界のファンがメッセージを届ける | AUTOMATON

14コメント 2021-05-17 15:27 AUTOMATON

『ファイナルファンタジーXIV』のデジタルイベント「デジタルファンフェスティバル 2021」が閉幕した。エンディングにて、サウンドディレクターの祖堅正慶氏は自身がガンを患っていたことを公表し、昨年3月...

ツイッターのコメント(14)

時期的にCOVID-19パンデミで本邦の医療方面が完全に動きが取れなくなって行った時期にガン治療とは災難だったろうが、寛解されてよかった。
寛解したんだねー!良かった…!
一部ニュアンスは違うけど、アチーブのところがエモすぎる。
こんな素晴らしい人が作っているゲームはやらないとだな。再開しよっと。
ゲームって素晴らしい。
「 」にて、
一旦の闘いを終えた祖堅さんへ
世界中の光の戦士がエールを送った日曜日でした。
祖堅さん、本当によかったなぁ(しみじみ)。
海外のこういうノリは好き
東ラノシアのFATE「キャンサー」(Cancer)
英語アチーブメント名が日本語で「完全寛解」(Full Remission)

Cancerが癌とかかってるんですね
あのfateの海外名そんな意味があったのか……
>このF.A.T.E.を討伐すると獲得できる英語のアチーブメント名は「Full Remission」で、日本語では「完全寛解」を意味する。
あー今見ても涙が…
これでもゲームという1つの文化を悪とか言ってるおじさんおばちゃんは見て欲しい記事です。
ゲームは希望になる!!!
以上
 
PR
PR