TOP > IT・テクノロジー > ASCII.jp:デスクトップ向けIce Lakeの出荷は絶望的 インテル CPUロードマップ (1/4)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情

ASCII.jp:デスクトップ向けIce Lakeの出荷は絶望的 インテル CPUロードマップ (1/4)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情

74コメント 登録日時:2019-06-10 12:09 | ASCII.jpキャッシュ

先週に続き、COMPUTEXで判明した話ということで、今週はインテルである。この記事はIce Lakeと10nmに話を絞り「インテルが語らなかったこと」を紹介したい。 (1/4)...

ツイッターのコメント(74)

@revolversix yes!!
少し前の噂ですがどうぞ
4ページの下の方に書いて有ります。
Intelの新しいCPUのIce Lakeの詳細
@mapi
いいタイトルだね
@napoan デスクトップ向けのIce Lakeは絶望的らしいけど
>2019年末にはデスクトップ向けにも10nmプロセス製品が来るだろうという予想は完全に外れたことになる。おそらく2020年までデスクトップ向けのメジャーアップデートはない

Intel 終わってる。。。
デスクトップは2~3年くらいAMDにシェアを食い荒らされそう。
ゴミクソすぎて笑った
Zen2にするわ
Intelデスクトップ向けCUPは、2021年まで14nmプロセス続行確定なのか。
向こう2年ほど「ゲーミングにIntel CPUを選ぶ=何も調べていない情弱」呼ばわりも致し方ない構え
脆弱性が尾を引いてる、当分はお通夜状態かね。来月はAMDの新型が出るし乗り換えもありか。
思ってたよりさらに悪い
今年はPC一新しようと思っていたのですが……
あ、ガチなやつだ、インテルはCPUの分野ではもう十年は勝負にならないことが決まってしまった
先日出回った「Intelデスクトップ向け10nmCPUは2021年後半以降」と言う怪情報に対し、大原氏の「投資家向けの発表がひっくり返るのでさすがにフェイクだろう」と言う意見をワタクシも支持していたのだが、どうやらこの話は本当らしいと言う事に。つづく
一方Intelの第10世代はMobileのみという
流石に気の毒すぎる
アスキーは誤報と見当違い推測が多いんで眉唾だが
デスクトップ版が苦戦してるのは間違いないだろうなぁ
インテルのデスクトップCPUはi9-9900Kとi7-9700Kで2020年まで戦わないといけないのか。これは厳しい /
あー・・・こりゃ3年くらいはIntelダメかも。これじゃあAMDになびくわ。
あぁ、予想はしてたけど、Sプロセッサは通期で駄目か…
Intel終わったわ
そろそろ新PC組まないとと思ってたけどAMDで考えるかー
こんなのだったらなおさらRyzen 2でいいじゃんってなる。それか現行のCoffee Lake Refreshか。 /
Thunderbolt3のコントローラCPUに内蔵されるのか、やばいなw
え、モバイル向けはメモリ帯域で差つけてたん.....次でRyzenが同じ規格またはそれ以上のメモリ採用したらボロ負けするやん
残念だけど2019年は買い換えられません
ここの最後の方に書いてある
「リークのロードマップでは次のintelCPUはHTが無く、10C10Tと見られる」って色々とやばいのでは

本当にHT無しで来たらHT脆弱性を解決できない宣言そのものだろこれ
@slord399 @CKKCOBALT 20年お金でごり押ししてきたツケが回ってきた訳でインガオホー・・・

更に次のデスクトップ向けロードマップでは14nmで10コアでHT無効、10C10Tになるらしい(脆弱性解決失敗の可能性が高い)

ソースはこれ
年末辺りで出て来そうだった第10世代は結構遅れそうな気配。
第9世代でPC組んだばかりなので現行CPUが生き延びるのは嬉しいけど、なんだか残念。
@cecry 真面目に 14nm を 2021 年まで引っ張るみたいでもうダメそう
Intel急に不調だな‥今までギリギリでやっていて、ついに無理が来たのか、脆弱性対策に足引っ張られてなのか‥。
Intelは数年はダメだな。。。
モバイル向けも、出荷量は少ないだろうと書いてある。インテルの10nmプロセス製品はようやく製品化するものの、あまり上手く行っていないみたい。AMDのチャンスが続くか?
"2020年第2四半期からComet Lakeが投入される…10nmプロセスの製品の予定だったはずだが、これが14nmになり、しかも前倒し投入"
"ハイパースレッディングが無効化…現在のハイパースレッディングにはさまざまな脆弱性が内包されており、後付けで対策を施すのが難しい"
-DIY
Intel大丈夫じゃないな…これ
ハードルを下げてもなお 10nm は鬼門なのか
今年〜来年のIntelはAMDの色んな恨みが篭った重いパンチのサンドバッグにされそうな.../
「2020年第2四半期からComet Lake(中略)ハイパースレッディングが無効化される。これは現在のハイパースレッディングにはさまざまな脆弱性が内包されており、後付けで対策を施すのが難しいかららしい」
ばんざーいばんざーい()
ノート向けに専念するのは戦略的には正しい。
まじでIntel終わってて草
どんどんRyzenへの買い替え機運が高まっていく……
これが本当ならいよいよAMDの天下だなぁ
一気に弱体化しとるな…。コレはPentium4後期のインテルダメよダメダメ時代の再来か。
これがマジなら本当にintel暗黒期突入じゃん
HTTを切ったってのもデカいし脆弱性まみれ!
性能やセキュリティが欲しいならAMDにしような!
インテル帝国よ、やはりデスクトップ版Iceは出ないと思っていいんだな?w
Intel想像以上にヤバいな。
え~、リプレース予定だったのにぃ
やり直しの割りにIntel10nは芳しくない模様
2020年秋まで自作PCはお預けか?
ちょっと前に掲載された、フェイクと思われていたロードマップがマジだった可能性高まる。デスクトップ向けは2020年も14nmか?

ASCII_jp: (1/4)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情
Intelは絶対防衛権を
ノートPC市場・サーバー市場に定めたようだ
ただの爆死やん…
ヤバそう。デスクトップはAMDにしよう。
読んでる >
メモリ帯域だけでぶっ叩いてる疑いがあるわけか

しかし、今年一杯新アーキが出ないんじゃ、デスクトップからintel駆逐されるかもなぁ
まさか、以前にあった2022年まで10nmはデスクトップに降りてこないというリーク情報がマジだったとは‥。
今更14nmのライン増設はつらいだろう思ってたら、本当にガリガリ使うオチだった‥
TSMCの7nm(≒Intelの10nm)を使えるAMD(デスクトップで)大勝利なのかもしれない。
は?Intelまじ……?
まーただいぶryzenに流れるなあ。
デスクトップ向けはもちろん8750H置き換えも未発表なので地獄
Intelは来年までは厳しい状況が続くみたいよ… -
ワオ!!…Intel…これはマズい。
IPCが18%上昇してもクロックが12%下がるんじゃ出せたとしてもRyzen3000シリーズに全く勝てないじゃないか…😱
Intel…潰れないでくれよ(まあ、大丈夫だろうけど)
最終ページのリークがモノホンだとするとエラい事になるなぁ。やはり10ナノを捨てる可能性が大きいか。/HTを無効化する判断は2年遅い。 /
うへぇ、Intel大変すぎるぞ、これ >
ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 ― 第514回



新しいコアは周波数が上げられてないのではないか疑惑。
もうぶっちゃけインテルCPUのロードマップとかコードネームとか訳がわからなくなってる・・・
インテルの14nmなるほどー
と言う記事だった
お、AMD時代ほんとに来ちゃうのか?
"ハイパースレッディングが無効化される。これは現在のハイパースレッディングにはさまざまな脆弱性が内包されており、後付けで対策を施すのが難しいかららしい。"
大変そうだなぁ /
以上

記事本文: ASCII.jp:デスクトップ向けIce Lakeの出荷は絶望的 インテル CPUロードマップ (1/4)|ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情

いま話題の記事