TOP > エンタメ > ポータブル・ゲーミングPC「GPD WIN MAX」製品イメージ画像公開。筐体を大型化し、前モデルより2~3倍の性能に | AUTOMATON

ポータブル・ゲーミングPC「GPD WIN MAX」製品イメージ画像公開。筐体を大型化し、前モデルより2~3倍の性能に | AUTOMATON

17コメント 2020-02-26 18:52  AUTOMATON

中国・深センに拠点を置くShenzhen GPD Technologyは2月24日、ポータブル・ゲーミングPC「GPD WIN MAX」の製品イメージを公開した。スペックについても徐々に明らかになって...

ツイッターのコメント(17)

でかそうだな
よさげ。
ポータブル機も性能上がってきたな
こちらのサイトで
MAXが5月~6月ぐらいに
クラウドファンディングする予定みたいに
書かれてますが
コロナの件がありますからね・・・・・・・・

むーん。
WIN MAX欲しい~~~~~~~~~~~~~。
ポータブルゲーミングPCだって…(´°Д°`)
全国のヒカセン達よ、これでいつでもインできるぞ^ - ^
GPD WIN 3の場繋ぎ製品だから大きいのね。中途半端に大きいのは微妙だな~
@honjo_KEEL これいこうよ!オールインワンだよ!!
miix28と同じサイズ感でF1-12キー独立。
Thunderbolt 3端子はeGPUをサポート
L3R3はスティック押し込みに変更かな?
これめっちゃいい!(ΦωΦ)
@AUTOMATONJapan

「GPD WIN 2の後継機となるGPD 3については2021年の発売が計画されており、GPD WIN MAXはその間を繋ぐ存在とも言える」

3を待つかな。
エミュやったり同人ゲーやったり持ち運びwin環境欲しいから気になる
柔軟な発想で製品を作る。
この姿勢がある中国とは、既にかなりの差があると言える。
ほしいけどウン十万するんやろな…
見た目がGPD WIN2みたいな感じじゃなくなってとてもいい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR