無断でダウンロードしたデータでもAI開発に使える? 改正著作権法を弁護士が解説:“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる(1)(1/2 ページ) - @IT

71コメント 2022-08-03 19:00|@IT

ツイッターのコメント(71)

よくAIは合法!論で持ち出される著作権法第30条の4ですが、条件付です。なんでもOKじゃないです。
でも条件中の「著権者の利益を不当に害する」は実際に判例が出るまで具体例がわからないし、更にサーバー所在地の問題もあります。
これについても柿沼先生が解説されてます
Web上からクロールした画像を元に学習させたAIモデル、著作権法的には問題なしになったと思っていたが、「利用規約的に違反している場合がある」のね。
例えば、支援者だけ閲覧可にしているPixiv FANBOXの絵がDanbooru上にあり、それを学習させたら……
柿沼氏が重要視する「著作権法第三十条の四」。この条文により「情報解析」を目的とする場合は、著作権者の利益を不当に害しない場合において、方法を問わず、著作物を利用できる。

情報解析を目的としないAIイラストは著作権がNGじゃね?知らんけど。
学習元に対して著作権は行使できるけど、
学習結果にたいして著作権が発生するかは怪しいし、
AI系技術は海外の物なので国内法ではそもそも対処できない問題。

国内に処理鯖置いてサービス提供する分には対処できるっぽい
まぁNovelAIのは無断転載のサイトだからアウトな気がするけど

参考
3年前の記事だけど、最近のAIイラストメーカー近辺で問題になってる事の解説
今一度、AI学習と著作権法をおさらいしておきたい(2019年の記事)
すげー微妙なところだなこれ。
著作権は調べてみましたが、難しい。
まぁ問題ないんですかね。

AWS海外サーバーだと日本の法律が適応されないとか、なんかもうわけわからん。
mimicさんの話題で著作権法の三十条の4をよく見るけど、コレ見た感じイラストをAIに学習させられるのは個人利用まででは…?

著作権を無視できたとしても、他の規約に絡むようなイラストとか漫画のデータが使えるようには読み取れなかったけど…🤔
うーん、この記事の柿沼弁護士の見解だと、「当該著作物の種類及び用途に当該利用の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合」は著作権侵害に当たると考えれるようで
ここには「学習データとそれから作られたデータは無関係じゃないので著作権侵害になる可能性がある(意訳)」

「ただし、ここはさまざまな考え方があり得るところなので、確たる結論は出せない」
ともあるけど。
miの字AIに関する諸議論の前提として、こういう認識は持っておく必要がありますね。
やっぱりAIが生成した画像には著作権が発生しない可能性が高いのか。
著作権でイラストを学習データにするの防ぐ根拠はなさそうな気が
先述の通り、AIモデルを開発するために、インターネットなどを通じてデータをダウンロードしたり、加工したりすることは著作権法三十条の四が適用され、「私的利用目的の複製」や「引用」と同様に、原則として問題なく行える。
AI開発目的の学習に著作物を使うのは合法。一方で出力については、既存の著作物と偶然類似性があった場合、著作権侵害の要件を満たす…かも?というハッキリしない話

 改正著作権法を弁護士が解説(2/2 ページ) -
ミミックとかいうAIへの答えの1つだね

>>利用したデータ著作物(入力データ)と全く無関係に出力された訳ではなく、入力データにアクセスしていることは間違いないため、著作権侵害に関する要件の一つである『依拠性』があると判断され、著作権侵害になる可能性がある。
例のAIに関連する記事。
法的な事象と感情的な事象をちゃんとわけないとどちらも不幸になる気がする。
なるほど。これで使える様になっているのか。絵の様な完全な創作物について「ただし、〜著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。」が適用されるかどうかだろうな。
AI学習に勝手に他人の絵を使うのは合法!と言ってる人は一旦落ち着いてちゃんと調べてくれ
ふむふむ
常識の範囲内では問題なし
営利目的になるとサンプルの権利次第でグレーかな
AIを含んだシステムの管理責任が日本国内の企業等にある場合、トラブルが生じた際には改正著作権法で裁けるようにしとけっての

無断でダウンロードしたデータでもAI開発に使える?
絵師さんの絵柄を学習するAIを受けて「AI学習を認めません」と表明してる絵師さんを結構見るのですが、法律的には著作権で保護される範囲ではなかったりするのですな
このへんの話っぽいような気もしたけど
なーんかちょっと違う話のような気もする🤔


 改正著作権法
たぶんAIと著作権法の関係ではこの弁護士さんの記事がよくまとまってる気がするのね
アップしたイラストが明確に学習データにされてしまうのも忌避感の理由の1つなのかな?

ただ、ネットから無断でダウンロードしたデータでAIを学習させても著作権法違反にはならないそうだから、画像をネットにアップした時点でAI学習に使われる可能性はあるんだよね。
ちょっとだけ調べてみたけど著作権上だとAIの基礎データに使う画像には著作権には引っかからないのか・・・勝手に使われた側は訴えるのも大変そうやな
改正著作権法を弁護士が解説:“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる(1)(2/2 ページ) - @IT ほぇーって納得した
イラストのみならずAIの学習目的での著作物の利用については複雑だし判例も少ないはずで、素人が簡単に判断できる問題じゃない
AI開発絡みの著作権についての記事は調べれば割と出てくるので、SNSの書き込みにある雑多な情報を鵜呑みにする前にまず色々調べよう

解説記事例:
せめてこれぐらい読んでから呟いても罰は当たらんのでないか
絵柄学習AIの話だけど確か日本の場合法改正でAI開発側に有利になってなかった?と探したら出てきた
本来の著作権者の権利を侵害しない限りはOKだけれど学習元の規約次第では変わってくるし絵柄が似ること自体が侵害になる可能性も無くなはい(けど不明瞭)ということかしら
まあこういう話もあるし、完全に合法だから安全とは言えないんやろな、みたいには見てる。(適法って話にしたって)使用データに含まれるなら、依拠性とかも認められかねんわけで。
『学習済みパラメーターが組み込まれた推論プログラム』学習データを提供した者ではなく、AIモデルを開発した者がAIモデルに関する各種知的財産権を持つことになると思われるってどうなの…
機械学習は基本OKらしい、法的には本人がダメって言っても?
3年前の記事を読んでる
学習に使用することは禁止できない(=モデルの制作まではOK)が、それを公開・利用する場合は権利者の許可がなければNGの可能性があるって認識であってるかな、これ。
著作権者の利益を不当に害しなければ無断でAI学習利用OKということですね
ちょっと調べてたんだけど、AI学習は学習を目的とした場合には他人の著作物も使えるけど、それを配布したり著作権者の利益を害したらダメだし、どこの国にサーバーがあるかによっても法の適応が変わるみたいだから、勝手に学習した物を公開するサービスって基本アウトじゃね?
改正著作権法のおかげでAIの学習データに著作物を無断で使用できるわけではあるけれど、これはあくまで「私的使用のための複製」「著作権の引用」の延長線であって、“著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。”らしい。
AI学習禁止ってできなくない?
出力データが入力データと似ちゃった場合はまだ煮詰まってない感じなのが不安といったところなんですね(著作権法改正された話勉強になりました)
改正著作権法って意外とAI分野のカバーしてたんやな
改正著作権法が出た時点でAI学習に関する議論は一応本邦では終わってるね
「著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。」

「AI学習用途の利用は可能」に対する但し書きの一文
どこまでを不当な利益侵害とするかはボーダーが定まっていないので今後の裁判次第かな・・・
著作権法三十条の四が定める「当該著作物の種類及び用途に当該利用の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合」には、それらのデータを無断で利用したり、販売したりすることは著作権侵害に当たることを指摘した。
件のサービスは“情報解析”にあたるんだろうか…
AI(deep learning)の学習で使うデータや、モデルが生成した結果の著作権に関わる議論(あくまで日本の著作権法では、の話。例えば、学習モデル作成が米国設置のサーバ上だったら米国法が適用される可能性あり):
ちょっと嫌な現実かもしれませんが、拾いもので学習データを作る話は去年や今年の話ではなく、仮に例のサービスを力づくで潰したとしても解決しません。これを認めない例外を作るには、複数の国会議員が動くようなレベルの話になると思います。
絵描いて作品発表してるだけで無断で金稼ぎに使われたりするのたまったもんではないな
こちらの記事によれば、多分「自分の絵はAIによる機械学習はダメと明記」すれば、勝手に学習させるのは防げると思う。問題はそのルールを破って学習させたAIモデルを見破るのはかなり難しいってことかも。そこらへんこれから判例とか作られそう。
昔きりたんの開発記事読んだ時にも書いてたけど情報解析に使うのは一応いいのか…?イラストの場合はよく分かんないね🐩🐩
AIの学習用データとして利用する著作物の著作権の取り扱い、いろいろ条件はあるけど、思ってたより緩そう
イラストやさんの機械学習が云々の奴このページの下のやつ読めばダメそうってわかる
ただ改正著作権法だと『AI学習のための利用』は私的複製と同等に扱われるようになってるんだよなー。なので著作権者が『学習のための利用を禁じる』という制限を加えることが適正かどうか。ただし学習した結果生み出された生成物は当然学習した絵に似るはず。
> 「情報解析」を目的とする場合は、著作権者の利益を不当に害しない場合において、方法を問わず、著作物を利用できる(著作権法第三十条の四第二号)

当人が禁止した事で「著作権者の利益を不当に害しない」に該当するかどうかだなあ
おっ、でも「当該著作物の種類及び用途に当該利用の態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合」は著作権侵害になるという意見が。今回のサービスはこれにあたるかもね
この辺参考になるかな
著作権的には機械学習しやすかったよなーっていうのから調べたらみつけたった
弁護士さんの解説
2019年の改正著作権法では、著作権ある著作物を「機械学習の教師データとして使ってOK」となってたらしい。法律で認められてるの知らなかった(泣。
AIの学習用データセットの公衆送信は著作権法で明記されてるので合法だった気がするなあと思ってたらちゃんとスレッドで言及されてて健全な議論があってよろしいですね。

データセットが一番重要みたいなのはずっと前から言われてる気がする(だからGoogleつよい)
確か著作権法上では、AIの学習に限ってのデータ使用は許されてたんじゃなかったかな……(現状での話)
私的利用とかと同列に語られてたはず……と思って検索したらあった
そういや著作権の改正があったんだったねえ
例の機械学習のデータアセットの法律上のお話、結局ツィート見つけられなかったけど、このことですね。国内法。
Midjourneyがどこの国の法律が適用されるかという根本的な問題はさておいて、日本で運用した場合、著作物を学習データとして利用することは問題とならないが、作成物の販売等で学習データの著作権者の利益を害する可能性がある場合、著作権侵害の可能性があるというところか?
AIに喰わせる画像データについて。
どうやら2019年の改正著作権法で、学習の為のデータ収集はOKとなったようだ。またデータセットとして販売することも可能とのこと🤔
自動生成画像が特定の著作物に類似した場合は著作権侵害の可能性もあるとのこと。微妙😁
ちょっと古いけど
以上
 
PR
PR