ASCII.jp:Ruby作者まつもとゆきひろ氏2万字インタビュー (1/5)|スペシャルトーク@プログラミング+

16コメント 登録日時:2016-09-12 14:37 | ASCII.jpキャッシュ

Rubyの作者まつもとゆきひろ氏は、興味のある領域は、科学とかサイエンスとかテクノロジーとかなので理系。ところが得意な科目は、国語とか英語とか社会なんで成績的には文系だった。そんなまつもとゆきひろ氏のコンピューター教育への意見とは? (1/5)...

Twitterのコメント(16)

"高校生のとき“僕の考えた最強の言語”をノートに書いていた"
注釈がなくても理解できる 同世代www
前編 / “ASCII.jp: (1/5)|プログラマーズトーク”
Rubyはプログラミングしていて楽しいとか、ラクだとか、めっちゃ真に受けてたけど(だってその通りだから)、根源はmatzの自己満なのかw その結果、信念失わないから魅力的になるのは製品とか会社とかにもありそうな話
後で読む!---
Rubyちょっと勉強したなー。
そういえば、Klassic開発し始めたときにご本人から名前と音の類似(KlassicとClassic)についてツッコミが飛んできたけどそういう話だったのか…。
プログラマの数だけ言語がある(いいすぎ / “ASCII.jp: (1/5)|プログラマーズトーク”
小中高と大学時代の話が、それぞれ面白い。ここまで掘り下げたインタビューは、読んだことがなかった。作ってきた言語の一覧表もいいですな◆ASCII.jp: (1/5)|プログラマーズトーク
「僕の考えた最強の言語」ノートが黒歴史にならなかった事例 -
「雑誌に16進ダンプでLispがのっていたことがあって動かしてみたことがありました」
おや、同じ雑誌を読んだようだw
興味深いお話です。
公開された。link: ASCII.jp: (1/5)|プログラマーズトーク:
ASCII.jp:Ruby作者まつもとゆきひろ氏2万字インタビュー (1/5)|プログラマーズトーク
以上

記事本文: ASCII.jp:Ruby作者まつもとゆきひろ氏2万字インタビュー (1/5)|スペシャルトーク@プログラミング+